【郷ひろみ】年齢ばけものか!少し老けた?若い秘訣は簡単な3つのこと

2018年12月31日放送「紅白歌合戦」に出場した歌手の郷ひろみさんの年齢がもはやバケモノだと話題になっています。少し老けた?との声もありますが、年をとっても若さを保っている3つの秘訣について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

【郷ひろみ】年齢ばけものか!少し老けた?

郷ひろみさんの生年月日は、1955年10月18日 で驚きの63歳です!

還暦をこえているとは思えず、若すぎるとの声が多く上がっています。

その若さは63歳とはとても思えずもはや「バケモノ」だと評されるほどです(笑)

とはいっても、ここ数年で少し老けたかな~?と感じたひとも多かったようです。

私もすこし「痩せてきた」というか「こけてきたなー」と感じました。

まだまだ全然バケモノなんですが、年齢には逆らえないなーと思うとともに、郷ひろみさんのような年のとり方をしたいなと感じました。

https://twitter.com/natsukitty10/status/1072078325059772416

一体、どんな生活やトレーニングをしていれば郷ひろみさんのように若さを保ちつづけることができるのでしょうか?

【郷ひろみ】若い秘訣は簡単な3つのこと

郷ひろみさんの「若狭の秘訣」をできれば知りたいですよね?

まずは、高須クリニックの院長高須克弥さんのインタビューで「若さの秘訣」を分析されていましたので、ご紹介します。

若さの秘訣①:人に見られる環境。自己意識を高めて、見た目に気を払うこと

高須:「見られてなきゃ、だんだん身体のメンテナンスも手抜きになり、普通にたるんでいくでしょう。自己意識の高さは自己管理の高さだし、そうなると見た目や健康への意識の払い方も違うよ。これは芸能人じゃなくても同じ」

次は、健康番組で郷ひろみさんの一日の生活をモニタリングした結果、判明した若々しさのカギをご紹介します。

若さの秘訣②:歯磨きでリラックス

郷さんの一日の自律神経の変化を計測した結果、歯磨き中に自律神経のバランスが整うということが発覚。これには郷さん自身もびっくり! なにやら郷さんは歯磨きを一日4~5回、毎回15分もしているそうで、歯磨き時間が彼にとってのリラックスタイムになっていたらしいのです。つまり歯磨きによって知らず知らずのうちに自律神経のバランスを整えていたようです。これによって血流が良くなり、肌を含めて健康的な状態を保っていた

そして、もちろん食生活にも気を払っているようです。

若さの秘訣③:サラダ、フルーツ、禁酒!

朝食は基本的にサラダとフルーツ。昼食も軽め。でも、夜は何でも食べます。友人と一緒のことも多いので、夕食は楽しむようにしています。ただし、決して暴飲暴食はしません。午前0時過ぎまで会食していることもありません。また、ツアーがスタートしたら、ステージ前48時間は一滴もお酒を口にしないと決めています

さて、これまでご紹介した郷ひろみさんの若さを保つ3つの秘訣をまとめると以下のようになります。

この内の1つでも意識して今日から実践してみましょう!

人に見られる環境。自己意識を高めて、見た目に気を払うこと

・歯磨きでリラックス

・サラダ、フルーツ、禁酒!

スポンサーリンク

まとめ

年齢がもはやバケモノレベルの郷ひろみさんの、若さを保つ3つの秘訣についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

健康も若さも1日してならずですので、日々かんたんなことから実践していきましょうね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください