7月23日しゃべくり007:竹内涼真の胸キュンシーンが話題!顔小さすぎ!

2018年7月23日放送の「しゃべくり007」に出演した竹内涼真さんが、

しゃべくりメンバー相手に女子に人気の「胸キュンシーン」を再現したことが話題となっています。

竹内涼真さんが披露する「袖クル」や「椅子クル」とは何なのでしょうか?

また、しゃべくりメンバーと並ぶと顔の小さく見えますが、どれほど小さいのか比較検討してみました!

 

竹内涼真の「袖クル」とは?

「袖クル」とは、「背後から抱きしめるように相手の袖をまくること」です。

恋愛漫画などで女性たちがときめく憧れのシーンですが、誰にされてもOKとはいかないでしょう(笑)

国民の彼氏ともいわれている竹内さんだからこそ、胸キュン!するシチュエーションです。

 

竹内涼真の「椅子クル」とは?

袖クルの他にも、「椅子クル」と呼ばれる胸キュンシーンの再現もするようです!

椅子クルとは「正面から椅子の背もたれを掴んで、自分の方に向かせること」のようです。

おそらく下の写真のようなシチュエーションではないでしょうか!?

 

 

竹内涼真はどれほど顔が小さいのか?

しゃべくりの胸キュンシーン再現で、チュートリアル福田さんと顔が近づいた画像ですが、

かなり顔が小さくみえます。チュートリアル福田さんも顔が大きい方ではないと思いますので、驚きました。

巷では、顔が大きいという人もいらっしゃいますが、顔の小さな人気女優さんと比較しても、かなり顔が小さいと感じられます!

ただ1つだけ、竹内さんの顔が大きく見える写真を見つけました。

竹内さんと一緒に写る左の男性は、葉山 奨之(はやま しょうの)さんという俳優さんで、映画「青空エール」で二人は共演しました。

葉山さんの方が顔が小さく見えますが、葉山さんの身長が177cmである一方、

竹内さんの身長は185cmであり体格も大きいことを考慮すると、竹内さんの顔が大きいとは言い切れないでしょう。

 

他の芸能人と比べても、かなり顔が小さいことがわかります。

これほど顔が小さくてスタイルがいいとは、憧れますね!羨ましい限りです。

竹内涼真さんからのハグも羨ましいです。

 

まとめ

2018年7月23日放送の「しゃべくり007」に出演した竹内涼真さの胸キュンシーンにフォーカスしましたが、

いかがだったでしょうか。

また、顔の大きさは男性とは思えないほど小さく、身長も高いため7等身はあるようで驚きです。

国民の彼氏とよばれる竹内さんの今後の活躍にも目が話せませんね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください