【M-1グランプリ2018】立川志らくが嫌い!審査基準とコメントが意味不明!

2018年12月2日放送の「M-1グランプリ」に審査員として出演している立川志らくさんの審査が「めちゃくちゃ」で「意味がわからない」「いらない」「嫌い」などと話題になっています。

今回は、立川志らくさんのバッシングをうけている理由と、世間の反応をご紹介します。

ちなみに、上沼恵美子さんの審査も「エコヒイキ」で意味不明と話題のようです。

参考:【M-1グランプリ2018】上沼恵美子のエコひいき審査が嫌い!怒られ枠も?

スポンサーリンク

【M-1グランプリ2018】立川志らくのコメントと審査がバッシングをうけている理由

お笑いコンビの「ジャルジャル」が披露した漫才に「99点」の高得点をつけました。

筆者もネタを見ていて腹を抱えて爆笑するほど確かに面白いネタだったのですが、司会の今田耕司さんからコメントを振られた立川志らくさんのひとことが、次のようなものでした。

最初から最後まで1回も笑わなかったんだけど。

頭の中はすごく面白くて笑ってました。

プロを笑わせる漫才だな~と。

審査席にいるサンドイッチマンの富澤さんに「ちょっと何いってるかわかんないっす」と言ってほしいくらいです。

この他にも、採点基準がよくわからないのと、コメントがめちゃくちゃで見ている視聴者は、「何なのこの審査・・・。」と不快に思ったようです。

スポンサーリンク

【M-1グランプリ2018】立川志らくの審査が意味不明でいらないと話題!

立川志らくさんの審査基準が意味不明と感じた方は、たくさんいたようですので、視聴者の感想をいくつかご紹介しますね。

まとめ

立川志らくさんの審査に対するバッシングについてコメントをまとめてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

お笑いのツボは人それぞれですが、客観的な審査をする立場の人なので、視聴者が納得できる審査をしてほしいですね。

また、審査員を視聴者が選べるようになるといいと感じました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください