【つるの剛士】子供の名前が独特!イクメンな理由と子育ての流儀がすごい

タレントで歌手のつるの剛士さんが奥さんと結婚17年目を迎えたことが話題になっていますが、つるの剛士さんの子供の名前やイクメンパパと呼ばれる理由、つるの剛士さんオリジナルの子育ての流儀について、今回はご紹介していきます。

スポンサーリンク

【つるの剛士】子供の名前が独特!

つるの剛士さんは、2003年9月にスタイリストとして働いていた「遠藤美紀(みき)」さんと結婚しました。

出会った当時、つるの剛士さんは26歳で、とにかく結婚したかったそうです(笑)

そんなつるの剛士さんにとって、美紀さんとの出会いに運命的なものを感じたそうです。なんでも、つるの剛士さんは出会ったその日のうちに、もらった名刺に書かれていた電話番号に電話をかけ、食事に誘いました。

待ち合わせ場所にやってきた奥様の美紀さんは、スタッフが集まって食事をするものだと思って来たので、2人きりと知って大変驚いたのだとか。

さらに、当時は奥様の美紀さんには交際相手がいたらしいのですが、つるのさんは諦めずに何ヶ月もアプローチを続け、その努力が実って交際することになりました。それからすぐにプロポーズをし、結婚に至ったというのが出会いのストーリーです。

そして、結婚の翌年には子供を授かり、それから13年の間に5人の子供に恵まれました

これだけ少子化が叫ばれている時代に、凄いことですね。

子どもたちの生まれと名前をご紹介しますね!

つるの剛士さんの子供

2004年3月27日(年齢15歳):長男「詠斗(えいと)」くん 

2006年1月6日(年齢13歳):長女「うた」ちゃん

2007年7月15日(年齢12歳):次女「おと」ちゃん 

2009年11月6日(年齢9歳):三女「いろ」ちゃん 

2016年6月9日(年齢3歳):次男「絢斗(あやと)」くん

お気づきかもしれませんが、実は子供たちは全員、【あ行】から始まる名前なんです!これは、つるの剛士さんのこだわりだったとか。

じゃあ、6人目は?と気になるところですが、6人目については奥様から『もう無理、外いけ!』と言われてしまったようです。

奥様はつるの剛士さんの1歳年上だそうですので、1人目が30歳、2人目が32歳、3人目が33歳、4人目が34歳、5人目が41歳での出産ということになりますね!

【つるの剛士】イクメンパパと言われる理由は?

『理想の父親だと思う男性有名人ランキング』でも1位に選ばれていますが、なぜイクメンパパと呼ばれているのでしょうか?

つるの剛士さんに、イクメンイメージがついたキッカケは、『2016年6月』から一ヶ月間の育児休業をとったからです。ちょうど5番目の絢斗くんが生まれた直後ですね!

すでに4人も子供がいた奥様からすると、産後で体が辛い中、新生児の面倒や家事を引き受けてくれたことは大変助かったでしょうね。

育休と言っても、つるの剛士さんはしっかりと家事・育児の様子をSNSで発信していました。結果として、イクメンパパのイメージが付いたので、ある意味では『仕事もしていた』と言っても良いかもしれませんね。

当時、毎日ブログやSNSでお母さんの大変さを綴っていたことが、世間のママたちの共感を呼び、もっと旦那さんも育児に協力して!という風潮に繋がっていきます。

毎日決まって5時30分に起床し23時の就寝まで、普段僕たちが仕事に出かけている時間帯に世の奥さま達は皆さんこんな大変な日々を過ごされているんだなあ。。と、6年ぶりの家庭休業で改めて再確認し、なかなか経験できない貴重で有意義で建設的な毎日を過ごしました。

引用:つるの剛士ブログ

口だけではなく、実際に自分で体験したことが凄いです。

そして、イクメンパパという言葉が特別なものではなく、当たり前にイクメンであることが『普通のパパ』である社会になってほしいとの思いもあるようです。

かといって、つるの剛士さんは、イクメンパパを男性に押し付けるつもりはないと言います。

世の中的にはまだまだ簡単に家庭休業(育休)を取れるような社会環境ではありません。
人生2回も取れた僕は本当に有り難く恵まれた環境だと心底感謝しています。
皆さんそれぞれいろいろな立場や環境、状況や考えがあると思います。
なので僕は今後も大手を振って『皆さん育休とりましょう!』なんて無理強いするつもりはありません。
ただ、自分がこの休業中に身を以て経験した事、良かったことや大変だったこと、、等はこれから家庭休業を取ろうと考えている父親の皆様には伝えられたらなあと思います。

引用:つるの剛士ブログ

実は、つるの剛士さんが『育児休暇』を取ろうと思ったのは、お父さんから言われていたある言葉があったからだそうです。

それは、『家庭こそ人生の基盤。そこがうまくいかないと、人生はうまくいかない』という言葉です。

1回目の育児休暇をとったのは、4番目の三女が誕生したときでした。ちょうど、『羞恥心』で忙しいときだったのですが、家庭を顧みずに仕事してばかりいる自分が好きになれなかったそうです。

周囲からは『2ヶ月も休んで戻ってきて仕事があると思うなよ』などと厳しい言葉も掛けられたそうですが、意を決して育休をとったんだとか。

ところが、『育児休暇』は全く『休暇』ではなかったと言います。

休暇どころか、1日中、早朝から夜中までずっと仕事尽くしで、1週間で育児休暇を撤回しようかと思ったほどだったそうです(笑)

本名:靏野剛士(鶴は雨へんがつく旧漢字)

生年月日:1975年5月26日

年齢:44歳(2019/9時点)

出身地:福岡県

血液型:B型

身長:178cm

趣味:将棋(3段)・釣り・波乗り・キャンプ

所属事務所:太田プロダクション

スポンサーリンク

つるの剛士の子育ての流儀

つるの剛士さんはお子さんとの関係性も良好のようですが、長男が13歳になったころに反抗期に入った頃には、子育てに悩むこともあったと言います。

長男が反抗期になって難しい。『おはよう』と言っても(息子は)『あぁ~』みたいな。初めて育児が大変と感じています。

さらに、ご長男が『自分と同じく、勉強が苦手なこと』を知って、なんとか力になりたいと頭を悩ませていたそうです。

そんな状況を打開するべく、つるの剛士さんは41歳で、息子と一緒に学習塾に通い始めたといいます。

「息子にだけ『勉強しろ!』と言うのも何なので、来週から息子と一緒に学習塾に行くことに決めました」

普通の父親ならまず出来ないことですよね!自分も一緒になって行動してあげるところに驚きました。インスタグラムには、移動中に日本史を勉強していることを明かしていました。

まとめ:【つるの剛士】子供の名前が独特!イクメンな理由と子育ての流儀がすごい

今回は、つるの剛士さんの子どもたちの名前と、奥さんとのなれそめ、イクメンパパな理由、子育ての流儀と盛りだくさんの内容でお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。
 
つるの剛士さんのように、『17年経った今の方が奥さんがもっと好き』心から言えるようなパパが当たり前になったらいいなと思いました。
 
これからもつるの剛士さんを応援して行きます。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください