【徳永ゆうき】 鉄道オタクの車掌ものまねが上手すぎる!マニアも認める撮り鉄だった

演歌歌手の徳永ゆうきさんが、2018年11月10日放送「嵐にしやがれ」のコーナー隠れ家ARASHI(櫻井翔担当)で披露した、車掌ものまねが上手すぎると話題になっています。徳永さん「車掌ものまね」と鉄道写真マニア(撮り鉄)、プロフィールについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【徳永ゆうき】 鉄道オタクの上手すぎる「車掌ものまね」とは!?

演歌歌手の徳永ゆうきさんの上手すぎると話題の「車掌ものまね」をさっそく、ご紹介したいと思います。

JR西日本の東海道本線・新快速(米原方面)長浜行きのアナウンスを完コピしています・・・。

現在は、停車駅が変更となったのか下の停車駅一覧とは若干違いますが、なんと25駅すべて読み上げています・・・。

小田急 区間準急・唐木田行Ver.

もはや圧倒されてしまうほどのクオリティの「車掌ものまね」ですよね。というか仕事に困ったらいつでもJR職員として働けるレベルかと思います(笑)

録音でもして何度も練習したのでしょうか?こういった一芸があると、飲み会で盛り上がりそうですよね!でも、何度も何度も周囲からやってとリクエストされて大変かもしれませんね?(笑)

 

スポンサーリンク

【徳永ゆうき】 鉄道マニアも認める撮り鉄だった?

徳永ゆうきさんは、鉄道への愛は「車掌ものまね」だけではありません。

なんと鉄道が大好き過ぎて、いつもカメラを持ち歩き、暇があれば仕事の合間にも電車の撮影にいそしんでいるようなんです(笑)

Twitterやインスタグラムは鉄道の写真だらけ・・・(笑)その一部をご紹介しますね。

SNSの投稿の8割以上は鉄道関連ではないかと疑うほどでした!

しかも、インスタグラムについては、鉄道の写真以外はありませんでした・・・・。(笑)

それでもなんとインスタのフォロワーは1000人以上!1000人以上の人が、徳永ゆうきさんの撮った鉄道の写真が見たくてフォローしているわけです。もはや、撮り鉄からも注目の有名人かもしれません。

ここまで好きなことに打ち込めるなんて素敵ですよね!

実際に趣味が講じて、鉄道関連の仕事もこなしているようです!

2015年には鉄道大好き芸人で有名な中川家の礼二さんと、世田谷線倉庫でイベントを行い、ものまねを披露しあったようです。

スポンサーリンク

【鉄道オタク】徳永ゆうきのプロフィール

鉄道のことばかり紹介してしまいましたが、演歌歌手である徳永ゆうきさんの経歴もご紹介しておきます(笑)

徳永ゆうきさんは、奄美大島出身の祖父と両親の影響で幼少期から演歌に触れていたようです。

2012年の17歳のときに、NHKのど自慢チャンピオン大会でグランドチャンピオンになり、2013年に歌手デビューしました!

徳永ゆうきのプロフィール

本名:徳永 優樹

生年月日:1995年2月20日(23歳) ※2018年11月時点

出身地:大阪府大阪市

身長:163cm

血液型:A型

徳永ゆうきさんといえば、TV番組「演歌の乱」で米津玄師さんの「Lemon」を披露し、うますぎる!とSNSで話題になりました。

ぜひ御覧ください。

【徳永ゆうき】高速 ”指パッチン” 歌謡が凄すぎる!あの名曲「恋」のリズムに合わせて!?

まとめ

演歌歌手の徳永ゆうきさんの「車掌ものまね」と鉄道写真マニア、プロフィールについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

独特な雰囲気の徳永さんはいまや時の人ですよね、今後の徳永ゆうきさんの活躍にも注目していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください