【柳原可奈子】両親の死因や亡くなってからの生活は?兄弟いないけど1人じゃなかった

2019年2月5日に、お笑い芸人でタレントの柳原可奈子(やなぎはら かなこ)さんが結婚したことが話題になりました。柳原さんは若くしてご両親を亡くしていますが、結婚して新しい家族ができたことに、芸能関係者やファンからも大きな祝福の声が寄せられました。

今回は、ご両親の死因(亡くなった原因)や亡くなってからの柳原さんの生活について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

【柳原可奈子】両親の死因は?

柳原可奈子さんは、19歳のときにお母さんを亡くしていますが、死因は「すい臓がん」だったようです。

また、27歳の時にお父さんを病気により亡くしましたが、病名はご家族の意向で明らかにされていないようです。

柳原可奈子のプロフィール

本名:やなぎはら かなこ

生年月日: 1986年2月3日

年齢:33歳 (※ 2019年2月時点)

出身: 東京都中野区
 
身長: 153 cm

【柳原可奈子】亡くなってからの生活は?兄弟もおらず一人だった

柳原可奈子さんは、兄弟がいない一人っ子のようで、19歳でお母さんを亡くしてからはお父さんと2人で生活をしていました。

柳原さんのお父さんは寿司職人であり、柳原さんのブログにもたびたび登場するなど非常に仲の良い親子だったようです。

お父さんはお茶目な性格だったこともあり、柳原さんからは「清(きよし)」と下の名前で呼ばれていたようです(笑)

柳原可奈子のブログで紹介されたお父さんのエピソード

「どこかで「クリぼっち」という言葉を覚えたらしく、リビングにいくたびに「ねぇクリぼっち?クリぼっち?」としつこく聞いてきてかわいい」

 

「トイレ中と気づかなくて間違って外から電気を消してしまったら、「えぇ!?誰よ!?誰!?電気消したの誰よぉ!」と何故かちょっとオネェ口調になっててかわいい」

 

「最近 家で清に「ワザトラマン」と呼ばれているなぜなら「テレビでの姿がわざとらしすぎるから」らしい」

お母さんが亡くなってから7年間は父と2人で支えあうように、生活してきたようです。

実際に、毎日のご飯は、お父さんが作っていたようですし、『現場のお弁当は野菜が少ないから』と柳原さんにいつも特別なお弁当を持たせていたとか。

2012年からは祖母も一緒に暮らすようになり、3人での生活を楽しんでいたようです。

一人暮らしをぜずに家族との時間を大切にしているところが素敵だなと思いました。

「キヨシが今月から一緒に住み出した祖母に『座って食べなさい!』と大人なのに怒られていてかわいい」

祖母と3人での暮らしを初めた翌年には、お父さんの清さんも病気で亡くなってしまいました。(※享年61歳)

それからは、祖母と2人暮らしをしていたようですが、高齢の祖母に合わせて煮物を作るなど料理に励んでいたようです。

柳原さんは、大切な家族を失う辛さや悲しさを若くして経験してきたからこそ、家族の時間を大切にすることができますし、結婚してからも素敵な家族を築いていけることでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

柳原可奈子さんのご両親の死因(亡くなった原因)や亡くなってからの柳原さんの生活についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

結婚はゴールではなく、新たな家族のスタートですから、これからのタレントとしての仕事と家庭の両立を応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 私、加奈ちゃん可愛大好き 
    ご両親いないのに温かく、楽しい、アットホームな家庭ですね
    ご結婚おめでとう。今時一緒にご飯食べるって珍しい、大変善いことですね。旦那さんも一緒に暮らすのかな(加奈)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください