【勝野洋長女】七奈美が結婚から「わずか8ヶ月」で亡くなったワケ|家族の無念

俳優の勝野洋さんと、キャシー中島さんの娘である長女の勝野七奈美さんは、2009年に29歳の若さでこの世を去りました。七奈美さんは、モデルやジュエリーデザイナーとして活躍し、3年交際した男性といよいよ新婚生活をスタートさせるというタイミングで「病気」が発覚。

非常に進行の早いガンであり、なんと発覚から半年後に亡くなりました。

今回は、勝野洋さんとキャシー中島さんの長女である「勝野七奈美さんの病気」と「七奈美さんの闘病生活」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

勝野洋の長女:勝野七奈美とは

勝野七奈美のプロフィール

本名:猪田七奈美(いのだななみ)

生年月日:1979年11月19日(享年29歳)

職業:歌手、モデル、デザイナー

配偶者:猪田武

勝野七奈美さんは、19歳のときに次女の勝野雅奈恵(かなえ)さんとのペア写真を発売したことをキッカケに芸能界デビューを果たしました。

その後は「NANAMI」の名前でモデルとして活躍し、後にジュエリーデザイナーとしても活躍するようになりました。

プライベートでは5年間の交際期間を経て、2008年にダンサーの猪田武さんと結婚しました。

また、2人は2007年にアクセサリーショップ「Manna Island(マナアイランド)」を設立しました。ジュエリーデザイナーの七奈美さんのプロデュースで、貝殻や天然石、パール、サンゴなど海の素材を使ったハンドメイドアクセサリーのようです

七奈美さんが亡くなったあとも、猪田武さんがマナアイランドを続けており、現在は「がんの啓発運動」に積極的に貢献されています。チャリティグッズを販売し、その売上を寄付されています。

猪田武さんは再婚はされておらず、2009年からは株式会社マナファクトリーに法人化し、副社長に七奈美さんの弟である勝野洋輔さん、妹の勝野雅奈恵さんを据えています。

現在でも勝野家との交流はあるようで、七奈美さんが残した絆を今も大切にされているようですね。

武ちゃんは私達ファミリーの一員であり大切な人です!武ちゃんが一人になりたいと言うまで、私の義理の息子でいてほしい。猪田武は勝野家には必要な人です。
だから、一緒にいるのが自然なのです。

引用:キャシー中島のブログより

勝野七奈美さんの病気|29歳で死に至らせた「小細胞肺がん」とは

勝野七奈美さんは、猪田武さんと2008年11月に結婚し、挙式はハワイであげました。

そのハワイから体長が悪くなった「七奈美さん」は2009年2月12日に「肺炎」を理由に入院することになりました。

しかし、なかなか症状が回復しないため、再度検査を受けたところ「肺がん」だと判明しました。

がんセンターで精密検査したところ、進行の早い「小細胞肺がん」であり、1年後の生存率はわずか6%だと勧告されました。

絶望の悲しみに沈むキャシー中島さんとは反対に、七奈美さんは『大丈夫、私は闘うから』と言ったそうです。そして、6%という数字を伝えられたときも、『じゃあその中に入ればいいんでしょ』と前向きに治療に励んだそうです。

癌が判明したときも笑顔

そんな七奈美さんの姿に、家族も前向きになり、賢明に治療を応援しました。

しかし、小細胞肺がんは進行が早く、転移も早いもので、七奈美さんも、おでこや骨など体のあちこちに転移していきました。

「手術のできない難しいタイプのものでした。最初は抗がん剤が効いて体調もよくなったけれど、徐々に効かなくなって、意識障害も出てきたんです」

「娘は、可能性のあるものはやってみたいと前向きでした。きっと、彼女の中に『このがんは治らない』という自覚はあったと思います。だけど怖くはなかったみたいで、『治らなくても、がんに負けなければいいんだ』って言っていました。その精神には、ただただすごいと驚くばかりで…母としては娘がやりたいことはすべてやらせてあげたい、その一心でした」

引用:キャシー中島さん

抗癌剤治療の他にも、重粒子線、陽子線治療を受けながら、最新の治療を探し続けたようです。

しかし、4ヶ月後に七奈美さんはこの世を去る事になりました。

葬儀では、喪主を務めた夫の猪田武さんは、涙で言葉を詰まらせながら「七奈美、太陽のような人」と呼びかけ、「あなたの人生に奇跡を見ました。そんな七奈美を心底愛しています。最後に永遠にありがとう」とあいさつしました。

最後まで、病気に負けずに治療に挑み続けた七奈美さんは、本当に強い方だと思います。

スポンサーリンク

勝野洋はタバコを吸うのか

ところで、「肺がん」と聞くとタバコ(喫煙者)のイメージがありますが、七奈美さん本人はもちろんのこと、勝野洋さんも含めた家族全員が「非喫煙者」だったそうです。

もちろん、喫煙は1つのファクターにはなるようですが、タバコを吸っていないから肺がんにならないわけではないのですね。

母親のキャシー中島さんは、七奈美さんのことブログに書き記し続けています。

娘を思う母の深い愛と、失った悲しみは時がたっても癒やされることがないことをブログを見ていて感じます。

そして、七奈美さんはどの写真を見てもいつも素敵な笑顔で、本当に周囲の多く人から愛されていた方だったことが伝わってきます。

実は、キャシー中島は、七奈美さんの闘病記を出版しました。

母親目線で、七奈美さんの姿を綴っています。

最後に:七奈美さんの歌を聞いて欲しい

七奈美さんの死後、生前に七奈美さんの作った楽曲を1枚のCDアルバムにしました。

YouTubeでも2曲見つけられたので、透き通った歌声をぜひ聞いていただきたいです。

そして、こんな素敵を残してくれたことに感謝です。この先、きっと誰かの救いになると思います。勝野洋さんの長女である七奈美さんは、結婚したばかりでこれからやりたいこともたくさんあったでしょうが、最後まで病気に負けずに戦い続けた姿はご家族だけでなく、多くの人の心に残っていると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください