【霜降り明星】ものまねグランプリ2019の動画まとめ|せいや面白い

2019年5月7日に放送された「ものまねグランプリ特別編 ものまねレジェンドが選ぶ次世代モノマネ芸人No.1決定戦」で霜降り明星が優勝しましたが、今回は霜降り明星の「ものまね動画」をまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【霜降り明星】ものまねグランプリ2019の動画まとめ

2019年5月7日「次世代モノマネ芸人No.1決定戦」で披露した霜降り明星のモノマネ動画をまとめてご紹介していきます。

予選でも決勝でも「同じ芸能人」のモノマネを披露していますが、「ネタの構成」を変えることによって、視聴者があきない工夫がされていますね。

せいやのモノマネはどれも「同じ系統」のようにも感じますが、「話す内容」が面白い印象でした。

予選の動画

「桑田佳祐」→「アホの坂田」→「金八先生」→「古畑任三郎」→「アナゴさん」→「ぶらり途中下車の旅」→「ミキの兄」

決勝戦の動画

「カバオくん」→「古畑任三郎」→「野村萬斎」→「ガンバレルーヤよしや」→「まひる」→「吉幾三」→「粗品」→「元ロッテの里崎」→「今日一日うまいこといってないおっさん」→「Twitter」

優勝の瞬間

本人たちもまさかの優勝に驚きの様子ですね。

https://twitter.com/smfr_sooshinaty/status/1125762655342383104?s=20

霜降り明星の優勝に対する世間の反応

霜降り明星がモノマネも優勝し、M-1・R-1と3冠に輝いたことに対して、世間の反応は冷ややかなものも多かったようです。

なぜなら、「粗品はなにもしていない」といった声や、「他のモノマネをガチでやっているひと達の方がうまいし、それが評価されないのはモノマネじゃないのでは?」と言った指摘からです。

一方で、「せいやのモノマネレパートリー」の多さと内容の面白さを評価している人も多くいました。

コロッケさんも「新しいモノマネの形でモノマネを盛り上げていってほしい」と感無量のコメントをしていましたね。

個人的には霜降り明星の二人が若いのに芸達者なことに驚きです。

そして「モノマネグランプリ」は「似ていることを競うのか?」それとも「面白いことを競うのか」という点をはっきりさせたほうが良いかもしれませんね。

でも、似てるだけでは「すごーい、似てる!」で終わりですからね・・・。

https://twitter.com/mosamaru0301/status/1125773168474378240?s=20

スポンサーリンク

まとめ

2019年5月7日の「次世代ものまね芸人決定戦」で優勝した霜降り明星が披露したネタ動画をまとめてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

霜降り明星の活躍は新しい時代を感じるものと思いますが、ご覧になった皆さんのご感想もぜひコメント欄にお寄せくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください