ブッシュ元大統領(パパブッシュ)ブロッコリー嫌いの逸話とは?【動画】

2018年12月1日にアメリカの第41代大統領 ジョージ・H・W・ブッシュ(パパブッシュ・父ブッシュ)が亡くなったと報道され「ブロッコリー嫌い」の逸話が話題になっています。ブロッコリー嫌いの逸話について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

ブッシュ元大統領(パパブッシュ)ブロッコリー嫌いの逸話とは?

「ブロッコリー  ブッシュ」の画像検索結果

ブロッコリー嫌いを公言したパパブッシュが、ブロッコリー農家から逆襲を受けるというおもしろショッキングなニュースは当時、全世界で話題となったようです。

大のブロッコリー嫌いで知られており、大統領専用機の機内食のメニューからブロッコリーを削除した。

また、「ブロッコリーは嫌い。二度と食べない。ポーランド市民がソ連と闘ったように私もブロッコリーと闘う」と発言したことに怒ったブロッコリー農家から、トラックで大量のブロッコリーを送りつけられたことがある。

パパブッシュが大統領に就任したのは、1989年1月ですから、就任してから間もない頃の逸話のようですね。

大のブロッコリー嫌いを公言した動画がこちら!(1990年)

日本語訳

私はブロッコローが大嫌いです。

子どもの頃から嫌いだったが、母親に食べさせられていた。

私はアメリカの大統領になったのだから、もうブロッコリーを食べるつもりはありません!

 

スポンサーリンク

まとめ

ブロッコリーはアメリカでは嫌われる野菜の代表格だそうです!

日本では子供が嫌いな野菜といえば、「ピーマン」のイメージですが、アメリカでは少し違うようですね。

ホウレンソウを嫌いな子供に向けられた、ホウレンソウで強くなる「ポパイ」というアニメも有名ですね。

とにもかくにも、パパブッシュの愛称で親しまれた偉大なジョージブッシュ元大統領のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください