タッキーの貧乏な幼少期が意外すぎると話題!母子家庭の貧困生活エピソードまとめ

2018年12月28日放送「中居正広の金曜日のスマたちへ」で滝沢秀明(タッキー)の貧乏だった幼少期が紹介され、視聴者の間では「王子様のイメージからは想像できない、意外すぎる!」などの声が多く上がっているようです。

今回は、滝沢秀明さんの母子家庭で過ごした貧困生活のエピソードを動画を交えてまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【滝沢秀明(タッキー)】貧乏な幼少期が意外すぎると話題!

2018年12月28日放送「中居正広の金曜日のスマたちへ」で滝沢秀明(タッキー)の貧乏だった幼少期が紹介されました

滝沢秀明さんは1982年生まれで2018年現在36歳ですが、幼少期に両親が離婚し、母と3歳上の姉、2歳上の兄の4人で生活することになったようです。

いまでこそ滝沢で「タッキー」の愛称で親しまれていますが、母親が再婚するまでは旧姓の「指田」という名字を名乗っていたそうです。

母子家庭で子供三人を養っていくには、お母さんに相当な苦労があったかと思いますが、滝沢少年はそんな家庭を支えるべく中学に進学すると、どうにかして中学生のボクでも稼げる方法はないか!?と真剣に考え、出した答えがジャニーズに入る!だったそうです。

実際に、オーディションでは、ボロボロの服でいったそうですが、ジャニーさんってだれ?というジャニーズの「ジ」の字も知らない少年だったとか(笑)

そんな滝沢少年の苦労を知ってか(本人は苦労と思っていないそうですが)、視聴者の中では「自分は恵まれていたんだ」といった声や、「意外すぎる!」と言った声が多く上がりました。

視聴者やファンの反応の一部をまとめてご紹介していきますね。

https://twitter.com/ume_mamiko/status/1078624838921535489

【滝沢秀明(タッキー)】母子家庭の貧困生活エピソードまとめ

金スマでは滝沢秀明さんの母子家庭で育った貧困生活のエピソードについて次の2つが上げらていました。

古くからのファンの間では「シーチキン餃子」を知っている人も多かったようで、実際に作ってみたけど美味しかったなどの声もありました。

1,鉛筆、消しゴムも買えず、服もボロボロだった

2,餃子の中身の具がシーチキンだった

ジャニーズJr.といえば「タッキー」といえるほど、絶大な人気と確かな実力を持った完璧なアイドルは他にはいないかもしれません。

そんなタッキーを作り上げた背景には「貧乏」という環境のハンデがあったことを知り、驚きましたね。

実際、タッキーは文字通り「王子様」のようなひとなのに、威張らず礼儀もきちんとしており、ジャニーズの鏡と言える存在です。

今後はプロデュース業を専門にやっていくため引退するとのことで、非常に残念ですが、ジャニさんの魂を受け継ぐタッキーだからこそ伝統を守りつつ、また若い感覚も組み合わせて新たな時代のアイドルを育てていってくれると思います。

スポンサーリンク

まとめ:タッキーの貧乏な幼少期が意外すぎると話題!母子家庭の貧困生活エピソード動画まとめ

タッキーこと滝沢秀明さんの幼少期の貧乏生活のエピソードとそれに対する視聴者の反応をまとめてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ジャニーズの中でも人として、アイドルとして尊敬されているタッキーはまだ30代半ばでこれからの人生でいろんな活躍をしていくでしょう。

表舞台で見る機会はなくなってしまうかもしれませんが、「滝沢プロデュース」アイドルをはやく見られる日がいまから楽しみですね!

陰ながら、応援していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください