【動画】ロッテ井口監督が誤審に抗議して退場した理由はなぜ?禁止行為とは?

2019年9月9日に行われたロッテ対ソフトバンク戦において、千葉ロッテマリーンズの井口資仁(いぐちただひと)監督が禁止行為により、退場したことが話題になっています。嶋田球審が『禁止行為により退場処分』と判断した理由はなぜなのでしょうか?その理由と禁止行為の内容について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

【動画】ロッテ井口監督が誤審に抗議して退場した理由はなぜ?禁止行為とは?

まずは、ロッテの井口資仁監督が退場となったシーンについて見ていきましょう!よく見ると打者の左腕にはあたっていません。

ところが、球審はデッドボールの判定をします。

それに対して、井口監督は抗議にでますが、退場となってしまいます。

動画は下記のツイートからどうぞ。

試合を観戦していたファンからは、なんで井口監督が退場なの?っていうじゃデッドボールじゃないし、誤審だろ!と言った声が多く上がっていました。

心配からは、ちょうどあたっているように見えたんですね。

では、なぜ井口監督は退場になってしまったかというと、次のようなルールが設けられているからです。

『監督は審判の裁定に対して、異議を唱えることは出来ない。』

『ベンチを離れることは許されず、もし異議を唱えるために本塁に向かってスタートすれば、警告が発せられる。警告を受けても本塁に近づけば、試合から除かれる』

よく監督が抗議するようなシーンを見たりしますが、こんなルールがあったんですね。

それにしても、抗議から退場までのスピードは早かったですね(笑)井口監督は選手時代も一度も退場処分を受けたことがなかったので、人生初の退場として話題になりました。

視聴者からは、退場のルールがあるならしょうがないけど、アナウンスでもっとちゃんと説明してくれなきゃわかんないでしょといった声もありました。

https://twitter.com/cream_cast/status/1171034735721603076?s=20

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください