【2018年M-1】霜降り明星の優勝理由はなぜ?面白くない?感想まとめ

2018年12月2日放送「M-1グランプリ」で(霜降り明星)が最年少優勝しましたが、優勝理由に注目が集まっています。視聴者の優勝ネタについての感想をまとめていきます。

また、筆者なりに「優勝理由」を考えてみました。

スポンサーリンク

【2018年M-1王者】優勝理由はなぜ?面白くないの声も。ネタ感想まとめ

「霜降り明星」のネタは勢いがあって面白かったとの声が多かったです。

「霜降り明星」優勝で納得の声も多い一方で、納得いかんとの声も多く賛否がありますね。

どちらもご紹介していきます。

優勝納得の声

・ツッコミの切れがすごい!

・勢いが凄い!

・和牛はひねりすぎた

優勝に疑問の声「面白くない」

・和牛のほうが面白かった

・霜降り笑えなかった

・霜降りが優勝って、漫才の定義ってなんでしょうか

・漫才ってよりコントじゃない?

スポンサーリンク

【2018年M-1】霜降り明星の優勝理由はなぜ?「テーマ」が良かった!?

優勝したネタをもう一度、ご覧になってみてください!

誰でもどこかで必ず笑ってしまうポイントがあったのではないでしょうか?

「小さい頃」をテーマにはじまり、「小学校ネタ」に移行していきました。

誰でも経験したことがある、「小学校」というありきたりなシーン設定が視聴者の想像を掻き立て「笑い」を誘う漫才になったと思います。

和牛の漫才テーマは「おれおれ詐欺」、ジャルジャルのテーマは「ジャルジャルです。で目立ちたがる」って考えると、

「霜降り明星」の選んだ設定は一番理解しやすかったかもしれませんね。

でも、今回のM-1で審査基準がよくわからない場面もありましたよね。

参考:【M-1グランプリ2018】立川志らくが嫌い!審査基準とコメントが意味不明!

まとめ

2018年M-1グランプリの優勝コンビは「霜降り明星」でしたが、個人的には予想外の結果でした。

決勝進出した今年最後の「ジャルジャル」、連続決勝敗退の「和牛」のネタが大好きなので、どちらかに優勝してほしかったです。

特に、和牛のネタの完成度は高かったと思うのですが、ハードルが上がっていて、初出場の「霜降り明星」の新鮮さが評価されてしまったのかな~と感じました。

優勝した「霜降り明星」には感動のサクセスストーリーがあるので、ぜひ一緒に御覧ください。

参考:【霜降り明星のせいや】ハゲるほどのいじめ克服に感動?美化しすぎとの声も

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください