【矢沢永吉】奥さん矢沢マリアの画像!再婚のきっかけと離婚の慰謝料は?

波乱万丈の人生を送るロックミュージシャンの矢沢永吉さんの奥さんがどんな人か知りたいですか?今回は、矢沢永吉さんの奥さんである矢沢マリアさんの画像と、出会いのキッカケについてご紹介していきます。

また、前妻の「すみ子さん」に払った離婚の慰謝料や、矢沢さんが語った後悔についても合わせてご紹介いたしますね。

スポンサーリンク

【矢沢永吉】奥さん矢沢マリアの画像と再婚・出会いのきっかけ

矢沢永吉の妻の矢沢マリアさんと思われる方の写真をご紹介します。

※これ以外に、マリアさんと思われる同じ顔の写真はなかったので、もしかすると別人の可能性もあります。

矢沢マリアさんの写真(右)

 

矢沢永吉さんは、22歳に「澄子(すみこ)」さんという女性と結婚し、2男1女の3人の子供に恵まれましたが、39歳で離婚し、翌年に現在の奥さんである「矢沢マリア」さんと再婚しました。

矢沢マリアさんは、アメリカ人のクォーターで、矢沢永吉さんと出会った当時はモデルをしていたそうです。

矢沢永吉さんとマリアさんが出会ったのは、ちょうど矢沢永吉さんがオーストラリアで事務所の元側近による巨額横領事件に巻き込まれ、35億円の借金を背負った頃です。

詐欺事件に巻き込まれた直後、矢沢永吉さんは、世間からの冷たい目や嘲笑に耐えられず、家族を連れ日本を離れアメリカに移住しました。

信頼していた友人から裏切られたショックと怒りに襲われ、夜中に一人で酒に浸っていた時、現在の妻のマリアさんと出会いました。

 「(被害額)35億円だから。ギブアップですよね。
  普通もう立ち上がれないじゃないですか」

  しかも、友人と側近の裏切りである。

  「髪の毛が抜けながら、過呼吸の手前ぐらいまで、
   精神的にそりゃ、なるじゃないですか。
   はめたヤツが許せない」

  身がよじれるような憤り。
  苦い酒。

  「自分に対しても悔しかったし」

  深い自責。
  世間の好奇の目が肌に突き刺さるようで、
  妻と子供3人を連れ、米国に移住した。

引用:アー・ユー・ハッピー? / 矢沢永吉(角川文庫)

信頼をしていた友人と側近から、何年間も騙され続けていたことが発覚したことで、ぶっ壊れかけていた矢沢永吉さんに、マリアさんはこう言ったそうです。

 

あなた知ってる?人を恨まば穴2つって。

   人を恨んでばかりいても、解決しない。自分も二つ目の穴に落ちるよ。
   あなたを陥れた連中は忘れて、借金は背負って、前を向けという意味。

当時からスターだった矢沢永吉さんに臆せずに進言したり、全くこびないマリアさんに矢沢永吉さんは次第に心が惹かれていきます。

どうしても前妻であるすみ子さんや子供たちといることよりも、自分の心の拠り所になってくれるマリアさんが当時の矢沢永吉さんには、必要でした。

前妻のすみ子さんは、「家庭に仕事のことを持ち込まないで」という姿勢だったので、矢沢永吉さんにとっては、大変な時期に、自分の背中を押して前を向かせてくれたマリアさんが心の支えとなったのです。

それのことを矢沢永吉さんに気付かせたのもマリアさんでした。

矢沢永吉さんはマリアさんと出会った当時に、こんな会話をしたそうです。

マリアさん:「あなたの奥さん、一体、何してるの?」

矢沢永吉さん:「女房?女房は一生懸命やってるよ。」

マリアさん:「洗濯、育児のことを言ってるんじゃないの。なぜ、あなたを見ないの?あなたがこんなに荒れるまで、なぜ、ほっておくの?」

この時、矢沢永吉さんは、マリアさんなら人間としての弱い矢沢も、スター矢沢もどっちも理解してくれる、そう思ったのではないでしょうか?

結局、前妻のすみ子さんとは離婚協議の末、1989年に離婚。

翌年1990年に、マリアさんとカリフォルニア州の「サンタバーバラ」で結婚式を挙げ再婚しました。

サンタバーバラは、矢沢さんがすごくお気に入りの場所だそうです。すごく景色のいい場所ですね!

 

そして、矢沢永吉さんは、マリアさんとの間にも3人の子供を授かりました。女の子が2人、男の子が2人のようです。

そうすると、矢沢永吉さんは、4男3女の父親なんですよね。

また、再婚してから30年後に、ラジオで矢沢さんが妻マリアさんとの思い出を語っている音声がありましたのでご紹介いたします。

マリアさんの大胆で明るく、前向きな性格が伝わってきますので、ぜひ聞いてみて下さい。

【矢沢永吉】前妻との離婚の慰謝料

矢沢永吉さんと前妻の澄子さんとは、協議離婚となっていますが、慰謝料を払って離婚しているとこからすると、結婚中から矢沢さんとマリアさんの間に「不定関係」があったことは間違いないでしょう。

実際に、離婚時には既にマリアさんのお腹の中に子供がいたようです。

それもあって、離婚の慰謝料は「ポルシェ3台分」だいたい「4500~6000万円」くらいだったようです。

しかし、矢沢永吉さん自身は売れない時代から自分を支えてくれた前妻の澄子さんと、3人の子供達と離れることになったことを再婚当時は、かなり残念に思っていたようです。

40歳の時のインタビューでは次のように語っていました。

『女房や子供たちにずっと懺悔しています。夢と健康とパワーだけで走ったときに、すごい大きな力で僕を受け止めてくれたのは女房ですよ。僕はすごく女房に感謝している。その時、何かわからないけれど、ぼく自身の中で新しい矢沢永吉ができていたんだよね。

できれば、ぼくは何度も何度も戻りたいと思った。いま振り返ったら、まだ川崎に住んでいたとき、すごい人間らしさがあったねキャロルをつくる前に女房とふたりでアパートに住んでいてね。どさんこラーメンに行くのが唯一の楽しみで…それで浮島というところが川崎にあってね。そこへ二人でボンゴに乗って夜景を見に行って帰ってくる。
その時に長男がお腹に入っていたね。あの時代…。この前も女房と話してたんですけど、あの時代が結婚して最高の時だったね。悲しい話だけど…。』

引用:矢沢永吉・40歳のインタビュー

波乱万丈の人生を過ごし、今でも多くの熱狂的なファンがいるスーパースターの矢沢永吉さんのこうした人間的な弱さの一面を見ると、さらに好きになってしまいますね。

プロフィール

本名:矢沢永吉(やざわえいきち)
愛称:E.YAZAWA、永ちゃん、五大洋光
生年月日:1949年9月14日
出身:広島県広島市
身長:180cm

スポンサーリンク

まとめ:

今回は、矢沢永吉さんの奥さんである矢沢マリアさんの画像や再婚のキッカケ、前妻との離婚の慰謝料などについてご紹介いたしました。

矢沢永吉さんは人生そのものが人の心を動かすコンテンツであり、ライブで歌う姿にはその意気が座がありありと見て取れますよね。本当に感動して、心が熱くなります。

これからも健康的に、ステージに立ち続ける矢沢永吉さんの姿を楽しみに、応援していきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください