【仙台育英】野球部の謹慎理由は?注目はイケメン鈴木佳祐選手と俊足の熊谷選手!

2017年に謹慎処分となっていた仙台育英高校野球部は、6カ月の対外試合禁止処分を乗り越えてノーシードから甲子園出場を決めました。謹慎処分となった理由と不祥事と、第100回甲子園で注目選手である鈴木佳祐選手についてご紹介します。

スポンサーリンク

仙台育英高校野球部の謹慎理由は?

2017年に野球部部員の飲酒、喫煙が発覚しました。

2017年11月27日夜に部員6人が仙台市内の飲食店で飲酒、喫煙し、1人が急性アルコール中毒で救急搬送された。外部からの問い合わせで事態を知った学校が調査したところ、9人が2017年3月下旬から11月中旬まで計8回、飲酒、喫煙をしていた。

野球部は100名以上おり、不祥事を起こしたのは一部の部員かもしれませんが、長期に渡っての行為ということもあり高野連から異例の6ヶ月の謹慎処分がくだりました。

監督も交代し、6ヶ月間は対外試合を禁止だったため、紅白戦のみの練習となりました。

しかし、ノーシードから見事甲子園出場を決めました。

第100回大会の初戦は、2013年の1回戦で激闘を演じた浦和学院。

浦和学院は、選抜王者として臨みながら仙台育英に10-11で敗れました。

 

注目選手:イケメンの鈴木佳祐選手

2017年の甲子園でも2年生ながら活躍していた鈴木選手。

そのルックスもさることながら、仙台育英の下半身をつかった力強いバッティングにも注目です!

メディアでも注目選手として取り上げられていますね!!

 

甲子園メンバーには入れなかったお兄さんから託されたグローブを受け継ぎ、甲子園での活躍を誓っています。

 

鈴木選手の応援もステキですね!!!

スポンサーリンク

注目選手:俊足の熊谷大貴選手

とにかく足が速い!!!!甲子園盗塁記録の更新にも期待がかかっています。

 

 

 

まとめ

謹慎処分という苦しい期間を乗り越えて甲子園出場を決めた選手たちの野球に対する真摯な姿に心奪われました。

今後の仙台育英高校の快進撃にも目が離せませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください