【下田美咲】結婚観と育児論が偏りすぎ?自己中心的な発想との指摘も

モデルでタレントの下田美咲(しもだみさき)さんが2019年9月8日放送のTBS『ニュースな国民会議』に出演し、主張した独自の結婚観と育児論が偏りすぎて『旦那可愛そう』などプチ炎上になっています。

今回は下田美咲さんの結婚観や育児論について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

【下田美咲】結婚観と育児論が偏りすぎてて炎上?

上の画像でも、下田美咲さんは結婚に対して自分なりのルールを徹底していることがわかるかもしれまんが、偏ったと言われる結婚観と育児論を簡単にまとめると次の通りです。

下田美咲の考え

・結婚は『自分がコントロールできな命を抱えること』だからキケンな契約である

・結婚後にうまく行かなければ離婚すればいい(1回ですべていくはずがないので、さっさと結婚の情報収集したほうが良い)

・離婚は早いほうがいい(何十年寄り添って離婚するなら、合わないと気づいた時点でスピード離婚したほうが次にいける)

・子供の出産までに3000万円貯金した(離婚しても育てていけるように)

ある意味では、かなり現実的で合理的な考えですよね!

『結婚=メルヘンでキラキラしたもの』と捉えている非現実的な人よりは、人一倍、いろいろ考えて人生を設計されている人なんだと感じますね。

下田美咲さんのプロフィール

生年月日:1989年8月15日

年齢:30歳(2019年9月時点)

出身:東京

血液型:B型

13歳でスカウトされてティーン向け雑誌の専属モデルとなる。16歳からはシンガーソングライターとしても活動するもCDデビューが延期。テレビCMなどにも出演。2013年に個人事務所を設立。写真集やカバーアルバムなども発表し、2016年11月に1歳下のホストと結婚、翌年に第一子を出産。

下田美咲みたいな自己中心とは結婚できない・・・の声

下田美咲さんの偏った価値観に、『ついていけない』『理解できない』などの声や、『結局、自己中心で生きてる人の考えだよね』といった指摘もあります。

確かに、下田美咲さんの価値観は少し個人主義的な考えに偏っていると感じますね。

しかし、逆に言うと『人に頼らず、何があっても1人で生きていく』という覚悟を感じるものでした。

勝手な憶測ですが、10代から自分で働いて、個人事務所を立ち上げて、全て自分でなんとかする!という気迫があるのは、何か下田美咲さんの育った家庭環境やバックグラウンドがそういった考えにさせているのでは?と想像してしまいました。

時代の流れ的には、『支え合おう』というよりも『個人主義』がどんどん強くなっているので、この先、下田美咲さんのような強い女性の価値観が常識になる未来も近いのかなと感じました。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 私は立派だと思いますよ?
    この若さと美貌でここまでビジョンを明確にしてる女性中々いませんよね?
    旦那かわいそうって、何が?
    こんなかわいい奥さん隣にいるだけでいいですよ。

    収入も少ないくせ旦那の悪口ばかり言って離婚はしない身体と態度はでかくなる寄生虫女どもの負け犬の遠吠えにしか聞こえませんね。

    日本の男もそろそろアメリカみたいに若さとバカばっか選ばずら頭のいい女と結婚するべきだね、うん。

    ま、その男もバカすぎるから離婚率上がるんだろうけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください