卓球・張本智和がうるさすぎ!日本代表ならチョレイの雄叫びやめて欲しいの声

卓球男子の張本智和(はりもとともかず)さんが史上最年少でワールドツアーを優勝しましたが、張本選手の特徴とも言える「チョレイ」の雄叫びが「うるさい」と話題になっています。

張本選手の両親は中国人から帰化して日本人となり、張本選手自身も2020東京五輪で日本代表として金メダルを取る!と意気込んでいますが、日本人としての品格にかけるとの声も多いです。今回は、「雄叫びはやめてほしい」など、世間の反応をまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク

卓球・張本智和がうるさすぎ!

張本智和選手といえば、【チョレイ】でおなじみですよね!

雄叫びとともに、反り返る姿がフィギュアスケートのイナバウアーのようで「ハリバウアー」なんて通称もあるくらいです(笑)

ちなみに、「チョレイ」には特別な意味はないそうです(中国語でもありません)。

ハリバウアー.PNG通称:ハリバウアー

得点をとったときの雄叫びに「うるさい」「うるさすぎる」などの声が集まっていますが、いったいどんな雄叫びなのか動画で確認しましょう。

確かに、気合いの入った「ダーーー!」とか「オーーー」とか結構叫んでますねw

卓球観戦していて、うるさいと感じた方の声の一部をご紹介しますね。

一方で、もっとうるさい選手がいる!とか、張本ファンからは「気にするな」といった声もありました。

「勝負の世界」ですから選手の自由なのでは?とも思いますが、私はテレビの音量を少しさげます。(笑)

【張本智和】日本代表ならチョレイの雄叫びやめて欲しいの声

張本智和選手の雄叫びが「うるさい」という反応の他には、世界で戦う「日本人」として恥ずかしいからやめて欲しいといった意見もありました。

見ていて不快だし、相手を威嚇する行為は「礼儀」がなっていない!という考えですね。

実際に、偏見ではありますが、張本選手のご両親が中国人から帰化して日本人となったので、張本選手を「日本の選手じゃない」といった曲がった意見もあるんです。

そんなアンチも味方につけるような「日本人らしさ」をプレーに出して、「あっ」と言わせて欲しいですね!

張本選手は日本で生まれ育ち、小学生の頃にご両親に日本代表として金メダルを取りたいから帰化して欲しいと頼んだそうなんです。

それだけ日本人としてのアイデンティティが強いということを知って、「はじめはうるさいなー」と思っていたんですが、応援したくなりました。

張本智和のプロフィール

名前:はりもと ともがず

生年月日:2003/6/27

父親:張本宇(はりもと ゆう) ※元・卓球男子中国代表 男子ジュニア日本代表コーチ

母親:張凌(はり りん) ※元・卓球女子中国代表

スポンサーリンク

まとめ:卓球・張本智和がうるさすぎ!日本代表ならチョレイの雄叫びやめて欲しいの声

張本智和選手の「チョレイ」雄叫びがうるさい!との声や世間の反応をまとめてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

確かに日本代表としてこれから戦っていくのであれば、雄叫びはあまり見ていて美しいものではないので控えて欲しい気持ちもあります。

しかし、あくまでスポーツという勝負の世界なので戦略も含めてうまく使うことも必要かもしれません。

2018年夏の甲子園でも金足農業の吉田選手の「侍ポーズ」が話題にもなりましたが、スポーツ選手の言動は成績だけでなく常にファンや世間からの厳しい目で見られます。

張本選手はまだお若いのであまり気にする必要もないかもしれませんが、長く応援されるスポーツ選手としてやっていくには謙虚さがかかせないのは事実です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 張本のチョレイ?は相手に失礼だろう!見ている側も腹が立つわ!卓球協会が厳しく教育すべきだ!中国人だろう?

  • 凄いうるさいんだけど。相手の事も考えたら、雄叫びやめろよ。品格は最低レベル。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください