【EXIT】かねちー兼近大樹の文春砲とは?相方りんたろーかわいそうな理由

よしもとのお笑い芸人EXIT(エグジット)のかねちーこと、兼近大樹(かねちかだいき)さんが2011年に売春斡旋の前科(逮捕歴)があったことが判明し、話題となっています。

兼近さんの前科の内容(文春砲)と、相方の『りんたろーさんがかわいそう』な理由についてご紹介していきます。

関連記事:【兼近大樹】昔が知りたい!幼少期の貧乏生活と家族の絆、EXIT結成前の活動

スポンサーリンク

【EXIT】かねちー兼近大樹の文春砲とは?

EXITの兼近大樹(かねちー)さんが2011年11月(当時19歳)に、売春斡旋で逮捕されていた過去が文春砲によって判明しました。

売春斡旋とは、売春を助長する行為のことを差しますが、売春防止法により法律で厳しく禁止されている行為です。

当時の逮捕状況は、次の通りです。

札幌市の高校3年生の女子生徒(当時19歳)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの。女子生徒は『小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った』と供述。当時、兼近は容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けています。

引用:週刊文春

この逮捕により兼近大樹さんは、10万円の罰金刑の有罪判決を受けています。

兼近大樹(かねちー)さんの最終学歴は中卒であり、貧乏に苦しんでいたことから働きながら定時制高校に通っていたことなどで知られていますが、法律にふれるような仕事までしていたとは驚きです。

【EXIT】かねちー兼近大樹の文春砲に『りんたろーかわいそう』な理由

見た目のチャラさとは違って、実は『マジメ』であることから非常に高感度のある芸人さんだったので、今回の文春砲の衝撃は非常に大きいです。

実際、世間では『驚きの声』が多く上がっています。

ただ、兼近大樹さん自身は『いつかは明るみになることは分かっていた』と語っていることから、こうなる日が来ることをずっと覚悟していたのでしょうね。

それは、かねちーさんはが文春の取材で次のような発言をしていたことからも伺えました。

いつかは絶対来るので、その時に全部話したいと思っていたので。

正直、嬉しかったです。やっと今、言えるんだって。

引用:週刊文春

実は、兼近さんは事務所からは『絶対に言うな』と口止めされていたそうですから、闇営業問題で渦中に会った吉本側の隠蔽(いんぺい)体質(?)にも避難の声があがっています。

また、相方の『りんたろーさんがかわいそう!』だとの声が多くあがっています。

なぜなら、りんたろーさんはEXITを結成する前にも、相方が逮捕されるという事態に会っているからです。

りんたろーさんは、EXITを結成する前に『ベイビーギャング』というコンビを組んでいましたが、その元相方も『無免許運転で逮捕された』のです。

べいびーぎゃんぐ

このベビーギャングの相方は、吉本に所属していた時に起こした事件であったため、即刻解雇となってしまいました。

今回も兼近さんの逮捕歴の騒動で、『再びコンビ解消の危機ではないか?』と言われているのです。

しかし、兼近大樹さんは吉本芸人になってから事件を起こしたわけではなく、あくまでも過去に起こした罪です。

それを事務所に隠していたなら別ですが、すでに事務所には伝えていますし、警報に則って罰金刑を受けていますので、解雇などの対象にはもちろんなりません。

ちなみに、実は兼近大樹さんの元相方も『逮捕歴』があると言われています!驚きですね。

兼近大樹さんはEXITを結成する前に『ぷりずん』というコンビを組んでいたのですが、逢見亮太さんが不祥事を起こしてコンビを解消したと言われているんです。

なんだか、逮捕歴だらけですね・・・。

かねちーさんの過去や昔について詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考にしてください。

【兼近大樹】昔が知りたい!幼少期の貧乏生活と家族の絆、EXIT結成前の活動

まとめ:【EXIT】かねちー兼近大樹の文春砲とは?相方りんたろーかわいそうな理由

今回は、EXITの兼近大樹(かねちー)の文春砲についてと、相方りんたろーさんが可愛そうな理由についてご紹介しました。

EXITは2019年を代表するぐらいの大ブレイクの芸人さんだったので、この過去の発覚がどのような展開になるのか心配です。

私もEXITのネタはすごく好きなので、引き続きテレビでネタは見たいと思います。

ただ、バラエティなどの出演の露出は減るかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください