【磯野貴理子】病気を救った元旦那|裏で起こした傷害事件とは?離婚理由になぜ

タレントの磯野貴理子さんが24歳下の二人目の元旦那との離婚理由はなぜなのでしょうか?その原因にファンからは「せつなすぎる」との声が溢れています。

今回は、元旦那が「磯野貴理子の病気を救ったストーリー」と「その裏で起こした傷害事件」についてご紹介していきます。

また、「子供がほしい」が離婚理由になったと知った世間の反応についても、まとめました。

スポンサーリンク

【磯野貴理子】病気を救った元旦那が裏で起こした事件とは?

磯野貴理子さんが病気(脳梗塞)を発症したのは、2014年10月23日です。

元旦那さんは、仕事に出かけようと準備していた貴理子さんの異変に気づき、すぐに救急車を呼んだそうです。

2014年10月23日 

・夕方5時から舞台のリハーサルに貴理子さんが現場に現れなかった

・心配した元旦那は、家まで様子を見に帰った

・貴理子さんは「二日酔い気味だな」と思いながら準備していた

・貴理子さんがうまくしゃべれてなかったので、「どうしたの? ちゃんとしゃべれてないよ?」と声をかけ、救急車を呼んだ。

・貴理子さんとしては「ただの二日酔いなのに、やめてよ大げさな!」という感じだった。

1ヶ月半の入院とリハビリ中も、元旦那は熱心に看病し、支えていたと言います。

ところが、入院中に元旦那が「酒によって暴力騒ぎ」を起こしていたらしいという噂もありました。

「貴理子さんが倒れた直後だったので、周囲からは“飲んでていいの?”という声も上がりました。でも、彼は“大丈夫、大丈夫”って軽い感じで。異変が起きたのは深夜1時を過ぎた頃。東吾さんは隣に座っていた女性を口説いているように見えました。そこに別の女性が割って入ったんです。何やら東吾さんに文句を言っているようでした」

口説き始めた元旦那に、「いいかげんにしなさい」と別の女性が注意すると、元旦那さんはその女性の顔面を殴ってしまったというのです。

男性が女性の顔面を殴るとは衝撃ですよね。

元旦那はキックボクシングの経験もあるそうで、女性は「全治6ヶ月の怪我」を負いました。

そして、警察沙汰にはならなかったものの、その多額の示談金を妻の磯野貴理子さんが肩代わりすることになり、脳梗塞発症からわずか3ヶ月という短い期間でテレビ番組にスピード復帰したとも言われています。

貴理子さんは元旦那のことを「命の恩人」と言っており、実際、元旦那が「脳梗塞」の発症にいち早く気づき、病院につれてきてくれたおかげで軽症で済みました。

一方で、「金銭面」ではかなりのサポートを強いられたことは間違いないでしょう。

磯野貴理子さんが、2012年9月に24歳差の男性と電撃結婚した当時は、「出資婚」とも揶揄(やゆ)されていました。

ホテルのバーテンダーをしていた元旦那のお店を磯野貴理子さんが出資して、出店したからです。ただ、夫婦でお互いの夢を応援することは素晴らしいことだと思いますし、二人の問題です。

その点に「お金目当てだろ!」などという指摘の声もありましたが、「金目当て」だけで結婚はしないと思います。

もちろん、「夫婦で支え合って」生きていくことは素晴らしいことですが、そうであれば「子供が欲しい」の理由で貴理子さんが身を引くのは可哀想すぎると思ってしまいます。

夫婦はどちらかが好き勝手に、おんぶにだっこという関係ではないですから。

【磯野貴理子】離婚理由になぜの声!せつなすぎる

2019年5月19日の「早く起きた朝は…」で磯野貴理子さんが24歳下のバーテンダーとの離婚理由について、次のように語りました。

元旦那さんが「俺ね、自分の子供が欲しい」って。

磯野貴理子「知らない方もいらっしゃるかもしれないので言っときますけど、私の夫はすごく年下なんですよね。24歳下ですごい若いんですよ。だから覚悟はしていた。向こうから言い出したんだけどね」

「一応、理由聞きたいじゃない。待ってたらさあ、“自分の子どもが欲しい”って。“自分の子ども欲しいんだ”って言われて、あーそうかそうか、そらそうだって思って、“そうだよね、うんうんうん分かった分かった”って。“俺、勝手言って”って言って、“勝手じゃないよ、自然なことだよ、当たり前じゃないの、分かった分かった”って言って、別々の道を歩くことになって、そういう報告ですよ」

磯野貴理子さんは55歳(2019/5時点)であり、不可能ではありませんが現実的に出産は難しい年齢です。

今回、31歳の元旦那が「子供欲しい」との発言に、「そうなんだ」と自分が身を引く覚悟をもったとは「なんとも切なすぎる」話です。

結婚してから7年。

視聴者からは離婚理由に、「結婚前からわかっていたことだろう」との厳しい声もありました。

フジテレビの三田友梨佳アナウンサーのコメントが正論だけど、考えさせられるものでした。

「同じ女性として『子供ができないから別れよう』というのは、一番言われてつらい言葉だと思うんです」

「でも、貴理子さんはご主人がいたから大きな病気も早期に見つかって、治療ができて、その後も頑張れたというのがあるので、ご主人に対して感謝があると思うし、お二人の結婚生活が幸せなものだったから、こうやって納得して受け入れることができたんだなと思います」

まとめ

磯野貴理子さんの2度めの離婚理由についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

1度目の離婚は旦那の浮気、2度目の離婚も旦那のキッカケ・・・。

磯野貴理子さんには、また新たな幸せを見つけてほしい思いでいっぱいです。

あなたの「ご意見やご感想」もぜひコメント欄にお寄せくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 24歳年下なら?ちょうど息子さんくらいのご年齢になられる元夫と云うことで、今回の事は仕方ないと言えば当然かも?知れません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください