漫画「離縁は致しかねます」ネタバレ全話まとめ|最終回まで無料で読めるか調査した結果

漫画「離縁は致しかねます」の続きが気になる!という方へ向けて、最終回の結末ラストまで無料で読む方法はあるのか調査しました。

また、この記事では「離縁は致しかねます」の結末までシナリオをしりたい!という方に向けてネタバレ内容をご紹介していきます。

■タップしてすぐに読める目次

漫画「離縁は致しかねます」の全話をスマホアプリで最終回まで無料で読めるか調査した結果

漫画「離縁は致しかねます」は山口恵によって描かれたマンガです。

結論からお伝えすると、9話以降は課金購入が必要となります。

また漫画バンクや漫画rawといった違法サイトでも当然読むことはできません。

配信サービス 配信状況
コミックシーモア ×
LINEマンガ ×
Book Walker ×
めちゃコミック

しかし、無料で読んだ以降が気になる!という方に向けてあらすじを解説していきます。

「離縁は致しかねます!」1話ネタバレ|結婚を諦めた行き遅れの千春に運命の出会い

「離縁は致しかねます!」の1話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

1話ネタバレ
  1. 吉川千春28歳行き遅れ
  2. 父に連れられパーティへ
  3. 良くない噂を持つ瀬田との出会い

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

1話ネタバレ① 吉川千春28歳行き遅れ

時は大正。

吉川千春は何不自由なく暮らしていますが、許嫁も縁談もあったのに全てうまくいかず未だに独身28歳です。

上手くいかなった理由は自分でも分かっており、千春の身体に生まれつきある大きな痣が原因なのでした。

1話ネタバレ② 父に連れられパーティへ

千春は父に連れられとあるパーティに参加します。

父が知人と挨拶をしているとき、会場がざわつきました。

皆、容姿の良い背の高い男の方を見ています。

父もその男に気付き、千春に教えます。

男は瀬田と言い、実業家にみえるが実際は良くない仕事をしており容姿の良さから男女問わず彼に騙されてしまうそうです。

千春も騙されないようにか、父は千春に瀬田には近づかないようにと釘を刺します。

1話ネタバレ③ 良くない噂を持つ瀬田との出会い

パーティに疲れた千春はお手洗いに行くと会場を出て、人気のないところで休んでいました。

すると、男たちの話し声が聞こえます。

男たちは千春がいることに気づいておらず、話しを続けます。

話の内容は千春のことで、千春が結婚できるわけないと嘲笑っていたのでした。

千春はパーティに来なければよかったと思っていると声をかけられました。

その相手は父が近づくなと言っていた瀬田でした。

ちょっと話しませんかと瀬田に言われ、父の忠告が頭に浮かびましたがちょっとだけならと話すことにしました。

初対面なためお互い自己紹介をします。

瀬田は名を名乗っただけでしたが、千春は自虐のようにさっき男たちが嘲笑っていたのは自分だと話しました。

そして父から瀬田の良くない噂も聞いていることも伝えました。

それを聞き瀬田は自分と一緒にいていいのか千春に言います。

「離縁は致しかねます!」2話ネタバレ|父が借金?肩代わりは千春次第?

「離縁は致しかねます!」の2話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

2話ネタバレ
  • 千春が感じた瀬田のこと
  • 瀬田からの突然のキス
  • 父の借金の肩代わりは瀬田⁉︎

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

2話ネタバレ① 千春が感じた瀬田のこと

千春はもう28歳の充分過ぎるほど大人なんだから話す人くらい自分で決めると自虐的に言います。

パーティが苦手な千春と違い瀬田はパーティが好きで、その理由は自分を羨む視線がとても気持ちいいからだそうです。

その話しを聞き千春は肯定します。

どんな仕事だろうが自分一人でやっていけるのはすごいことだから皆んなが瀬田を羨むのも分かると話します。

2話ネタバレ② 瀬田からの突然のキス

千春の話を聞き、瀬田は千春に伝えます。

千春の元へ偶然来たのではなく、千春の行き遅れの噂を聞いた瀬田はどれほど醜い娘なんだろうと興味本位で見に来たのでした。

ですが実際の千春は醜いどころか綺麗な顔立ちをしており、先程の千春の話を聞いてとても好意的に感じていました。

瀬田は千春に自分の女になるよう宣言しキスをしますが、千春は思わず瀬田の頬を叩いてしまいます。

瀬田は千春を迎えに行くと言い残し、その場を去ってしまいました。

2話ネタバレ③ 父の借金の肩代わりは瀬田⁉︎

瀬田との夜から数ヶ月経ちましたが千春は瀬田のことが頭から離れません。

そんな時、父が気まずそうに話しかけてきました。

なんと父は勧められるがままに借金をしてしまい返せなくなってしまったのでした。

でも借金を肩代わりしてくれるという奇特な人がいました。

肩代わりには条件があり、千春を嫁に欲しいと言うのです。

千春は自分は結婚を諦めた身だから、父と弟のためになるのならと条件を受け入れます。

相手が家に来ていると言うので挨拶しようと会いに行き千春は驚愕します。

相手は何と瀬田だったのです。

「離縁は致しかねます!」3話ネタバレ!千春と瀬田の結婚!初夜はどうなる?

「離縁は致しかねます!」の3話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

3話ネタバレ
  • 千春と瀬田の結婚
  • どうなる千春の初夜計画
  • 帰ってこない瀬田

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

3話ネタバレ① 千春と瀬田の結婚

千春は瀬田と結婚することになりました。

ですが、千春の父は自分の借金を周りに知られたくないため親族にも知らせない祝言のない写真だけのものでした。

父は自分のせいでと千春に泣いて謝り、なんとか千春を家に戻せるようにするといいますが当てになりません。

そんな父の言葉を鵜呑みにするより千春は自分で計画を考えたのです。

自分の身体にある痣を見れば瀬田は嫌がり自分を嫌って追い出すに違いないと。

千春が計画を考えていると、弟の進次郎が瀬田を睨みつけていることに気が付きました。

瀬田も気付いたようで、進次郎にちゃんと千春を幸せにするよう話します。

3話ネタバレ② どうなる千春の初夜計画

千春は瀬田の家に帰ります。

給仕の梅を千春に紹介し、瀬田は仕事に行ってしまいました。

千春は今まで困っていたはずの痣に頼るなんてと計画のことを考えつつ、緊張しながら初夜を迎えるべく瀬田を待ちます。

が、瀬田は現れることなく朝を迎えてしまいました。

3話ネタバレ③ 帰ってこない瀬田

朝、梅に確認すると瀬田は仕事に行ってしまっていたことが分かりました。

それからずっと、瀬田は仕事で初夜どころか一緒に食事を取ることもない日々が続くのでした。

なんで自分なんかと結婚したのだろうと疑問に思っていると梅に声をかけられます。

瀬田のところにお茶を持っていって欲しいと言うのです。

千春は承諾し、瀬田の部屋に入るとそこには強面の男がいました。

強面の男が千春を女中と勘違いしている隙に、千春は一方的にお茶を渡しサッと部屋を出て行きました。

「離縁は致しかねます!」4話ネタバレ!いきなりの初夜?瀬田に期待してしまう千春

「離縁は致しかねます!」の4話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

4話ネタバレ
  • 瀬田の仕事は噂通り?
  • 初夜はまさかの昼間から?
  • 瀬田の言葉を信じたい

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

4話ネタバレ① 瀬田の仕事は噂通り?

お茶を届けた千春の元に瀬田がやってきます。

千春は気になっていた瀬田がどんな仕事をしているのか聞きます。

話を聞き健全な商いだと安心したのも束の間、瀬田は建前はと付け加え千春を不安にします。

瀬田も気になっていたことを千春に問います。

借金のためとはいえ、なぜすんなり自分と結婚したのか?何か企んでいるのではと疑っていました。

千春は計画のことが頭によぎりますが否定します。

4話ネタバレ② 初夜はまさかの昼間から?

千春の答えを聞き、瀬田は眼鏡を外したかと思うと千春を押し倒します。

キスをされ昼間なのにこのまま初夜を迎えてしまうと焦る千春に、瀬田は千春が処女だと気付きます。

だからといって瀬田はやめる気配がなく、千春は怖くなってしまいます。

怖さから逃げようと背を向けた時、このまま痣を見せればいいのだと計画を思い出します。

4話ネタバレ③ 瀬田の言葉を信じたい

でも瀬田が進次郎に言った千春を幸せにすると言った言葉が頭によぎります。

千春は声を出し瀬田を止め、痣を見せることをやめます。

その声に瀬田は無理矢理する気はないと言い、自分が情けなくなりため息をつきます。

瀬田は自分からは手を出さない、千春から誘ってくれるのを待つとキスをします。

この時の千春を、そう遠くない未来の千春はこう思います。

この時は否定ばかりしてしまったが、今の自分なら同意することくらいはできるのになと。

「離縁は致しかねます!」5話ネタバレ!瀬田の考える夫婦で過ごす有意義な時間

「離縁は致しかねます!」の5話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

5話ネタバレ
  • 目覚めたらベッドに瀬田が
  • 有意義な夫婦の時間?
  • 千春をもてなそうとする瀬田

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

5話ネタバレ① 目覚めたらベッドに瀬田が

朝、千春が目を覚めると目の前には瀬田がおり一緒のベッドで寝ていたようでした。

驚愕して大声を出すほどいつまでも慣れない千春に瀬田は呆れ、また横になってしまいました。

瀬田がいなかったら家はもう助からなかったのに、婚姻関係を壊そうなんて馬鹿なことを考えてしまったなと瀬田の寝顔を覗きながら考えていると、いきなり瀬田が千春の手を掴みます。

千春が驚くのも束の間、有意義な時間を過ごそうとあっという間に帯びまで解かれてしまいました。

5話ネタバレ② 有意義な夫婦の時間?

瀬田が言う有意義な時間とは夫婦での挨拶回りでした。

式を挙げておらず、知らせることもできなかったため仕事関係の政治家たちに千春を連れ挨拶に行くのでした。

瀬田は挨拶回りに付き合ってくれた千春に礼を言い、政治家たちに挨拶に行くのは仕事の情報をもらうためだと話します。

千春はやっぱり仕事なのかと思っていると、瀬田は加えてこう話します。

せっかくの綺麗な嫁を見せつけてやりたかったと。

その言葉に千春はドキッとしますが、先ほど政治家たちへの挨拶に調子の良いことを言っていたことを思い出し、それと同じだと平常心を保ちます。

5話ネタバレ③ 千春をもてなそうとする瀬田

瀬田は挨拶回りに付き合ってくれた千春をもてなそうとあるところに連れてきます。

そこは芸妓がおり接待に使われるような料亭で瀬田の店でした。

芸妓たちは瀬田に憧れているものも多く千春を羨みます。

なんで自分をこんなところに連れてきたのだろうと思いながらも、芸妓と雑談しながら酒を勧められ、誘われるがままにお座敷遊びもしていくうちに気付いたら千春はとても楽しくなっていました。

「離縁は致しかねます!」6話ネタバレ!瀬田は千春に一瞬で恋に落ちていた!!

「離縁は致しかねます!」の6話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

6話ネタバレ
  • 瀬田の両親の思い出の店
  • 瀬田が千春と結婚した理由
  • 瀬田の帰りを待ち侘びる千春

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

6話ネタバレ① 瀬田の両親の思い出の店

千春はいつの間にか服を脱ぎ布団に入っていることに驚き飛び起きますが、瀬田が冷静に話します。

酔っ払って吐き、汚れてしまったから脱がしただけだと。

自分の醜態に恥ずかしい千春ですが、瀬田が自分を本当に楽しませてくれようとしたことが分かり感謝します。

千春が楽しんでくれたことに安心し、瀬田はこの料亭は自分の両親の思い出の店だと話します。

千春はその話を聞き、以前にも思ったが瀬田は両親にたくさんの愛情を注いで貰ったんだなと感じたことを伝えます。

6話ネタバレ② 瀬田が千春と結婚した理由

瀬田は千春のそう言うところが好きでした。

自分は両親を大切に思っているのに妾の子だからと信用されないことばかりの中、千春だけは妾の子としてではなく瀬田を見て分かってくれたのです。

そのことに感激を覚え好きにならざるを得なかったと伝え、時間がかかってもいいから下の名前で呼び合うような夫婦になりたいと言います。

千春は瀬田の気持ちを知り、鼓動が速くなるのを感じつつも酒の酔いのせいにするのでした。

6話ネタバレ③ 瀬田の帰りを待ち侘びる千春

それから瀬田は千春を色々なところに連れていくようになりました。

歌劇など千春には初めてのことばかりでとても楽しく過ごしており、瀬田が傷付くことになるとは知らずつい大切なことを後回しにしてしまいます。

そして心の中で瀬田を寛志さんと呼び、帰りを待ち侘びるのでした。

「離縁は致しかねます!」7話ネタバレ!元許嫁が瀬田に話す千春の秘め事

「離縁は致しかねます!」の7話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

7話ネタバレ
  • 千春の瀬田への気持ちの変化
  • 元許嫁がバラす千春の秘密
  • 瀬田にばれた秘めごと

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

7話ネタバレ① 千春の瀬田への気持ちの変化

瀬田の帰りを待ちながら千春は考えます。

瀬田が本当に自分ときちんと夫婦になりたいと思ってくれているのならば、当初考えていた計画はやめなければと。

でもそれならば今まで破談になってしまった時のように、自分の身体にある大きな痣のことを話さなければなりません。

7話ネタバレ② 元許嫁がバラす千春の秘密

その頃瀬田はパーティに出席していました。

躓いた女性がいたため手を貸すと、男が声を荒げてやってきます。

その男は女性の夫で、妻が躓いたことに加え、妻が瀬田にときめいてしまっていることが面白くありません。

男は瀬田に話しかけに行き、自分は千春の元許嫁だと伝えます。

千春と結婚した瀬田に、千春の痣のことを言葉には出さないものの小馬鹿にするように話します。

痣のことを知らない瀬田はなんのことか分からずにいると、男は瀬田までも見下したかのように鼻で笑います。

それらの態度に瀬田は怒り、どういうことなのか男に問い詰めます。

7話ネタバレ③ 瀬田にばれた秘めごと

瀬田の帰りを待っていた千春ですが、あまりにも遅いため寝室に戻っていました。

そのことを給仕の梅から聞き、瀬田は寝室へと向かいます。

千春はまだ起きており、仕事終わりの瀬田を気遣います。

瀬田は先程あった出来事を話します。

千春の元許嫁に会い、自分に隠し事をされていたことを知ったこと、今の状態じゃ冷静に話せないからと時間を潰してきたと言います。

瀬田は千春にとってこの結婚は借金の肩代わり、だからいいと話しますが、瀬田の様子はそうは思えません。

「離縁は致しかねます!」8話ネタバレ!追い出される?千春の決意‼︎

「離縁は致しかねます!」の8話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

8話ネタバレ
  • 千春の秘め事を問う瀬田
  • すれ違う気持ちに決心する千春
  • 結婚生活を終わらせたくない!

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

8話ネタバレ① 千春の秘め事を問う瀬田

瀬田は千春に破談の原因も言わなかったことも許すと言いましたが、それは千春がちゃんと話せばでした。

実は瀬田は千春から話しを聞きたいからと元婚約者には原因は聞かずにいたのです。

ですが、千春は言い淀んでしまいます。

8話ネタバレ② すれ違う気持ちに決心する千春

痣にことを知られたら瀬田も自分から離れていってしまうと考え、千春は瀬田に話せないと言います。

瀬田は隠し事をされ、千春は自分と夫婦になりたくないのだろうと思い、家を出ていくように伝え部屋を出て行きます。

瀬田は借金のことも気にしなくていいと言いました。

それならなんの問題もなく家に戻れるのに、それがとても辛く感じてしまいます。

自分の気持ちが分からない千春は瀬田に選んでもらおうと瀬田のところへ行きます。

8話ネタバレ③ 結婚生活を終わらせたくない!

決心を決めた千春は、湯船に浸かっている瀬田のところへやってきたかと思うと、そのまま自分も湯船に入ります。

そして千春は背を向けながらも服を脱ぎ自らの痣を瀬田に見せるのでした。

千春は痣が原因で何度も破談になってしまったから、瀬田も痣を知れば自分から離れてしまうと思い聞かれても話せなかったと伝えます。

自分と夫婦を続けたいと思ってくれたこと、痣を見たのは自分だけだという特別感もあり、瀬田は思わず笑みを浮かべます。

千春は自分の痣を嫌がるどころか気に入ってもらえるとは思わず、湯船で瀬田の腕の中でのぼせそうになりながら思い出すのです。

一人だけ痣を見せた男がいることを。

そして千春の父の元には千春を家に戻そうと巽という男がやってきたのでした。

「離縁は致しかねます!」9話ネタバレ!痣を見せた巽は想いを寄せていた幼馴染

「離縁は致しかねます!」の9話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

9話ネタバレ
  • 千春が想いを寄せていた相手
  • 初めて痣を見せた男は巽
  • 千春が瀬田にやきもち

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

9話ネタバレ① 千春が想いを寄せていた相手

自分を受け入れてくれた瀬田に安心と感謝をしつつも、もし自分で結婚相手を選べていたらどうなっていただろうと考えてしまいます。

千春は幼馴染の巽に好意を持っていました。

ですが自分とは比べものにならないくらい良家なことに加え、夢のために留学してしまう人だったため実らない恋と思っていました。

9話ネタバレ② 初めて痣を見せた男は巽

千春が縁談を断られたことを知った巽は疑問に思い憤慨し、千春は気まずそうに自分には大きな痣があることを説明します。

巽は思わずその痣を見せてほしいと頼みます。

自分が遠くに行く前に千春のことを知りたいからと言われ千春は痣を見せます。

巽はその痣を見て驚きつつも、千春のことを迎えに来ると伝えます。

ですが、海外に行ってしまった巽からの手紙はいつの間にか来なくなってしまいました。

9話ネタバレ③ 千春が瀬田にやきもち

千春が出かける準備をしていると瀬田が待ちくたびれやってきました。

まだ準備が終わっていないと告げると瀬田は女は誰も彼も準備に時間がかかると言ってしまいます。

その言葉に千春は思うことがあり、周囲の人々は落胆の声が上がります。

それから千春は不機嫌そうに仏頂面です。

瀬田が話しかけようとしましたがタイミング悪く知人に声をかけられてしまいます。

挨拶をすると、千春も先ほどまでの表情が嘘のようににっこりと笑います。

そのことに瀬田が驚くと、自分が妻としての振る舞いをしただけだと千春は言います。

その妻という言葉が千春からでたことに瀬田は嬉しく思うのでした。

「離縁は致しかねます!」10話ネタバレ!出会ってしまった千春と巽

「離縁は致しかねます!」の10話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

10話ネタバレ
  • 巽とは違う瀬田への思いは恋心?
  • 巽が瀬田の家にやって来た
  • 遂に出会った千春と巽

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

10話ネタバレ① 巽とは違う瀬田への思いは恋心?

千春は瀬田にやきもちを焼いているのか疑問に思います。

やきもちを焼くのは好きな人のはず、自分が好きな人はと考え巽が思い浮かびます。

でも今瀬田にやきもちを焼いているということは、巽の時とは違う形で瀬田のことを好きなのではと考えます。

10話ネタバレ② 巽が瀬田の家にやって来た

千春と瀬田が舞台を見ている頃、瀬田の家に訪問がありました。

給仕の梅はどうしたのか対応していなそうだったため、家にいた若い男が渋々対応します。

訪問客は巽で、男の姿を見て瀬田と勘違いしてしまいます。

男が不満そうな声をあげたところに梅がやって来て、瀬田は千春と出掛けていて不在だと伝えます。

巽はまた来ると言い、千春によろしく伝えるように言います。

その千春の呼び名が千春ちゃんとちゃん付けであったことに疑問を浮かべながら梅たちは巽の背中を見送ります。

10話ネタバレ③ 遂に出会った千春と巽

舞台を観終えた二人は喫茶店にいました。

甘味を食べあまりの美味しさにびっくりしている千春に瀬田はこの後どうするか尋ねます。

瀬田は明日からは仕事だが、今日は休みだからと千春との時間を作ってくれており、その気持ちを千春は嬉しく思いました。

場所を移動しようとしたところ外は何かあるのかすごい人混みで、はぐれないようにと瀬田は千春の手を取ります。

瀬田の慣れた対応に、きっと今までも女の人にやっていたのだろうと嫌な気持ちが膨らみ千春は瀬田の手を振り払ってしまいました。

するとどんどん人の流れに逆らえずどんどん瀬田と離れていきます。

どうにか瀬田の元へ行こうと頑張る千春の手を握る人がいました。

瀬田だと思い顔を上げると、そこにいたのは巽だったのでした。

「離縁は致しかねます!」11話ネタバレ|千春を迎えに来た巽!千春が選ぶのは??

「離縁は致しかねます!」の11話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

11話ネタバレ
  • 千春と瀬田と巽の三角関係!?
  • 千春との約束を守りに来た巽
  • 千春が選んだのは瀬田!!

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

11話ネタバレ① 千春と瀬田と巽の三角関係!?

突然の巽との再会に千春は驚いてしまいます。

すぐに瀬田も無事合流し、三人で喫茶店に入り巽の留学話などを聞きます。

千春は居心地の悪さを感じながら話しを聞いていると、巽の父が他界したことを知り驚愕し悲しくなります。

その様子を見た瀬田は久しぶりに会えたのだから話すこともたくさんあるだろうと席を外します。

11話ネタバレ② 千春との約束を守りに来た巽

巽は瀬田がいなくなり、ここから本題とばかりに話し始めます。

巽はずっと千春のことを想っていて、思うが故に千春が結婚してしまったらどうしようと連絡を取ることができなかったのです。

巽の父が亡くなったことにより、自分の結婚相手は自分で決めると話しました。

千春の父から借金が原因で結婚せざるを得なかったことも知っているが自分がどうにかする、だから自分と結婚してほしいと千春に伝えます。

11話ネタバレ③ 千春が選んだのは瀬田

巽の申し出に千春はありがたく思いつつも断ってしまいます。

巽同様、千春は巽のことを想っていました。

だからこそ巽が留学前に自分の痣を見せたのですが、その痣に巽は同情の言葉を発したのでした。

巽の言葉に他意はなかったのでしょうが、千春にはその言葉が大きく引っかかってしまいました。

「離縁は致しかねます!」12話ネタバレ|瀬田は浮気の真っ最中⁉︎家を出る千春

「離縁は致しかねます!」の12話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

12話ネタバレ
  • 瀬田の言葉に救われ好いた千春
  • 瀬田の上に服がはだけた女性が‼︎
  • 途方に暮れる傷心の千春

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

12話ネタバレ① 瀬田の言葉に救われ好いた千春

巽に他意はなかったものの、想い人からの同情の言葉に千春は傷ついてしまいました。

でも瀬田に痣を見せたときに言われた言葉はとても嬉しかったと巽に話ながら自覚します。

自分は瀬田が好きだということを。

巽は千春の話を聞き残念に思いつつも、最後に傷つけてしまったことを謝罪し身を引きます。

12話ネタバレ② 瀬田の上に服がはだけた女性が‼︎

家に帰ると給仕の梅が模様替えをしており、瀬田は来客があり仕事だと言います。

瀬田に早く会いたい千春は梅に代わってお茶を出しに行きます。

ですが室内から女性の声がします。

疑問に思いながらもドアを開けてみるとそこにはソファーに横たわる瀬田と、瀬田に覆い被さるようにはだけた服の女性がいました。

女性は千春に気付くと慌てて離れますが、瀬田は頭を抱えます。

千春は瀬田の声掛けに反応せず、お茶を出し部屋を出て行きます。

12話ネタバレ③ 途方に暮れる傷心の千春

千春の父は妻である千春の母だけを愛していましたが、男性によっては妻以外の女性と遊ぶこともうのだからと自分に言い聞かせます。

状況を察した梅が慌ててやってきましたが、少し外に出てくると言い家を出ました。

千春の姿が見えないため瀬田は梅に聞きます。

梅は千春が外に出て行ったことを伝え、自分がいない隙に女性を呼ぶなんてと嫌味を言います。

瀬田は慌てて否定し、千春を探しに行きます。

その頃千春は女性がいるかもしれない瀬田のところにも、心配をかけたくないため実家にも帰れずどうしようかと悩んでいました。

すると、後ろから声をかけられます。

「離縁は致しかねます!」13話ネタバレ|千春の居場所は貸座敷⁇

「離縁は致しかねます!」の13話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

13話ネタバレ
  • 千春の相談に乗る貸座敷の娘達
  • 見つからない千春…進次郎に相談
  • 瀬田に見つかった千春‼

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

13話ネタバレ① 千春の相談に乗る貸座敷の娘達

千春に声をかけたのは以前お座敷遊びをした貸座敷の姐さんでした。

瀬田と一緒ではないことを聞かれ俯く千春を察してか、姐さんは千春を自分たちの離れへと連れてきてくれました。

貸屋敷の娘にどうしたのか聞かれ、千春は先ほどあった出来事を話します。

意外にも娘達は怒り千春の味方になってくれ

このまま離れにいるように言います。

13話ネタバレ② 見つからない千春…進次郎に相談

瀬田は千春を探しに千春の実家に来ていました。

父は不在で、弟の進次郎が対応します。

突然の瀬田の訪問に驚きつつ千春は一緒じゃないのかと聞きます。

瀬田は進次郎に、勘違いされてしまい千春が家を出て行ったと正直に話します。

進次郎は目に涙を浮かべながら瀬田は嘘をついたと責めます。

結婚前の幸せにするという約束はなんだったのかと。

13話ネタバレ③ 瀬田に見つかった千春‼

千春は見つからず、家に帰る頃にはとうとう朝になってしまいした。

部下に休むよう言われたかと思うと、怒っているであろう梅が探すよう圧をかけてきます。

娘達が仕事に行き一人になってしまうと、どうしても瀬田と女性のことを考えてしまいます。

考えたくないと思っていると、おばあさんに声をかけられます。

そして千春の話をろくに聞かず勘違いしたまま、働きに出るよう座敷に千春を追いやります。

座敷の前でどうすればいいのか分からず悩んでいると、娘が出てきました。

娘は千春がいることに驚き慌てて千春を別の場所に案内しようとしますが、戻ってこない娘を見に瀬田がやってきてしまいました。

「離縁は致しかねます!」14話ネタバレ|通じ合う瀬田と千春

「離縁は致しかねます!」の14話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

14話ネタバレ
  • 瀬田には千春一人だけ
  • 好きという気持ちを伝える千春
  • 千春の家の借金は瀬田が仕組んだ⁉︎

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

14話ネタバレ① 瀬田には千春一人だけ

千春の無事に安心し、瀬田は思わず千春を抱きしめます。

瀬田は千春に家に帰るように言いますが、女性を招くような家には帰りたくないと伝えます。

涙を堪えている千春に、瀬田は女性達とは全て縁を切ったことを話し、自分の女は千春だけだとわがままを言って欲しいと言います。

そして千春こそ巽とどうなったのか聞きます。

瀬田は、今は違えど千春が巽に恋愛感情を持っていたことに気付いていました。

その巽よりも借金のことなどなしにして自分を選んで欲しいと思って、敢えて席を外したのでした。

14話ネタバレ② 瀬田に好きという気持ちを伝える千春

瀬田の気持ちを聞き、千春は自ら瀬田に口づけをします。

そして自分の夫は瀬田だけだと伝えます。

瀬田も千春に口づけをし、そのまま千春を押し倒します。

千春が瀬田の体温を感じていると重さが気になります。

それもそのはず、寝ずに千春を探していた瀬田はあまりの眠さにそのまま寝てしまったのです。

その寝顔を見ながら千春は瀬田を恋しいと感じます。

14話ネタバレ③ 千春の家の借金は瀬田が仕組んだ⁉︎

巽は亡き父に代わり会合に出ていました。

慣れない環境からか、感じ時間を持て余してると、気になる会話が聞こえました。

吉川の土地を狙っているものがいたという話でした。

吉川という姓は千春の名字で、千春と千春の父の顔が浮かびます。

会話に耳を傾けていると、土地を狙っていた人物は瀬田と一緒に狙っていたと言うのです。

この二つの名字は単なる偶然なのか、気になった巽はその話を詳しく聞こうとします。

「離縁は致しかねます!」15話ネタバレ|瀬田といない時間を憂う千春

「離縁は致しかねます!」の15話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

15話ネタバレ
  • 気になる瀬田の仕事内容
  • 瀬田と離れるのが寂しい千春
  • 久しぶりに実家で過ごす千春

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

15話ネタバレ① 気になる瀬田の仕事内容

瀬田が仕事で二週間九州に行くことになりました。

千春は以前仕事のことを聞いたときに意味深なことを言っていたことが気になっており、仕事内容や瀬田が行く必要があるのか何でそんなに日数がかかるのかと聞きますが、瀬田は自分が浮気すると思われていると勘違いします。

千春は否定し、単刀直入に仕事のことを聞きました。

瀬田は九州に行くのは本当に仕事なこと、多少意地の悪いことをすることもあると話すと、千春はどのようことなのかと尋ねます。

15話ネタバレ② 瀬田と離れるのが寂しい千春

ですが瀬田には誤魔化され、明日から二週間も会えないのに寂しくないのかとキスをされます。

千春は貸座敷の時はそのまま抱いて欲しいと思いましたが、普段は緊張してしまい受け入れることができず、この日も明日も早いからと寝てしまうのでした。

翌日瀬田は仕事に向かいました。

千春は瀬田の背中を見送りながら自分も連れて行ってくれればいいのにと思います。

15話ネタバレ③ 久しぶりに実家で過ごす千春

瀬田が九州へ行っている間、千春は実家で過ごします。

千春の父は相変わらず瀬田のことをよく思っておらず、あいつ呼ばわりし千春のことを心配します。

先日、瀬田が千春を探しに来たことを弟の進次郎から聞いた父は、自分のせいとは言えあんな男と結婚させるべきじゃなかったと泣いてしまいます。

そして巽の結婚の申し出を断った千春を責め、今からでも巽の元へ行くように言うのです。

さすがの千春もその言葉は面白くなく父の話を遮り、自分は今とても幸せなんだと伝えました。

その言葉に父は安心し、進次郎も千春を探しに来た瀬田に酷いことを言ってしまったことを謝罪して欲しいと話しました。

家に戻るとそこには車が停まっており、瀬田が帰ってきたのかと千春は思います。

「離縁は致しかねます!」16話ネタバレ|仕組まれた借金‼︎瀬田が関係していた⁉︎

「離縁は致しかねます!」の16話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

16話ネタバレ
  • 巽の訪問‼︎巽が伝えたいこととは?
  • 巽が話す瀬田の仕事の真実
  • 話は本当だった!!出ていく千春

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

16話ネタバレ① 巽の訪問‼︎巽が伝えたいこととは?

家にいたのは瀬田ではなく巽でした。

巽はいきなり訪問したことを謝罪し、どうしても話したいことがあると言います。

出来れば瀬田にも聞いてもらいたかったと言い、千春に瀬田とは別れた方がいいと話します。

瀬田が仕事から戻るも千春の出迎えがありません。

梅に聞き、部屋にいる千春に会いに行くと千春はずっと顔を俯いています。

千春にどうしたのか聞くと千春は本当に瀬田は仕事だったのかと尋ねます。

瀬田はまたこの質問かと呆れつつも仕事だったことを話しますが、千春は巽から聞いた話を伝えます。

16話ネタバレ② 巽が話す瀬田の仕事の真実

巽が話してくれた話によると、会合で聞いた詐欺の話と千春の父から聞いた話は同じもので、本間という男が詐欺のようなことをしているということでした。

父が本間という名を口にしていたことを千春は思い出します。

本間は富者に言葉巧みに仕事を持ちかけ失敗させるようにし、悪質な金貸しを利用し資産を奪おうとするのです。

その本間に瀬田は関わっているらしいのです。

このことを千春の父にも伝えるという巽を止め、千春は瀬田本人に聞くまでは信じられないからと話します。

16話ネタバレ③ 話は本当だった!!出ていく千春

千春は瀬田に否定して欲しいと思いながら聞きますが、期待も虚しく肯定されてしまいます。

千春はショックを受けながらもいつから父に関わっていたのか聞きます。

瀬田が関わっていたのは、千春に会う前で会った時にはもう本間が狙っていたのでした。

瀬田は千春の家の借金は無くなったのだから別にいいだろうと話すと、千春は怒り立ち上がります。

自分達を騙していたには違いないこと、なんで本物の夫婦のようになんて言えたのかと部屋を飛び出します。

その千春に瀬田は、前回とは違い探すことも迎えに行くこともしないと言います。

それを聞き、千春ももうここには戻らないことを伝えました。

「離縁は致しかねます!」17話ネタバレ|本間を手伝う瀬田!!吉川の土地を狙う!

「離縁は致しかねます!」の17話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

17話ネタバレ
  • 本間に目をつけられる瀬田
  • 千春の家の土地を狙う本間
  • 千春との出会いで瀬田が感じたこと

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

17話ネタバレ① 本間に目をつけられる瀬田

瀬田は過去に自分を否定されたときから、自分を弱くする物は必要ないと考えていました。

それなのに千春と出会ってしまったと思います。

瀬田は過去に知人の選挙の手伝いをし、無事当選した知人のお祝いをしていました。

席を外したとき、声をかけられ本間に出会います。

本間は瀬田の出生は良くないものの知識や機転の良さ、人脈を買っており自分の手伝いをするように言います。

出生のことを言わせ面白く思いませんでしたが、元官僚の本間と近づけば名を上げられると承諾します。

17話ネタバレ② 千春の家の土地を狙う本間

車に乗って移動していると本間が言います。

この土地は誰のものだと。

吉川と教わるも本間は千春の父とまだ面識がなく、知らない人の方がいいと話します。

そして、吉川の土地を自分が使ってやろうと話し、瀬田は今度はこの土地の持ち主を騙すのかと察します。

瀬田は本間と付き合うようになり、本間がとても悪賢い男だと感じていました。

でも、その本間の口車に乗り金儲けをしようと騙される奴も、本間の力を借りて名を上げようとする自分も似たようなものだと自分も卑下します。

17話ネタバレ③ 千春との出会いで瀬田が感じたこと

本間に連れられパーティに出席した瀬田はそこで初めて吉川を見ます。

一緒に連れられていた娘の千春を見て、これから借金を背負うことになると知っている瀬田は同情します。

同情してしまった自分を否定しながら外で休んでいると男たちの話し声がします。

吉川の娘、千春が独身なことを嘲笑っていたのです。

男たちの死角に千春はおり、全て話しが聞こえているだろうに泣かずに耐えている千春を見て何を思ったのか瀬田は千春に声をかけに行きます。

千春と雑談しながら、もし自分が否定されてしまったあのときに千春がいてくれたらと考えました。

そして、千春に不幸になって欲しくないと思いました。

「離縁は致しかねます!」18話ネタバレ|千春のために動く瀬田‼︎

「離縁は致しかねます!」の18話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

18話ネタバレ
  • 千春のために吉川に頼む瀬田
  • 瀬田は出張中と称して里帰り
  • 相談する千春を説得する巽

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

18話ネタバレ① 千春のために吉川に頼む瀬田

瀬田は本間に千春の家の土地を狙うのをやめて欲しいと頭を下げます。

千春の父の借金も自分が払うし、代わりの土地も用意すると話すと、本間は少し考えつつも承諾します。

瀬田が礼を言ったのも束の間、本間は条件を出してきます。

瀬田の持っている製鉄所を寄越すように言うのです。

瀬田の部下は不満を漏らしますが、瀬田は今後本間と関わらずにいられるなら別にいいと話します。

部下は借金がなくなったことを千春の父にどう話すのかと聞きますが、瀬田は借金の代わりに千春を嫁に貰うと話し部下たちを驚かせます。

18話ネタバレ② 瀬田は出張中と称して里帰り

千春が出て行った後、瀬田は平静を装いつつも苛立ちが隠せずにいました。

部下たちは怯え、梅はそんな様子を見て心配をします。

その頃千春は実家に帰っており、そのことを知った辰巳が訪ねて来ました。

千春が実家に帰って来たということは離婚したのかと巽は思いましたが、瀬田が出張に行っている間だけ帰って来ていると千春の父が言います。

巽は瀬田とのことが気になって訪ねて来たことを伝えると千春は瀬田のことを教えてもらったのに何も連絡しなかったことを謝罪します。

そして巽に、実は瀬田は出張なんてなく勝手に家を出て来てしまったことを伝えます。

そして巽が教えてくれた話は本当のことだったと告げます。

18話ネタバレ③ 相談する千春を説得する巽

驚く巽に千春は話し続けます。

瀬田に話しを聞いたとき、驚きのあまり冷静になれず話の途中なのに出て来てしまったと。

瀬田は千春と会って結婚したいと思ってくれたから土地を狙うことをやめてくれたのではないかと巽に話します。

ですが巽は千春の気持ちを否定します。

もし千春の考え通りで千春に好意があったとしても、瀬田がしたことは許されることではない悪行だと声を荒げてしまいます。

千春は巽に言われ、自分たちの他にも騙されて来た人がいるであろうことに気付きます。

俯く千春に巽は千春を自分が支えたいと頼みます。

「離縁は致しかねます!」19話ネタバレ|離縁を決心した千春‼︎瀬田への想いは?

「離縁は致しかねます!」の19話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

19話ネタバレ
  • 巽の申し出を受ける千春
  • 離縁を決心した千春
  • 消えない瀬田との思い出

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

19話ネタバレ① 巽の申し出を受ける千春

千春が家を出てから一ヶ月が過ぎましたが、瀬田からは何の便りもありませんでした。

千春は巽と過ごす時間がとても増えました。

巽は千春の背中の傷を見て傷つけてしまったことを気にしており、その詫びとして千春の気持ちが落ち着くまで支えさせて欲しいと頼みます。

千春は最初は断りましたが巽の熱意に押され承諾したのです。

この日も千春は巽と出かけており、巽はこんなに千春と会っていたら千春の父に怒られるかなと心配します。

千春は笑いながら否定し、父は巽との結婚を勧めてくるのだと話します。

その話しを聞き、千春がまだ瀬田のことを家族に話していないことに気が付きます。

19話ネタバレ② 離縁を決心した千春

千春は家族に傷ついてほしくないから瀬田のことは説明しないことにしたと言います。

巽は千春が瀬田と別れる気がないと思い驚きますが、話しの続きを聞くとそうではなく別れるつもりだと。

千春はもう瀬田のことは信用することができないのに夫婦としてやっていくことは難しいと話します。

家族には何か別の理由を伝える予定だと話す千春を見ながら、巽は千春の様子がおかしいと思いますが応援すると言います。

19話ネタバレ③ 消えない瀬田との思い出

今日は歌舞伎に行くと巽から聞いて千春は楽しみにしていました。

ですが、なかなか手に入らない舞台のチケットが手に入ったから舞台を見に行こうと言われます。

舞台と聞き千春の顔が曇ります。

瀬田と舞台を見に行ったことを思い出したのです。

千春の表情に気付き、巽は慌てて舞台をやめようと提案します。

その後二人は喫茶店に入り、甘味が好きな千春にと妹から教わったとアイスクリームを頼みます。

それは以前、瀬田ときた時に食べあまりの美味しさに驚いたものでした。

巽に食べたことがあるのか聞かれ、黙って俯く千春に巽はまたもや察し店員に下げてもらうよう頼みます。

「離縁は致しかねます!」20話ネタバレ|頭に浮かぶ夫婦一緒に過ごした時間

「離縁は致しかねます!」の20話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

20話ネタバレ
  • 溢れる涙‼︎消せない瀬田への想い‼︎
  • 千春を想い溜息をつく瀬田
  • 千春への来客!!来たのは瀬田ではなく梅!?

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

20話ネタバレ① 溢れる涙‼︎消せない瀬田への想い‼︎

巽が甘味を下げようとしてくれましたが、千春はとても美味しいからまた食べれるのが嬉しいと話し食べようとします。

ですが、瀬田との思い出が忘れられず千春の目には涙が溢れます。

巽が言うように瀬田が詐欺を働いていて罪を犯していても、夫婦として暮らしていたときに嘘はなく好きになってしまい戻れないと思い知ります。

20話ネタバレ② 千春を想い溜息をつく瀬田

瀬田は部下と喫茶店に来ていました。

頼んだ商品と違うものが運ばれ店員に部下が注意するも、瀬田はこのままで大丈夫と笑いかけます。

その瀬田の対応に女性店員は顔を赤らめ戻って行きます。

部下が瀬田にいいのかと聞きます。

瀬田は今の女性への対応のことかと思い、千春が出て行きいないから問題ないと言います。

部下は申し訳なさそうに、女性のことではなく製鉄所を全て売ってしまうことについてでした。

瀬田は製鉄所を全て売り、売ったお金で別の事業へ投資しようとしており、改めて部下へ説明していると先程の店員が戻って来ました。

話がなかなか進まないと項垂れる部下をよそに、瀬田は笑顔で商品を受け取ります。

届いたものは千春が美味しいと食べていたものでした。

瀬田は千春が頭に浮かび、ため息をつきます。

20話ネタバレ③ 千春への来客!!来たのは瀬田ではなく梅!?

巽が千春を家まで送ると、進次郎が慌てて千春を出迎えます。

千春に客が来ていると言うのです。

その言葉に千春は瀬田と思い急いで向かいますが、来ていたのは給仕の梅でした。

予想とは違うものの久しぶりの再会に二人は涙を流し抱擁します。

梅は泣きながら千春に戻って来て欲しいと頼みます。

千春が言い淀んでいると、必死に瀬田のことを話します。

千春が出て行ってから瀬田は苛立ちが隠せていないこと、毎日郵便を確認しては千春から離婚届が来るのではと不安に過ごしていること。

それを聞き瀬田も自分と同じ気持ちだと千春は思いますが、どうしても瀬田の詐欺がひっかかってしまいます。

梅は詐欺ももしかしたら理由があったのかもしれないと声を荒げます。

そして、自分が機会を作るからどうかもう一度ちゃんと話しをして欲しいと頼みます。

「離縁は致しかねます!」21話ネタバレ|千春が仕組んだ一世一代の賭け‼︎

「離縁は致しかねます!」の21話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

21話ネタバレ
  • 千春を失うことが怖かった瀬田
  • 瀬田を息子と思い幸せを願う梅
  • 千春の運に任せた賭け‼︎

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

21話ネタバレ① 千春を失うことが怖かった瀬田

瀬田が千春に全てのことを話さなかったのは、千春が幸せならいいと自分に言い聞かせても、本当は知られたら家を出て行ってしまうと思い怖くて言えなかったのです。

梅は瀬田がなんで千春を連れ戻さないと言ってしまったのか聞きに行くと張り切ります。

千春はそのままの意味ではないかと言いますが、梅は本音と違うことを言ってしまうこともあると話します。

21話ネタバレ② 瀬田を息子と思い幸せを願う梅

大事に想っている千春は難しくても、給仕の自分ならポロッと話すかも知れないと梅は言います。

千春はふと梅がなんでそんなに親切にしてくれるのか疑問に思い聞きます。

梅は家族が居らず、仕事とはいえ一緒に暮らしている瀬田のことを息子のように思っていたのです。

息子の幸せを願うのは当然だと梅が言うと、瀬田の幸せが自分なのかと千春は顔を赤らめます。

梅が千春にもう一度、瀬田の返答によっては家に戻ってくれるか問うと、千春は了承します。

了承を得た梅は急いで瀬田の元へ行こうとします。

千春は梅を引き止め、頼みがあると言います。

21話ネタバレ③ 千春の運に任せた賭け‼︎

瀬田がベッドで横になっているとドアの開く音がします。

千春かと思い飛び起きますが、そこにいたのは梅でした。

落胆を隠せない瀬田に梅は意地悪く誰が部屋に入って来たと思ったのか聞きます。

その問いに泥棒かと思ったと答える瀬田に、梅は千春を早く迎えに行くよう声を荒げます。

そしてなんでひどい言い方をしたのか聞きました。

瀬田は、賭けにでたと話します。

もしかしたら行かないでくれるかもと考えていたが、千春はこちらを見ることもなく出て行ってしまい賭けに負けてしまったと頭を抱えます。

その話しを聞くと、梅は突然部屋を出て行きました。

瀬田も状況がよく分からず疑問に思っていると、またドアが開きます。

梅と思った瀬田は一言言おうと思い顔を上げると、そこに立っていたのは千春でした。

千春も瀬田と同じように賭けていたのです。

賭けていたものは自分たち二人の未来を。

瀬田の本心が聞けるよう梅と瀬田の会話を聞かせて欲しいと頼んだのです。

もし自分の思うような会話ではなかったときは離婚しようと決めていたと瀬田に説明します。

その話を聞き、瀬田は千春を抱きしめ妻と呼びます。

千春はその言葉を嬉しく思いながら、瀬田の話しを全部聞かせて欲しいと頼みます。

「離縁は致しかねます!」22話ネタバレ|幸せにできるのは瀬田!!二人の幸せを願う巽

「離縁は致しかねます!」の22話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

22話ネタバレ
  • 全てを千春に話す瀬田
  • 想いが通じ初夜を迎える二人??
  • 瀬田と巽がまさかの遭遇
  • 巽からの忠告!!千春が危ない!?

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

22話ネタバレ① 全てを千春に話す瀬田

千春は瀬田の全てを受け入れると自分の意思をはっきりと伝えます。

瀬田はなんで自分が詐欺のようなことをしていたのか話すと、千春は本間への怒りが隠せません。

千春は瀬田に本間には会わないこと、人を騙さないことを守って欲しいと言います。

それを聞き瀬田は千春が話しを理解しているのか疑問に思い、千春の父の借金は口車に乗って騙された千春の父が悪いと言ってしまいます。

その言葉に怒る千春は出て行こうとしますが瀬田が抱き寄せます。

千春にだけ聞こえる小さな声で、出て行かないで欲しいと瀬田は言うのでした。

22話ネタバレ② 想いが通じ初夜を迎える二人??

二人はベッドの上にいました。

千春はいつになく緊張しています。

瀬田が千春の着物を脱がそうとすると千春は声を上げます。

どうしても背中の痣が気になってしまうのです。

そんな千春を見て、瀬田は千春の痣を甘噛みし、愛撫します。

でも瀬田は先に進もうとせず途中でやめてしまいます。

千春から抱いてくれと言うまでは何もしないという前に千春とした約束を守っていると言うのです。

そんなこと自分から言うには恥ずかしい千春は戸惑っていると、瀬田は意地悪そうに笑みを浮かべています。

その笑みを見て千春は、では抱かなくていいと言ってしまいます。

驚く瀬田に千春は、瀬田と夫婦でいられるだけで満足していることを伝えます。

瀬田は千春がとても愛おしく、千春から言ってもらわなくてもいい、約束はなかったことにしてくれと千春に頼みます。

22話ネタバレ③ 瀬田と巽がまさかの遭遇

瀬田がパーティに出席するとそこには巽も参加していました。

こんなところで会うとは思わなかった二人ですが、二人でゆっくりと話しをします。

巽は千春の幸せを願っており、頭もよく良家の自分ならそれができると思っていました。

でも千春の瀬田への想いを知り、自分は千春に満足な生活を与えられるが幸せにはできないことが分かったと伝えます。

瀬田がどのような人物か巽はまだよく分からないが千春との幸せを望んでいました。

そして嬉しそうに、留学先での経験を生かし千春のお産は任せて欲しいと言います。

瀬田は即座に断り、子供ができるようなことすらまだしていないのにとため息をつきます。

22話ネタバレ④ 巽からの忠告!!千春が危ない!?

千春は梅に料理を教わっていました。

千春が瀬田の食事を作りたいと梅に頼んだのです。

ですが千春は学校で教わったにも関わらず、とても不器用ゆえ野菜の皮むきすらやり直しさせられるのでした。

いつもにこにことしている梅ですが、ふと表情が消え黙って千春を見つめます。

そして瀬田には巽からの忠告が入ります。

千春の結婚を知って、瀬田のことを調べたら瀬田に嫌悪を抱くものが少なからずいること。

瀬田はそんなもの気にしないと言うと、巽は強く言います。

狙われるのは瀬田ではなく千春の可能性だってあるのだと。

家では梅が包丁を握り、千春の方を向きます。

千春は梅の行動に疑問を思い問います。

「離縁は致しかねます!」23話ネタバレ|梅の本当の名は静子⁉︎夫の隠し子は寛志‼︎

「離縁は致しかねます!」の23話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

23話ネタバレ
  • 梅の本当の名は静子‼︎
  • 次郎には他に女が‼︎まさか子供まで⁉︎
  • 次郎と離縁すればよかった

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

23話ネタバレ① 梅の本当の名は静子‼︎

千春は梅の異変に気づき問いかけます。

梅は昔のことを思い出していました。

梅の名は静子といい、

家業のためにと父の決めた人と結婚をすることになりました。

そして家業のために後継となる子を産まなければと思いつつも、手の震えが止まりません。

夫となった次郎がその手に触れ、無理をさせる気はないと伝えます。

そして自分もだが、静子も大変だなと言います。

静子は自分だけでなく、次郎も勝手に決められた結婚なんだなと察します。

そのとき、庭から花びらが入って来ました。

それは梅の花で、次郎は一番好きな花だと話しました。

その日に手を触れられたとき以外、次郎は静子に触れることはありませんでした。

23話ネタバレ② 次郎には他に女が‼︎まさか子供まで⁉︎

静子は両親に会うたびに、後継の話をされていました。

それでも二郎との生活を静子は気に入っていて、ずっとこのままでいられますようにと願っていました。

ですが四年ほど経った頃、次郎が家に帰って来なくなりました。

次郎は他の女のところに行くようになっていたのです。

周りは静子にバレないようにと噂話をしますが、もう静子の耳にも入ってしまっています。

次郎は家業を継ぎ繁栄してくれた、不満なんてないと言い聞かせていたら、驚くことを耳にします。

次郎には子供がいたのです。

つい気になってしまい、噂していたのを頼りに次郎の子がいる家を探します。

自分は何をしているんだろうと、冷静になり帰ろうとしたとき「寛志」と聞き覚えのある声がしました。

その声は次郎のもので、声がする方を覗いてみると嬉しそうに笑う家族の姿がありました。

23話ネタバレ③ 次郎と離縁すればよかった

少しして、静子の父が亡くなりました。

葬儀を終え当主を務めた次郎に礼を言うと、二郎は話があると言います。

後継も作れない自分は必要ないから離婚しようと言うのです。

突然のことに驚きながらも静子は家は誰が継ぐのか聞くと、長男である静子の兄が継ぐべきだと話します。

静子は次郎が以前見に行った女と子供と暮らすために言っているのだろうと思い、離婚を断ります。

そして考えさせて欲しいと一方的に席を外しました。

でもその後次郎も他界してしまったのでした。

「離縁は致しかねます!」24話ネタバレ|寛志の亡き母の代わりとして支えたい梅

「離縁は致しかねます!」の24話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

24話ネタバレ
  • 次郎の葬儀で寛志に出会う
  • 静子の奉公先に次郎の息子が‼︎
  • 少しでも寛志の母になれたら

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

24話ネタバレ① 次郎の葬儀で寛志に出会う

静子は周りに反対されつつも次郎の葬儀に次郎の子供の寛志とその母を呼びます。

静子は本当に次郎を想っており、せめて次郎の愛した家族に次郎を送ってもらおうと思ったのです。

寛志の母が泣きながら次郎の名を呼びます。

その光景を静子が見ていると、寛志が心配して声を掛けてきました。

その寛志の優しさを感じながら、自分も寛志達のように次郎の家族になりたかったと涙が溢れるのでした。

24話ネタバレ② 静子の奉公先に次郎の息子が‼︎

次郎の亡き後、静子は家を出て梅と名乗り奉公人として働きました。

噂では家業は静子の兄が継いだものの上手くいかず、自分が住んでた家には他の人が住んでいるそうです。

梅はよく働いており、雇い主も梅のことを気に入っているようでした。

そんなある日、梅が働いている商家に若い男が訪ねてきました。

その男を見て梅は驚きます。

自分の夫であった次郎にそっくりなのです。

驚きつつも番頭を呼びに行くと、その男は製鉄所を持っていて炭団を売りにくると教えてくれました。

そして番頭に寛ちゃんと呼ばれていることから次郎の息子に違いないと考えます。

番頭は寛志が帰ったあとも寛志の話しを続けました。

話しを聞き、寛志の母親が亡くなっていることが分かりました。

その話しを聞いた梅は、思わず寛志を追いかけ呼び止めます。

寛志の両親の代わりに少しでも自分が寛志を支えたいと思い、奉公させて欲しいと頼みます。

24話ネタバレ③ 少しでも寛志の母になれたら

瀬田が家に帰ると千春が梅に料理を教わっているところでした。

千春があまりにも料理ができないため、梅もつい厳しく指導してしまいます。

瀬田は千春が涙を流してるのが見え、もっと優しくするように口を出します。

それを聞き梅は、千春が涙を流しているのは玉ねぎのせいで、千春を甘やかすことはやめてくれと梅はきつく注意します。

料理する二人を後ろから眺め、瀬田は千春と梅が嫁姑のようだと話しました。

瀬田が軽く言った言葉に梅は少しでも寛志の母親の代わりになれたと思い、とそっと涙を流しました。

「離縁は致しかねます!」25話ネタバレ|怒る千春‼︎武道を嗜む女性との出会い

「離縁は致しかねます!」の25話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

25話ネタバレ
  • 学校で習っても直らない千春の不器用
  • 夫婦でパーティに‼︎千春のためを想う瀬田
  • 夫である瀬田を侮辱すことは許せない千春
  • 助けに来た武道を嗜む女⁉︎千春の力が必要?

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

25話ネタバレ① 学校で習っても直らない千春の不器用

男女平等にと言われつつも、女が学校に行っても男と同じ勉強は出来ず、良い妻となるべく裁縫や料理ばかり習わされていました。

千春はとても不器用で、学校に通わせてもらっているにも関わらず父に頼まれた縫い物すら出来ません。

父は千春に奉公がいるところに嫁に行けばいいだけだと言いますが、千春は自分が情けなくなります。

ですが、そんな千春にも熱心に通っている習い事がありました。

25話ネタバレ② 夫婦でパーティに‼︎千春のためを想う瀬田

瀬田と千春は夫婦でパーティに出席しました。瀬田の周りには女性がわっと集まり、瀬田を誘いにきます。

瀬田は千春に友達をと思い、女性達に自分ではなく千春と話す様に勧めます。

その言葉を聞いた女性達は何も言わず不満そうに戻っていってしまいました。

その光景を見て、千春は自分がパーティが好きじゃないと知っているはずなのになんで連れて来たのかと言います。

千春には何の予定もなく、暇だから連れてきたと瀬田は話します。

そして瀬田は千春の父から千春が洋画を習っていたことを聞いており、もう習わないのか尋ねます。

千春の父は、千春が洋画を意欲的に習っていたため嫁いだ後も習わせてあげるよう瀬田に頼んでいたのです。

千春は仕事でもないただの趣味のためにお金を使うのは気が引けると言うと、瀬田は千春のためになることならば、なんでも自

分はしてあげたいと伝えます。

25話ネタバレ③ 夫である瀬田を侮辱すことは許せない千春

二人で手を取り合っていると、以前舞台鑑賞した時に会った夫人に声を掛けられました。

夫人は千春を他の人にも紹介したいと千春を連れ出そうとします。

瀬田は千春に軽く謝罪し、愛想良くしてくれると今後の仕事が助かると伝えます。

千春も瀬田のために自分が何かすることを望んでおり快く承諾します。

瀬田に言われた通夫人達の前で愛想良くしたものの疲れてしまった千春に男が声を掛けて来ました。

千春は自分は妻として来ており瀬田の妻であることを伝えると、男は嘲笑うような返答をします。

その返答に苛立ちを覚え男にその言い方はなんなのかと問い詰めます。

男は苦笑いしながら意味はないと誤魔化しますが、千春は男の対応がとても失礼だったことを伝え謝罪を要求します。

さすがに男も言い返せず千春に怒りをぶつけ手を出します。

25話ネタバレ④ 助けに来た武道を嗜む女⁉︎千春の力が必要?

倒れ込む千春の元へ一人の女性がやって来ました。

自分より弱い者に手を出すなんて仕様もないと男の手首を捻りあげます。

千春は女性に礼を言い、今したことをどうやったのか尋ねます。

女性は武道を嗜んでいると伝えます。

女なのにと驚く千春に、千春だって自分お同じくらい気が強いだろうと笑います。

女性は、男に負けない千春の様な女性が必要で力を貸して欲しいと話します。

「離縁は致しかねます!」26話ネタバレ|感動も束の間‼︎瀬田と史子は史子は知り合い??

「離縁は致しかねます!」の26話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

26話ネタバレ
  • 熱心に話す千春と怒りでいっぱいの瀬田
  • 千春のやきもちにお預けをくらう瀬田
  • 瀬田と史子は知り合いだった⁉︎

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

26話ネタバレ① 熱心に話す千春と怒りでいっぱいの瀬田

家に戻ると千春は興奮して瀬田に助けてくれた女性の話しをします。

女性は普段は和歌の教室を開いているが女性のための人権運動をしており、教室の生徒と論議や雑誌に寄稿など活動していました。

千春が熱心に話しますが、瀬田の頭の中には千春に手を出した男への怒りでいっぱいです。

千春に話しを聞いてないことに気付かれ、質問をと女性の名を尋ねます。

女性は平岡史子といい、聞いたことのない名でした。

瀬田は自分のことを棚にあげ怪しいと思いつつも、千春が気になるなら行くように勧めます。

千春は瀬田にも一緒に行かないかと誘いますが、その様な活動をしている女性達からよく思われないからと行くのを渋ります。

千春は、これ以上モテてどうするつもりだと拗ねてしまいます。

26話ネタバレ② 千春のやきもちにお預けをくらう瀬田

瀬田が言った良く思われないは恋愛の意味ではありませんでしたが、勘違いしやきもちを焼く千春が愛しく抱き寄せ口づけをします。

瀬田は千春に触れますが、千春はまだ自分から頼んでいないと約束の話をし瀬田を止めます。

瀬田は頼むようにしてやると愛撫を続けますが千春はなかなか言いません。

我慢できなくなった瀬田は千春にお願いはしないのか聞くと、千春はにんまりと笑い仕返しのように行為を止め衣服を整えてしまいます。

項垂れる瀬田を笑う千春ですが、後に抱きたいと思ってもらえるうちに抱いてもらえばよかったと悔やむことになるのでした。

26話ネタバレ③ 瀬田と史子は知り合いだった⁉︎

千春は史子に招かれ活動を見学に行きました。

そこには皆の前で熱心に話している史子の姿がありました。

この時の千春にはまだ自分が史子に会ったことを悔やむとは思いもしませんでした。

活動終了後、史子が千春の元へ感想を聞きにやって来ました。

千春は皆の前で堂々と話す史子に感動したことを伝えます。

史子はその話しを聞き、自分は男を許容できないと話し始めます。

男はどれだけ優秀な女がいたとしても自分の方が偉いと思ってる、自分の妻を奴隷の様に思って扱ったり、そのせいでどれだけ女性が苦しんできたかと言います。

千春はその話しを聞き、遠慮がちに否定します。

自分の夫はそんな人間ではないと言いました。

それを聞き史子はぜひ会ってみたいと言うと、千春の後ろから聞き覚えのある声がします。

振り返るとそこには瀬田がおり、千春を助けてくれた礼を言いに来たと言うのです。

千春は史子に瀬田を紹介しようとすると、史子は瀬田を下の名前で呼び、頬を赤らめ久しぶりと知り合いのように話し掛けます。

瀬田も史子の顔を見て驚きを隠せませんでした。

「離縁は致しかねます!」27話ネタバレ|本当に何もない?史子が気になる千春‼︎

「離縁は致しかねます!」の27話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

27話ネタバレ
  • 瀬田と史子は昔からの知り合い⁉︎
  • 瀬田と史子の関係は?応えてくれない瀬田
  • 瀬田の部下と千春が急接近??その訳は?
  • 負けたくない!史子に張り合おうとする千春

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

27話ネタバレ① 瀬田と史子は昔からの知り合い⁉︎

瀬田と史子の様子を見て、千春は二人の間に何かあったのではと察します。

瀬田が黙っていると、史子は自分が変わってしまったから分からないのも無理はないと話します。

瀬田は慌てて聞いた名と名字が違ったから驚いただけだと説明します。

史子は以前に結婚し、そして離縁しており今は理由があり別名を名乗っているとのことでした。

二人の会話に思わず千春は間に入り、二人は相識なのか聞きます。

瀬田は古い知り合いだと言い、史子もまさか千春の夫が瀬田とは思わなかったと話します。

そこへ瀬田の部下が、ここへ来たのは先日千春を助けてくれた礼たと伝え、御礼の品を渡します。

瀬田と千春が帰ろうとするのを史子は引き留めますが、瀬田は予定があると言い帰ります。

史子は千春にまた来る様伝えました。

27話ネタバレ② 瀬田と史子の関係は?応えてくれない瀬田

車に乗り、千春は早速史子との関係を聞きます。

一瞬の間があったものの、昔仕事で通っていた店の娘だと説明します。

千春は納得できず更に問い詰めますが、瀬田はそれしか説明してくれません。

瀬田には過去多くの女性関係がある故その女性と会う機会もあったが、今までの女性と比べ史子に対する瀬田の反応は違うものでした。

千春はこんなに平静さを失う瀬田を見たことがなかったのです。

千春がもやもやと考えていると瀬田が突然千春に口づけをします。

動揺する千春に可愛くてついしてしまったと話します。

そして今から千春と甘味を食べに行こうと言います。

千春は先ほど用があると言っていたことを聞きますが、千春と過ごすことだと説明します。

千春は瀬田に聞いたところで何も教えてくれないだろうと諦めます。

27話ネタバレ③ 瀬田の部下と千春が急接近??その訳は?

瀬田が何も言わないのならばと、千春は瀬田の部下に聞くことにしました。

部下は自分からは言えないし、瀬田に千春と接近しているのを見られても困ると伝えます。

ですが千春は他言しないし、瀬田は風呂に入っているから大丈夫だと譲りません。

部下は千春の頑固さに諦め、千春の問いに答えます。

自分は雇われて八年経つが史子のことは知らない、なのでそれよりも前からの知り合いということしか分からないと伝えます。

ただ部下も今日の瀬田の反応がいつもと違うと思っており千春が気にしてしまうのも分かるが、瀬田が好きなのは千春だと話していると途中で声を掛けられます。

瀬田が風呂から出てきてしまったのです。

部下が部屋を出ると、千春にもう寝ようと話します。

千春は瀬田が部下との話を聞いていただろうに、何も言ってこないとで余計に二人の関係が気になってしまいます。

瀬田は溜息をつき誤解は解けそうにないと思いつつ、本当に何もないと伝えます。

27話ネタバレ④ 負けたくない!史子に張り合おうとする千春

千春は史子の集会に行こうとすると瀬田に止められます。

史子が誘ってくれたことはもちろんですが、このまま行かないと自分が惨めに思えてしまい行かなければと思っていたのです。

瀬田は史子たちと千春では思いが違うと話します。

史子たちは警察をも恐れずに権利を主張しているのです。

「離縁は致しかねます!」28話ネタバレ|驚愕の史子の過去‼︎未だ分からぬ二人の関係

「離縁は致しかねます!」の28話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

28話ネタバレ
  • 瀬田に苛立つ千春‼︎反対を押し切り集会所へ
  • 千春が聞いた史子の悲しい過去
  • 何も気にならないくらい深い仲になりたい‼︎

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

28話ネタバレ① 瀬田に苛立つ千春‼︎反対を押し切り集会所へ

瀬田は千春が史子との関係が気になり集会へ行こうとしていることに気付いており、私的感情で行くのはよくないと話します。

千春は図星をつかれつつも、女性の立場には自分も思うところがあるから参加したいと主張します。

瀬田こそ自分と史子のことがバレたくないから行かせないんじゃないかと聞くと、瀬田は呆れたように勝手にしろと言ってしまいます。

千春は前は自分がやきもちをやくと喜んでいたのにと苛立ち、集会所に向かいます。

28話ネタバレ② 千春が聞いた史子の悲しい過去

史子の元へ行くものの今日は集会はなく和歌の教室だけでした。

史子の場所を聞いた千春は史子に会いに道場へ行きます。

道場には瞑想する史子の姿がありました。

その姿に千春が見惚れると、史子が千春に気が付きます。

史子は集会がないことを謝罪しつつ、来てくれたことに礼を言います。

千春は意を決して史子になぜ名前を偽っているのか尋ねました。

史子が名を偽っているのは父親と夫から逃げているためでした。

史子は離縁したと思っているため、そう説明しているが実際には父親も夫も離縁を認めていなかったのです。

史子は夫から耐えがたい扱いを受けており、父親に相談しても女は耐え忍ぶように言われてしまいます。

でも耐えるには厳しすぎる日々で逃げ出してきたと言うのです。

この集会所には同じ様な人が多くいると史子は話します。

千春はだから男のことをよく思っていなかったのかと思います。

28話ネタバレ③ 何も気にならないくらい深い仲になりたい‼︎

史子はこんな話ではなく瀬田との話を聞きたかったのではと千春に尋ねます。

千春の答えを待たずに、もう知っているのかと聞く史子に千春は過去のことは気にしないとすました顔で言いました。

史子はそれなら良かったと言い、瀬田に手紙を渡して欲しいと頼みます。

手紙には集会の資金源を瀬田に援助して欲しいと書いてあることを史子は言い、気になるのならば読んでもいいと話します。

千春は寝室で史子を思い出し、葛藤しつつも手紙を引き出しにしまいます。

千春は自分の心の弱さに情けなくなります。

瀬田が寝室に戻ると千春はもっと瀬田と深い仲になりたいと思い、抱いて欲しいと頼むのでした。

「離縁は致しかねます!」29話ネタバレ|抱いてくれない瀬田‼︎涙を流す千春‼︎

「離縁は致しかねます!」の29話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

29話ネタバレ
  • 千春の申し出を断り抱かない瀬田
  • 葛藤する千春!!渡せない手紙
  • 千春の気持ちを聞き相談に乗る巽

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

29話ネタバレ① 千春の申し出を断り抱かない瀬田

突然の千春の申し出に驚きつつも、瀬田は千春を布団に押し倒します。

そして、抱いていいのか千春に聞きます。

千春は自分から頼んだことだと言いますが、瀬田は後ろを向き今の千春を抱く気には慣れないと伝えます。

まさか断られると思っていなかった千春は瀬田に疑問をぶつけます。

千春は自分に抱かれたいと心から思っているわけではなく、史子へのやきもちから言っていることに瀬田は気付いていたのです。

瀬田に今の千春と自分が好きな女は違うように言われてしまい、千春は声を荒げ寝室を出ていくしかありませんでした。

千春は恥ずかしながらも頑張って抱いて欲しいと言ったのに無下にされ、自分と史子を比べ涙を流します。

29話ネタバレ② 葛藤する千春!!渡せない手紙

翌日、千春は史子から預かった手紙を瀬田に渡せなかったことを悩みます。

女性たちのためにも早く渡さなければと思っているのに、もし史子が瀬田に会う約束の手紙だったらと考えてしまい渡せずにいました。

悩んでいると梅から声を掛けられます。

29話ネタバレ③ 千春の気持ちを聞き相談に乗る巽

巽がやってきました。

瀬田が巽に仕事の話をしており、時間がある時に来て欲しいと言われて来たのですが、あいにく瀬田は留守にしておりました。

千春は少し悩んだものの巽に思い切って相談をします。

好きなことを忘れられないことはあるのか?もしその人とたまたま会ってしまったら、また好きになり結婚したいと思うのだろうかと巽に聞きました。

巽は千春を忘れられなかった自分に聞くのかと驚きつつも、好きになる場合もそうではない場合どちらも可能性はあると答えます。

でも心中までは分からないから信じるしかないと話します。

続けて巽は、瀬田は信じてもいいと思うと言いました。

千春は巽の話を聞き、自分の胸に手を当て考えます。

そして出かける準備をし梅に声を掛けました。

「離縁は致しかねます!」30話ネタバレ|史子の夫が‼︎震える史子を千春が守る‼︎

「離縁は致しかねます!」の30話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

30話ネタバレ
  • 瀬田を信じると決めた千春
  • 声を荒げる男から史子を守る千春‼︎
  • 千春を助けにきた瀬田‼︎抱き合う二人
  • 史子に謝りに来た夫

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

30話ネタバレ① 瀬田を信じると決めた千春

千春は梅に手紙を渡してもらうように頼みます。

離婚届と勘違いする梅に、史子から預かっていた手紙だと伝え、史子のところへ出かけます。

千春は史子を尊敬しているが故、自分と比べてしまい嫌な気持ちになってしまうだろうと考えました。

それは自分にも相手にもよくないと思い、もう史子の活動には参加できないと決め伝えに行くのでした。

史子から預かった手紙も千春は中を見ませんでした。

瀬田のことも史子のことも信じると決めたからです。

30話ネタバレ② 声を荒げる男から史子を守る千春‼︎

史子の元を訪ねるも誰もいません。

ですが、どこからか声がします。

声がする方へ行ってみると男が史子の胸ぐらを掴み怒鳴り散らしていました。

千春は慌てて止めに入り、史子の心配をします。

恐怖からか震える史子を見て、史子なら初めて会ったとき男にしたように抵抗できるはずのなのにと考え千春は気付きます。

男は史子の夫でした。

男は夫婦のことだから千春には関係ないと言い、史子の腕を引っ張ります。

千春はまたも止めに入り、話を邪魔する気はないが今日は一度帰って欲しいと頼みます。

男は史子が逃げ出したらどうするんだと怒ります。

その話しを聞き千春は男に言いました。

なんでそんなに声を荒げるのかと。

震える史子と声を荒げる男ではまともな話し合いが出来るわけがないと説明し、男に帰る様に話します。

震えながらも史子を守ろうとする千春の胸ぐらを男が掴み寄せます。

30話ネタバレ③ 千春を助けにきた瀬田‼︎抱き合う二人

千春は思わずぎゅっと目を瞑りましたが、手が離されます。

疑問に思い目を開けてみると、そこには瀬田の姿がありました。

瀬田は男の髪を掴み、千春に触らないよう言い睨みつけます。

瀬田は梅から千春の様子が気になったと聞き、慌てて追いかけてきたのでした。

瀬田は千春にもし何か起きたらと不安で仕方なく、安心のあまり千春を抱きしめました。

瀬田の腕の中で、千春は自分をこんなに想ってくれている瀬田を信じられなかったことを悔やみます。

30話ネタバレ④ 史子に謝りに来た夫

史子の夫をどうするかと、瀬田の部下が聞きます。

瀬田は警察に任せるよう言いますが、意気消沈した史子の夫が話し出します。

史子の夫は結婚生活での史子への態度を謝罪し家に帰ってきて欲しいと言います。

瀬田はそんな言葉信じられないと口を出しますが、千春に止められます。

瀬田は史子に、夫と話す気があるのか聞きます。

史子が望むならば瀬田と千春も一緒に話しを聞くと伝えます。

史子はその言葉を聞き瀬田に頼みます。

こちらの記事も人気です