【2018年M-1】上沼恵美子の審査が老害ぶりが嫌い!ミキへのエコひいきがひどい

2018年12月2日放送の「M-1グランプリ」に審査員として出演している上沼恵美子さんの審査が「もはや老害」と話題になっています。

今回は、上沼恵美子さんのバッシングをうけている理由と、世間の反応をご紹介します。

どうやら立川志らくさんの審査基準もめちゃくちゃとの声があるようです。

参考:【M-1グランプリ2018】立川志らくが嫌い!審査基準とコメントが意味不明!

【2018年M-1】上沼恵美子の審査が老害!の理由とは?

上沼恵美子さんが「老害」と言われてしまうダメ審査とはどのようなものなのでしょうか?

1,コメントが支離滅裂で、点数の付け方が「エコひいき」

お笑いコンビ「ギャロップ」のネタに「90」点をつけた理由では、

自虐ネタはダメ

とコメントしていたにもかかわらず、

お笑いコンビ「ミキ」のネタに、「93」点をつけた上で、

ファンです。ミキの自虐ネタはいい

とコメントし、もう好き嫌いで点数つけてるやん。と視聴者からツッコミがはいるほどです。

2,好き嫌いで決めてる

ジャルジャルのネタに上沼恵美子さん以外の審査員が「90点」以上の採点をつける中、上沼さんは「88」点。

低すぎる点数ではないですが、点数をつけた理由についてコメントがひどかったんです。

このネタは嫌い。

好き嫌いで視聴者代表して、得点つけんといて~~~。と言いたくなりました。

スポンサーリンク

まとめ

上沼恵美子さんのエコ贔屓(ひいき)審査には、視聴者ももううんざりしていますよね。

お笑いのツボは人それぞれですが、客観的な審査をする立場の人なので、視聴者が納得できる審査をしてほしいですね。

また、審査員を視聴者が選べるようになるといいと感じました。

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 関西圏の人ならギャロップがエミちゃんねる出てるの知ってるからなんとも思わなかったけど他の地方の人にはおかしく思ったんだね。別にあれはひどいこともなくしゃれです。

  • 笑いが主観的な感情である以上、笑えるかそうでないかは、個人の感覚に依ります。だからと言って、審査が個人の感覚で行われているとしたら、それはGPではないでしょう。
    単なる人気投票です。

  • 上沼とかいうヒスババアを異常に擁護してる連中はやっぱ関西人なんだな
    イジメを遊びっていうDQNと変わらない発想
    見ていて不快なだけの高慢さを、「洒落」だの「美味しい」だの言ってんだからドン引きですわ
    思考回路がもう同じ人類とは思えないね

    • 暴言でこの人を批判して謝罪とか色々話題なってるけど視聴者だけじゃなくて多数の芸人が声はあげないけど同意見の人もいるっていう。
      しかも芸人側からの上沼の擁護があまりにも多いのみると干されたくないから擁護して審査の内容に批判暴言はいた芸人叩きになってるように見えるっていう反応してる人もいるみたいだな

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください