漫画「カンスト突破」ネタバレ全話まとめ|無料で読めるか調査した結果

漫画「カンスト突破 」の続きが気になる!という方へ向けて、最終回の結末ラストまで無料で読む方法はあるのか調査しました。

また、この記事では「カンスト突破 」の結末までシナリオをしりたい!という方に向けてネタバレ内容をご紹介していきます。

■タップしてすぐに読める目次

漫画「カンスト突破 」の全話をスマホアプリで最終回まで無料で読めるか調査した結果

漫画「カンスト突破 」は、美山薫子によって描かれたLINEマンガです。

無料で10話まで読むことができますが、11話以降は課金購入が必要となります。

漫画「カンスト突破 」は漫画バンクや漫画rawで無料で読めるの?

残念ながら、漫画バンクや漫画rawといった違法サイトでも読むことはできないようです。

しかし、無料で読んだ以降が気になる!という方に向けてあらすじをネタバレ解説していきます。

LINE漫画の「カンスト突破」の韓国版を見る方法

カンスト突破は韓国マンガが原作となっているため、韓国版であれば無料で先読みすることができます。

ただし、セリフがすべて韓国語になっていますので、ほとんどの人はスラスラ読むことが難しいはずです。

そこで、カンスト突破の続きのシナリオについて解説していきたいと思います。

カンスト突破1話ネタバレ|3000年閉じ込められて最強になってしまった宗助

「カンスト突破」の1話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

1話ネタバレ
  • 突然の轟音とともに出現したモンスターに驚く宗助
  • 宗助はモンスターから逃げようとするが足を切断される
  • 謎の空間に移動させられてモンスターに殺される宗助
  • 宗助は3000年の時を経てステータスがカンストする

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

1話ネタバレ① 突然の轟音とともに出現したモンスターに驚く宗助

19歳、大学生の皆本宗助はコンビニでバイトをしながら、自分の人生に苛立っていました。

宗助は「いつも同じ日常、毎日見飽きたなんの面白みもない風景」に退屈しています。

すると突然鳴り響く轟音。宗助は慌てて店の外に出てみると、そこには巨大なモンスターたちが街中に出現していました。

1話ネタバレ② 宗助はモンスターから逃げようとするが足を切断される

宗助は驚きつつ「夢なのか?いや、そんなはずねぇ。確かに現実だ」と半信半疑で、パニックになりながらも全力でモンスターから走って逃げる宗助。

宗助は色々と疑問を抱えながら走っていると、途中で足がもつれて転んでしまいました。

転んだまま後ろを振り返ると、自分の足が遠くにあり、宗助は両足が切断されていることに気付きます。

すると宗助の耳には「人類覚醒プログラム発動」「覚醒テストを開始します」といきなり謎の声が聞こえるのでした。

1話ネタバレ③ 謎の空間に移動させられてモンスターに殺される宗助

その後、宗助はパソコンの中のホログラムみたいな空間に転移させられ、切断された両足は元に戻っています。

訳もわからぬまま「覚醒テストを開始します」とアナウンスが流れ、巨大で獰猛そうなモンスターが宗助の目の前に現れるのでした。

そして「テスト用モンスターへの攻撃を成功させよ」と指令された宗助は「無理に決まってんだろうが!」と叫びますが、容赦無く攻撃を仕掛けてくるモンスター。

宗助はあっという間に潰され「覚醒テストに失敗しました」「プレイヤーの肉体を再生します」という声とともに宗助の肉体は再生されるのでした。

1話ネタバレ④ 宗助は3000年の時を経てステータスがカンストする

疑問を叫ぶ宗助の声に反応して「テスト用モンスターに攻撃をして成功すれば終了し、現実世界に戻ることができます」「この場所では何度死んでも、身体が再生されます」と謎の声に説明されます。

そして勇気を振り絞ってモンスターに攻撃を当てる宗助。

「覚醒成功!『身体強化』スキルと能力値が生成されます」と無事に覚醒テストを終えることができました。

しかし「原因不明のエラーにより、あなたはテスト空間から出られなくなりました」と現実世界に戻れない宗助。

「覚醒テストを開始します」と再び現れるモンスター。死んだり、再生を繰り返すこと1週間…1ヶ月…1年。 時は流れ、地球での「人類覚醒の日」から10年。

「ダメージ測定不可能な爆発がサーバー内にて発生。システムの防壁が破壊されました」との警告とともに時空が割れ、その中から出て来たのは「覚醒クエスト期間3000年」を過ごし、全てのステータスが上限値最大の宗助でした。

「カンスト突破」1話の感想

大学に通い、コンビニのバイトをするという生活に退屈している大学生の皆本宗助。

バイト中に物凄い音が鳴り響き、外に出てみると巨大なモンスターたちが出現しています。

さらに謎の空間に飛ばされ、何度死んでも身体は再生させられ、その空間でモンスターを倒しながら3000年過ごすことになりました。

そして自身のステータスがカンストして空間を壊した宗助は、やっと現実世界に戻って来ました。それでも地球の時間で10年は経過しています。

宗助、精神力が尋常ではないくらい強いです。身体は元に戻っても精神は元には戻らないみたいなので、よく3000年も耐えられたなと読んでいて驚きました。

しかし最強になった宗助は一体これから何をするのでしょうか?

カンスト突破2話ネタバレ|10年ぶりに地球に戻った宗助!母親を探しに行く

「カンスト突破」の2話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

2話ネタバレ
  • 10年経った街の様子にショックを受ける宗助
  • 宗助は母親を探しにB区集団移住セクターへと向かう
  • 宗助の姿を見て怯える自衛隊員
  • 大量のモンスターを一人で片付けた宗助に驚く紗枝

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

2話ネタバレ① 10年経った街の様子にショックを受ける宗助

現実世界に戻って来た宗助は「もしも現実世界に戻れたら…まず最初に何をするか欠かさず考えてきた」と、母親を探しに行くことにしました。

「地球時間で10年が経過しています」とシステムは宗助に言います。

自宅があった場所に向かい、悲惨な状態の街を見てショックを受ける宗助。

すると辺りを巡回していた自衛隊に声を掛けられた宗助。自衛隊の一人に「この地域は民間人立入禁止区域です。直ちに安全地域に避難してください!」と言われるのでした。

2話ネタバレ② 宗助は母親を探しにB区集団移住セクターへと向かう

宗助は自衛隊員にこの惨劇の経緯を尋ねると「10年前の『ダンジョン・ブレイク』のせい」だと答えました。

「じゃあ、ここに住んでた人たちは今どこに?」と隊員に聞く宗助。

「なんで知らないんだ」と思いつつも隊員が「皆さん亡くなりましたよ」と答え、言葉が出ない宗助。

しかし「当時、家の外にいて運良く生き残った人は、安全地帯に移住している」と言う隊員の言葉を信じ、宗助はその安全地帯である「B区集団移住セクター」へと向かうことにします。

2話ネタバレ③ 宗助の姿を見て怯える自衛隊員

するとB区集団移住セクター付近に待機していた自衛隊の「大木茂」中佐はギルドの援軍の到着が遅れていることに苛立ちながらも、部下に指示をしています。

そこに同じく自衛隊の「志村紗枝」中尉が訪れ、大木中佐の指示に疑問を持ち抗議しますが、中佐の指令は覆りませんでした。

そんな時、B区集団移住セクターに現れた宗助。自衛隊員たちを不思議なオーラで威圧し、宗助は奥へと進んで行きます。

それを見ていた紗枝は民間人を通すなと隊員に注意しますが、隊員の一人が「あの男、プレイヤーです」と驚いた様子でした。

2話ネタバレ④ 大量のモンスターを一人で片付けた宗助に驚く紗枝

そして空が割れ、そこから大量のモンスターが出現して辺りを襲っていきます。

宗助は構わず奥へと進んでいき、自分を狙ってくるモンスターたちを一撃で仕留め、まるで相手にしていません。

やっとのことで宗助に追いついた紗枝は周囲のモンスターの死骸を見て「戦闘機や戦車でも防げないようなダンジョン・ブレイクを、たった一人で片付けたっていうの!?」と驚きを隠せない様子でした。

「カンスト突破」2話の感想

地球の時間にして10年かけてようやく現実世界に戻ることができたのにも関わらず、悲惨な状態となっていた地球に驚く宗助。

母親のもとへ行くために宗助は住民の避難場所へと向かいます。その時に大量のモンスターが現れますが、宗助は簡単に倒していきます。 ステータスがカンストしているので、敵無し状態の宗助でした。

今回で新たに判ったのは、宗助の他にもプレイヤーと呼ばれる人間が存在することでした。

徐々にそのプレイヤーたちは出てくると思うので、どんな人たちなのか楽しみです!

カンスト突破3話ネタバレ|再開できた母親を目の前で殺されてしまう宗助

「カンスト突破」の3話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

3話ネタバレ
  • モンスターから逃げる少女を救う宗助
  • 宗助はボスモンスターを倒して街を守る
  • 再開を果たした母親を目の前で殺されてしまう宗助

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

3話ネタバレ① モンスターから逃げる少女を救う宗助

ボスモンスターが現れ、その大きさと迫力を前に腰が抜けてしまう紗枝。

すると紗枝の背後の路地から街の様子を伺いにくるB区の生存者たち。紗枝は「今のうちに彼らを非難させなきゃ」と生存者たちに逃げるよう呼びかけます。

ボスモンスターの雄叫びに恐怖した生存者たちは一斉に走り出し、その中で少女がつまづいて転んでしまいました。

するとその少女を狙った小型のモンスターが少女目掛けて襲いかかって来ますが、宗助はそのモンスターを一撃で葬り去って少女を守ります。

3話ネタバレ② 宗助はボスモンスターを倒して街を守る

そんな中、ボスモンスターが口から衝撃波を何発も街に向かって放ってしまいました。

それを防ぐために身体強化のスキルを発動する宗助。髪の毛は白髪になり、青白いオーラを纏っています。

宗助は全ての衝撃波を街の外へと弾き返し、それを見ていた紗枝はただただ驚くばかりでした。

次は一点集中型の大きな衝撃波を繰り出そうとするボスモンスター。

宗助はボスモンスターの目の前に立ち、放たれた衝撃波を思い切りボスモンスターへと弾き返してボスモンスターを消滅させるのでした。

3話ネタバレ③ 再開を果たした母親を目の前で殺されてしまう宗助

そして「もう疲れた…」とスキルを解除する宗助。

すると路地から女性が宗助に近寄ってきて「宗助…あんたなの?」と宗助に尋ね、振り向いた宗助は長い歳月を思い出しつつ「母さん…?」と枯れ果てていた涙を流します。

二人は長い時を経てようやく再開し、お互いに抱きしめ合い「一体今までどこにいたのよ!?」「母さんがあんたのこと…どれだけ捜したと思ってんの!」と息子に涙を流しながら言いました。

しかし次の瞬間、何者かの攻撃が母親の身体を貫通してしまい、宗助は「母さん…?」と言葉を失うのでした。

「カンスト突破」3話の感想

ボスモンスターでさえもそんなに苦労することなく倒してしまった宗助。さらに住民を助け、街への被害も最小限に食い止めるほどの余裕さ。

そしてボスモンスターを倒した後、母親と無事に再開することができたのですが、なんとモンスターの残党か何かに母親を殺されてしまいました。

宗助は体感3000年の時を過ごしてようやく母親に会えたと思ったら、無惨にも目の前で殺されてしまうという悲しい結末になってしまいました。

目的が無くなってしまった宗助はこの後どうするのでしょうか? 次回も気になります!

カンスト突破4話ネタバレ|母親を失った宗助はモンスターを狩り続ける

「カンスト突破」の4話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

4話ネタバレ
  • 宗助は怒りに身を任せてモンスターを狩り続ける
  • 宗助を説得して寄り添おうとする紗枝
  • 意識の戻らない母親に挨拶をして仕事へ向かう宗助

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

4話ネタバレ① 宗助は怒りに身を任せてモンスターを狩り続ける

モンスターの攻撃により母親を刺されてしまい、続けて宗助を狙うモンスターを横から退治する紗枝。

「自分の屍を乗り越えて強くなった。それなのに一番大切な人すら守れなかった」と絶望する宗助。

宗助は母親に呼びかけ「泣かないで…宗助、大好きよ…」という言葉を最後に宗助の母親は意識を失ってしまいました。

それから1ヶ月後。ダンジョンを片っ端からクリアしていっている宗助は軍で話題になっており、近場のダンジョンは全て壊滅状態です。

そのせいでギルド側は仕事を取られていると不満の声が高まっており、そんな状況下で中佐の大木は「これ以上騒ぎになる前に、小僧を連れてこい」と紗枝に指令を出すのでした。

4話ネタバレ② 宗助を説得して寄り添おうとする紗枝

そして怒りのままにダンジョンをクリアしていく敵無しの宗助。

ある雨の夜、瓦礫に腰掛けている宗助のもとに紗枝が訪れ「皆本さん、ずいぶん捜したんですよ」と宗助に傘をさしてあげました。

紗枝は自己紹介をし「一定の時間が経つと現れるダンジョンを全て破壊することはなんの意味もない」と告げ「このままじゃ、単なる八つ当たりに過ぎない」と宗助に話します。

宗助は「3000年の時間をかけてやっと戻ってきて、目の前で母親が殺されて、このまま黙って見てろと言うのか?」と言って去っていこうとしますが、そんな宗助に「復讐するなら私が力になるから、私と一緒に来てください!」と紗枝は気持ちを伝えて説得するのでした。

4話ネタバレ③ 意識の戻らない母親に挨拶をして仕事へ向かう宗助

6ヶ月後。意識の戻らない母親は病院のベッドで横になっており、そんな母親に「母さん…俺、公務員になったんだ。しかもかなり偉い地位にいるんだよ…」と話しかける宗助。

「だからあまり来れなくなるけど、体調こじらせたりしちゃダメだかんな?」「それじゃ、行ってきます」と意識の戻らない母親に挨拶を済ませ、大勢の部下に見送られながら、宗助はダンジョンへと向かうのでした。

「カンスト突破」4話の感想

宗助の母親は死んでしまったと思ったのですが、意識不明となっており、どうやら命は落としていないみたいです。

そんな中で宗助は紗枝のいる組織に入り、たくさんの部下に見送られながらダンジョンへ向かっていきます。

ダンジョンは時間が経てば再び現れること、またその原因が気になるところです。さらに、どうしてこのようなことが地球に突然起こったのか…

気になる謎はたくさんあるので、早く続きを読んでいきたいと思います!

カンスト突破5話ネタバレ|白石に狙われる宗助!宗助は捕まってしまうのか

「カンスト突破」の5話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

5話ネタバレ
  • ある男に宗助を引き抜くように命じられた白石
  • アルバトロスに一人で立ち向かう宗助
  • 副リーダーは宗助を捜しに来た白石にやられる
  • 遠いどこかの地で怪しく笑う白髪の男

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

5話ネタバレ① ある男に宗助を引き抜くように命じられた白石

ある日、調査リーダーの白石はある男に呼び出されてバーにいました。「用件だけを手短にお願いします」と白石。

男は「あいつ」と皆本宗助のことを指し、宗助のせいで自分の事業に大きな支障が出ていることを白石に話し始めます。

そして男は「指令だ。奴に接触を図り、チームリーダークラスの待遇でこちらに引き抜いてこい」と白石に告げ、白石は了承してその場を去っていくのでした。

5話ネタバレ② アルバトロスに一人で立ち向かう宗助

五つ星ダンジョン「怪奇鳥の巣」にやってきた宗助とその部下たち。

全員入り口で待機するようにと部下たちに命じた宗助はシステムにボスの位置を確認させ、ひとり飛び立っていきました。

ボスに辿り着くまでに何百というモンスターを蹴散らし、ボスの「アルバトロス」に辿り着いた宗助。そのままアルバトロスと戦闘を開始します。

その様子を遠くから見ていた部下たち。宗助の強さに感心しつつも、副リーダーを筆頭に部下たちは魔石を回収するために動くのでした。

5話ネタバレ③ 副リーダーは宗助を捜しに来た白石にやられる

その時、塞がっているはずのダンジョンの入り口が開いていることに気付く副リーダー。

すると入り口から短剣が飛んできて、間一髪で避ける副リーダー。しかし何者かに刀で切られて副リーダーは倒れてしまいました。

そして入り口からぞろぞろと白石を筆頭とした集団が現れ、宗助を捜しています。

その頃、宗助は強大な攻撃を仕掛けてくるアルバトロスと戦闘中です。その爆音がダンジョンに鳴り響き、その音が聞こえた白石は「どうもこの中にはいないみたいだな」と宗助の部下たちに言い「あいつが現れるまで、お前ら全員殺すとしよう」と臨戦態勢に入るのでした。

5話ネタバレ④ 遠いどこかの地で怪しく笑う白髪の男

遠いどこかの地で「彼が来た!」と怯えた様子で「亀裂のせいじゃないか?」「一刻も早く、その亀裂について調べなくては!」「さぁ行くのだ、彼に会いに!」との会話が繰り広げられています。

白髪の男は周りに誰もいない崖の上で、怪しく笑っているのでした。

「カンスト突破」5話の感想

宗助は組織で活躍しているという状況ですが、戦闘は一人で行い、その他の回収作業などを部下たちがやっている感じでした。

正直、宗助一人がいればモンスターの相手は十分なので、こういう形になるのも当然だと思います。

そして白石が宗助を引き抜くためにダンジョンに突入してきて、早々に副リーダーが切られてしまうという可哀想な副リーダー。

これは死んでしまったパターンなのか分かりませんが、白石は宗助の部下たちを全滅させるつもりみたいなので、宗助には早めに部下たちの元へ戻って来てもらいたいところです!

カンスト突破6話ネタバレ|宗助に圧倒されながらも勧誘を試みる白石

「カンスト突破」の6話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

6話ネタバレ
  • 部下の危機を知った宗助は急いで駆けつける
  • 宗助を前にして強大な威圧感に怯える白石
  • 部下たちの仇を取って静かに怒る宗助

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

6話ネタバレ① 部下の危機を知った宗助は急いで駆けつける

宗助はアルバトリオンとの戦闘で、新たに固有特性「属性抵抗Sランク」を取得し、見事アルバトリオンを撃破しました。するとアルバトリオンが丸くて黒い玉を落とし、宗助はシステムに玉のことを尋ねます。

システムは「デイストーンです」と答えますが、それ以上のことはシステムがオフラインモードのため何も分からなかった宗助でした。

そして突然警告アラートが鳴り、宗助はダンジョンの入り口付近で戦闘が行われていることを知り、急いで駆けつけます。

6話ネタバレ② 宗助を前にして強大な威圧感に怯える白石

その頃、白石は宗助の部下を全滅させ、白石の部下からボスモンスターが撃破されたとの情報を聞き、白石は爆音の原因は宗助とボスモンスターの仕業だと確信しました。

そして白石たちが宗助のもとへ向かおうとしたところ、宗助が到着します。

「ずいぶん捜したぞ」という白石に強烈な威嚇をする宗助。その宗助を前にした白石は、宗助の強大な威圧感に震えが止まりません。 白石に「あんたらが盾のギルドか?」と問う宗助。

「チームリーダー程度のレベルじゃ見合わねぇ…」「主要幹部の座を明け渡してでも、必ず味方に付けるべきだ!」と思わざるを得なかった白石は「望むなら、なんでも準備しよう」と宗助を盾のギルドに勧誘します。

6話ネタバレ③ 部下たちの仇を取って静かに怒る宗助

この世界での大型ギルドでのチームリーダーの最低年俸は3億。さらに国家ですら簡単に干渉できなほどの強力な権力を保持するほどです。大型ギルドからの勧誘というのは、プレイヤーなら誰もが羨ましがる魅力的な提案なのでした。

宗助は「一つ聞きたいことがある」「B区集団移住セクターは盾のギルドの管轄か?」と白石に尋ねます。

白石は自身ありげに「そうだ、そこだけでなく、うちのギルドでは…」と答えますが、宗助は白石の話を遮り、殴り飛ばしました。

「何をするんだ!」と言う白石の部下たちに「部下の仇討ちだ」と答える宗助。

宗助は「言っとくが、俺個人の感情とは『全く』関係ねぇかんな」と静かに怒るのでした。

「カンスト突破」6話の感想

初めて宗助を目の当たりにした白石は、あまりの威圧感に震えが止まりませんでした。

大の大人、しかも訓練を受けているであろう白石ほどの男が震えるほどの威圧感を味わったことがないので分かりませんが、相当なものなのでしょう。

そして宗助は盾のギルドの管轄を聞き、白石を殴り飛ばしてから部下の仇討ちだと言っていました。

しかし宗助は盾のギルドが管轄をしっかりと守らなかったせいで、自分の母親がモンスターにやられたと紐づけたのでしょう。 宗助はこの勧誘を断ると思いますが、その後の展開が楽しみです!

カンスト突破7話ネタバレ|白石から話を聞いた長谷川!宗助の抹消を企む

「カンスト突破」の7話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

7話ネタバレ
  • 宗助にギルドの精鋭と共に全滅させられた白石
  • 長谷川は宗助を抹消しようと企む
  • アップグレードしてシステムを強化した宗助

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

7話ネタバレ① 宗助にギルドの精鋭と共に全滅させられた白石

盾のギルド。それは日本で最高最強ののギルドで、高ランクダンジョンが密集する首都圏を守り抜いた、まさに日本の盾。 ギルド員の人数は5千人にも達し、日本に3人しかいないSランクプレイヤーが所属するキルドです。

宗助の勧誘に万が一に備えてギルドの精鋭を引き連れて行った白石は、いとも簡単に宗助に全滅させられてしまいました。

7話ネタバレ② 長谷川は宗助を抹消しようと企む

盾のギルド・オフィス街のビルにて、宗助に返り討ちにされた白石に会いに来た長谷川理事。

ベッドで意識を失っている白石から詳しい話を聞くために薬を打ち、強制的に白石を起こします。

ダンジョンでの出来事と、宗助の強さを語る白石。そして宗助を盾のギルドにスカウトできると思うかと尋ねる長谷川に「無理でしょうね。しかもうちのギルドに強い敵意を抱いている」と白石は自分の意見を述べました。

話を聞き終えた長谷川は白石にゆっくり休むようにと告げ、病室を出ていきます。

「他のギルドが手に入れてしまう前に、始末せざるを得んな」と長谷川は副ギルドマスターに宗助の抹消命令を出すのでした。

7話ネタバレ③ アップグレードしてシステムを強化した宗助

その頃、宗助はダンジョンでモンスターを倒しており、システムにデイストーンのことを尋ねていました。

「私がデイストーンを吸収すれば、システムのアップグレードとダンジョンの根源に迫ることが可能です」とシステムは宗助に答えます。

それを聞いた宗助は、デイストーンをシステムに吸収させるのでした。

同時刻、白髪の男が宗助を捜しに街に降りてきて聞き込みをしています。そしてシステムがデイストーンを吸収したとき、白髪の男はそれを感じ取ったのか「やっと見つけた、宗ちゃん!」と微笑んでいました。

「カンスト突破」7話の感想

白石に宗助の勧誘を任せた男は、白石の上司で理事の地位に就いている長谷川という男でした。

そして白石から話を聞いた長谷川は「自分のものにできないなら。自分を守るために」と宗助を消す選択します。

やはり長谷川という男は、金のために動いている人物なのでしょうか?さらに名前だけの登場でしたが、ギルドマスターという人物も放っておけません。

最後に白髪の男が宗助を探していて、宗助の知り合いを匂わせていたので、宗助とどのような関係なのかも気になるところです!

カンスト突破8話ネタバレ|宗助を捜す謎の男!ついに宗助の前に姿を現す

「カンスト突破」の8話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

8話ネタバレ
  • 大木中佐の言いつけで徒歩で基地へと向かう宗助
  • 宗助は尾行してきた謎の人物に動揺する
  • 副ギルドマスターの五十嵐に依頼をしにきた長谷川
  • 久しぶりに顔を合わせる五十嵐と副総理の工藤

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

8話ネタバレ① 大木中佐の言いつけで徒歩で基地へと向かう宗助

デイストーンを吸収したシステムに新しい機能として「人物分析機能」と「感情表現機能」が追加されました。

人物分析機能は対象の個人情報や能力値、感情表現機能はただシステムの感情を表すだけというもので、宗助は少々呆れ気味です。

ダンジョンから空を飛び、ビルの屋上に着地した宗助は「基地に来る時は人目に付くから飛ばずに徒歩で来て欲しい」と大木中佐に言われているため、バスで基地へ向かうのでした。

8話ネタバレ② 宗助は尾行してきた謎の人物に動揺する

何者かに尾行されている気配を感じる宗助。しかしその気配からは敵意を感じられず、システムの人物分析機能を宗助のことを尾行している人物に使用しますが、エラーが出てしまいました。

そしてバス停でバスを待つ宗助の前に姿を現した尾行者。宗助が初めて見る人物で、彼はなぜか笑顔です。

バスに乗り込み、一番奥の席に座ってさっきの人物を確認しますが、その人物の姿はありません。

宗助がふと横を見ると、その人物が笑顔で宗助の隣に座っており、さすがの宗助も動揺していました。

8話ネタバレ③ 副ギルドマスターの五十嵐に依頼をしにきた長谷川

四つ星ダンジョン「ジャイアントスネイクの沼地」で一人の男がジャイアントスネイクを一斬りで真っ二つにしました。

赤い長髪で左目に傷、身の丈ほどもある大きな剣を持つその男は、何者かの気配を察知して自身の巨大な剣を気に向かって投げつけます。

するとそこから顔を出したのは長谷川で、副ギルドマスターであるこの男「五十嵐士」に宗助の抹殺を直接依頼しにきました。

そして五十嵐に白石の話をした長谷川。五十嵐は「なかなか面白そうじゃねぇか」と珍しく興味を示し、詳しい話を長谷川に求めます。

8話ネタバレ④ 久しぶりに顔を合わせる五十嵐と副総理の工藤

そしてギルドのビルの官邸執務室。周りにはたくさんの人が血だらけで倒れており、その部屋の椅子に腰をかけているのは副ギルドマスターの五十嵐です。

官邸執務室を尋ねてきた副総理の「工藤梓」に「お久しぶりです、梓さん」と五十嵐は不敵な笑みを浮かべて挨拶するのでした。

「カンスト突破」8話の感想

新キャラが続々と出てくる回でした。

まずは宗助を探していて、ついに宗助の目の前に現れた謎の白髪の男。いまだに謎だらけです。

次に副ギルドマスターの五十嵐士。全長いくつか分からないほどの巨大なヘビを一撃で仕留めていたので、かなりの強者ではないでしょうか。 しかしなぜ味方のビル内で味方を倒したのか、その答えはまだ明かされませんでした。

最後に副総理である工藤梓。五十嵐に会いに来たみたいですが、一体何の用件なのか気になります。

この中でも特に気になるのは謎の白髪の男でした。宗助の知り合いかと思いきやそうではなかったので、早く正体を明かして欲しいところです!

カンスト突破9話ネタバレ|五十嵐を逃してしまった梓!宗助に迫るギルドの闇

「カンスト突破」の9話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

9話ネタバレ
  • 反逆罪で五十嵐を捕まえようと戦う梓
  • 梓はギルドの企みを見破って五十嵐を仕留めにかかる
  • 副リーダーの柳と勝負をすることになった謎の男

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

9話ネタバレ① 反逆罪で五十嵐を捕まえようと戦う梓

工藤梓はこの国の副総理にして、Sランクのプレイヤー。

プレイヤーとして最高の能力を得るも、さらに多くの人々を救うためにプレイヤーとしてではなく、政治家の道を選んだ人でした。

3年ぶりの再会を果たした五十嵐と梓。

梓は自分の部下が酷い仕打ちを受けた怒りや、五十嵐の目的を探るべく、テレポートのスキルを使って五十嵐と共に誰もいない海岸へとワープをします。

腕が鈍ってなさそうだと喜ぶ五十嵐。そんな五十嵐に「反逆罪の現行犯でお前を拘束する」と梓は武器を構えるのでした。

9話ネタバレ② 梓はギルドの企みを見破って五十嵐を仕留めにかかる

その頃、自衛隊基地に到着した宗助。謎の男も宗助の後をついてきます。

宗助が基地の中へと入っていき、その後に続こうとする謎の男。入り口で警備に止められるのを見ていた宗助はため息をつくのでした。

海岸にて、梓に宗助の身柄を要求する五十嵐。梓は「皆本がいることでギルドの必要性が薄くなり、収益に関わってくる。仲間に引き入れられないのであれば抹殺する」というギルドの汚い企みを暴きます。

梓は五十嵐を仕留めにかかりますが、五十嵐は梓が皆本宗助を渡す気がないと確信したので「帰還石」でその場から消えてしまい、梓は五十嵐に逃げられてしまうのでした。

9話ネタバレ③ 副リーダーの柳と勝負をすることになった謎の男

自衛隊基地では、縄で縛られた謎の男が宗助の部屋の前に座り込んでおり、仕方なく宗助が自分をつけてきた理由を謎の男に聞きます。

「俺のこと知ってんのか?」と尋ねる宗助に「亀裂から出てきた者」と答える謎の男。続けて「そばで見守らなくちゃいけない」と言い出す謎の男に宗助は「俺のことを知っているだと?」と驚きの表情を隠せません。

「ということで、僕もここで過ごすことにするよ!」と言い出す謎の男に対して「自衛隊員じゃないとここにはいられない」と説明する副リーダーの柳。

柳が「皆本リーダーに生意気な口を叩くのを黙って見過ごせない」「俺に勝てたらチームに入れてやる」と謎の男に勝負を挑みます。

「カンスト突破」9話の感想

副総理の梓はSランクプレイヤーという強者ですが、五十嵐を逃がしてしまいました。

ギルドの企みを知った梓はどのように対処していくのでしょうか。

そして宗助のそばにいなくてはならないから、基地で過ごすことにすると言い出す謎の男。

しかしそれは自衛隊しかできないことで、勝負に勝てたら仲間に入れてやると言い出す副リーダーの柳。

とうとう謎の男の実力が明らかになります。謎の男は宗助を一方的に知っていて、宗助も誰もこの男については知らないみたいなので、次の話も楽しみです!

カンスト突破10話ネタバレ|宗助との戦いで実力を示して仲間になったフィ

「カンスト突破」の10話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

10話ネタバレ
  • 柳を助けに入った宗助にフィと名乗る謎の男
  • 宗助を認めさせて入隊を許可されたフィ
  • 五十嵐は国が危機に陥るほどの火竜を目覚めさせる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

10話ネタバレ① 柳を助けに入った宗助にフィと名乗る謎の男

五十嵐との戦闘を終えた梓は、宗助の強さを認めてはいるものの、五十嵐は宗助にとって相性が悪い相手だと焦っている様子でした。

一方その頃、自衛隊基地では入隊を賭けた柳と謎の男の勝負が始まり、柳が謎の男に飛びかかりますが、簡単に攻撃を弾かれ、カウンターで柳に一撃入れようとした謎の男の攻撃を宗助が止めに入ります。

そして「そういえば名前も聞いていなかったな」と宗助は謎の男に自己紹介をし、それに対して謎の男は「フィ」と名乗るのでした。

「相手の力を見極めるのも、実力のうちだぞ」と宗助は柳に告げます。

10話ネタバレ② 宗助を認めさせて入隊を許可されたフィ

その流れでフィは宗助に挑みます。

近くで宗助を見てきた隊員たちは「無謀にも程がある」と全員が思っていましたが、宗助に攻撃を仕掛けるフィでした。

戦いは続き、フィに吹き飛ばされる宗助。思っていたより強いと宗助が驚いていたところ、フィは手から衝撃波を放って周りを驚かせます。

「魔法ではなく、気か?」と尋ねる宗助に「そんな感じかな」と何発もの気を宗助に放つフィ。

そして放たれた気を全て防いだ宗助に、フィは呆気なく降参宣言をします。

しかし宗助は「終わらせるなんて一言も言ってねぇぞ?」と言ってフィを殴り飛ばし、隊員たちに「すまんが、これから下っ端の世話もよろしくな」とフィの入隊を認めるのでした。

10話ネタバレ③ 五十嵐は国が危機に陥るほどの火竜を目覚めさせる

東京郊外にある八つ星ダンジョン「火竜の巣」。世の専門家に「もしここの火竜が目を覚ませば、この国は建国史上最大の危機を迎えるだろう」と言われるほどの恐ろしい火竜がここに眠っています。

五十嵐はこの恐ろしい火竜の幼竜を殺し、眠っていた火竜を目覚めさせ、なんと火竜が地上に現れてしまいました。

「カンスト突破」10話の感想

謎の男はフィと名乗り、気を操って宗助を驚かせましたが、やはり宗介との力の差は歴然でした。

そして晴れて宗助に入隊を許可されたフィ。これからどんな活躍をするのか、宗助を知っている理由など色々と目が離せません。

最後に国を滅ぼすほどの災害級の火竜の子供を殺して、火竜を目覚めさせてしまった五十嵐。宗助を抹殺するために国ごと滅ぼそうと目覚めさせたのだと思います。

果たして宗助はこのレベルの敵でも楽に倒せるのでしょうか?

カンスト突破11話ネタバレ|ついに目覚めし火竜!火竜のもとに集う強者たち

「カンスト突破」の11話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

11話ネタバレ
  • 長谷川の作戦通りに火竜の子を殺す五十嵐
  • 火竜から国を守るために上位プレイヤーを招集する梓
  • ダンジョンに入った途端に宗助は五十嵐に襲われる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

11話ネタバレ① 長谷川の作戦通りに火竜の子を殺す五十嵐

火竜が目覚める10分前、火竜の子供を捕獲した長谷川と五十嵐。

長谷川は火竜の子を殺して、火竜を目覚めさせて宗助を誘き出すと五十嵐に伝えますが「皆本を始末した後の火竜はどうするんだ?さすがに手に負えない」と五十嵐は言います。

そんな五十嵐に「デイストーンを使って火竜を封印する」と長谷川は再び火竜を眠らせることができることを説明し、それを聞いた五十嵐は迷わず火竜の子を殺すのでした。

11話ネタバレ② 火竜から国を守るために上位プレイヤーを招集する梓

そして火竜が目覚めたことにより空は赤く染まって、まるで10年前の災害を国民に思い出させるのでした。

街中のモニターからのニュースを見た人々は混乱し、国民は地下へ避難するようにと速報が流れます。

そしてヘリで現場へと向かう副総理の梓。総理大臣の所在を尋ねる梓に「副総理に全権を委任し、無事に地下シェルターに避難しました」と報告する部下。

そして梓は「各ギルドマスターに緊急通達を出して、上位100名のプレイヤーを招集しなさい」と部下に命じるのでした。

11話ネタバレ③ ダンジョンに入った途端に宗助は五十嵐に襲われる

火竜のダンジョンに到着した宗助とそのチーム。正式入隊の手続きをしていないフィもついてきます。

そしてダンジョンに突入する宗助たち。しかしダンジョンに入れたのは宗助とフィだけで、残りの隊員はダンジョンに弾かれて入ることすらできませんでした。

宗助は初めての経験に内心驚きます。すると何者かの気配感じて足音が聞こえ、宗助が振り向いた時、斬りかかってくる五十嵐を捉えることができた宗助。

宗助はスキルを発動して攻撃をかわそうとしますが、五十嵐のスピードが早すぎたために攻撃をかわすことができず、五十嵐に斬られてしまうのでした。

「カンスト突破」11話の感想

火竜が目覚めたことにより、10年前のように国が危機に陥ってしまいます。原因は長谷川で、宗助を始末しようと火竜を呼び覚ますという愚かな行為に走りました。

そして梓が上位プレイヤー100人を招集するほどなので、この火竜かはなりの強敵だと思われます。

さらに今回の高ランクダンジョンには限られた人しか入れず、結局入れたのは宗介とフィだけで、2人が入った途端に五十嵐に攻撃を仕掛けられるという災難付き。

これまで敵なしだった宗助が五十嵐の一撃を避けきれなかったので、五十嵐は相当の手練れだと思います。

なかなか熱い展開になってきました。果たして、五十嵐と火竜を相手にしなければならない宗助は無事に勝てるのでしょうか?

カンスト突破12話ネタバレ|ダメージの原因を理解した宗助!反撃を開始する

「カンスト突破」の12話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

12話ネタバレ
  • 政府から緊急招集を受ける上位プレイヤーたち
  • 五十嵐が盾のギルドだと理解する宗助
  • 五十嵐は宗助の異次元の強さに驚きつつも戦う

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

12話ネタバレ① 政府から緊急招集を受ける上位プレイヤーたち

五十嵐の斬撃を受けて「物理防御力が無効化されました」とシステムに告げられる宗助。

上位プレイヤーのもとに緊急招集の連絡が行き渡り、その中の公式ランク4位である「岡倉叶登」は「火竜…まさかマジで目覚めたのか?」と驚いています。

別の場所で、公式ランク99位の「ユイ」は野外でライブ配信をしていたところ、緊急招集の通知を見てため息をつくのでした。

12話ネタバレ② 五十嵐が盾のギルドだと理解する宗助

「大したことねぇな、期待はずれだぜ」という五十嵐の腕に刻まれたマークを見て、盾のギルドの仕業だと理解した宗助は「今は火竜を食い止めるのが最優先だ」と五十嵐に背を向けます。

しかし「お前は今日ここで死ぬんだから、火竜のことは気にするな」と言う五十嵐に「かかってこい」と五十嵐と戦うことに決めた宗助。

そして火竜のもとに到着した梓。結界の前にいる隊員たちに中に入らない理由を尋ねると、副リーダーの柳が「火竜の張った結界を通ることができない」と説明します。

そして結界を調べた梓は「これは火竜が張った結界ではないわね」と盾のギルドの仕業だと腹を立てるのでした。

12話ネタバレ③ 五十嵐は宗助の異次元の強さに驚きつつも戦う

五十嵐が使用している巨大な刀の「狂竜の牙」は神話クラスのレアな武器で「リフレクト」という「剣で受けたダメージを相手にそのまま反射する」能力を持っています。

そしてこの武器の説明をシステムにされた宗助。自分がダメージを受ける理由を理解します。その時、宗助は五十嵐にトドメの一撃の如く勢いで斬られてしまいました。

しかし「その武器よこせ。部下に持たせるのにちょうど良さそうだ」と普通に立って喋っており、その宗助の姿に驚きを隠せない五十嵐。

「そんな出血してて、なんでそんなにピンピンしてやがる!」と言う五十嵐に「あぁ、俺ちょっと血が多いんだ」と宗助のHPは1/10程度しか減っていませんでした。さらに宗助が受けたダメージのほとんどは反射された自分の攻撃だったのです。

「カンスト突破」12話の感想

前話で宗助は五十嵐に斬られて瀕死のダメージを負ったのかと思いましたが、全然そんなことはありませんでした。

そして戦闘が進むにつれて宗助が受けるダメージは、五十嵐の武器によって反射されたものだと分かりました。それでも宗助の受けたダメージは自分のHPの1/10程度で、五十嵐自体の攻撃はほとんど効いていませんでした。

五十嵐の武器がとても厄介で、宗助はこの武器をどう対処するのか、気になるところです。

五十嵐を倒した後は火竜と戦うことになると思いますが、宗助は無事に火竜を退けることができるのでしょうか。

カンスト突破13話ネタバレ|五十嵐の反射能力を力技で破壊した宗助

「カンスト突破」の13話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

13話ネタバレ
  • 結界の様子を見ながら計画の心配をしている長谷川
  • 梓は結界の中に入ることができずに苛立つ
  • 狂竜の牙を破壊して五十嵐に攻撃を当てた宗助

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

13話ネタバレ① 結界の様子を見ながら計画の心配をしている長谷川

火竜は結界に攻撃を始めますが、攻撃しても破壊されない結界に対してさらに攻撃をし続けます。

「いくら強力な結界だとしても、さすがにそう長くは持ち堪えられない」と結界を心配する長谷川は「計画より早めにデイストーンを使うことになるかもしれんな…」「できればその前に、二人の決着がついてくれればいいんだが」と遠くから様子を見ているのでした。

13話ネタバレ② 梓は結界の中に入ることができずに苛立つ

宗助は自分の攻撃のダメージが反射されるのを理解しながらも、五十嵐に攻撃を続けていました。

「愚かだな…」と思いながら宗助の攻撃を大剣でガードして跳ね返している五十嵐。しかし、宗助の攻撃を受け続けていた五十嵐がふらつき「な、なんで俺が…」と驚きます。

宗助と五十嵐の闘いの振動が結界の外にも伝わっていて「この振動は火竜によるものではないわね」「無理にでも結界を破って中に行きたい」と思っている梓。

しかし「指揮官である副総理が席を外してしまえば、この火竜のレイドは失敗に終わり、そうなればこの国は終わりです」と部下に言われ「そんなことわかってるわよ…」と梓は歯を食いしばって自身の気持ちを抑えるのでした。

13話ネタバレ③ 狂竜の牙を破壊して五十嵐に攻撃を当てた宗助

宗助の動きがやっと止まり、少し安心した五十嵐。しかし宗助は「防いでみろ」と再び攻撃を開始します。 五十嵐に攻撃を畳みかける宗助の身体からは血飛沫が上がりますが、宗助は止まりません。

そしてついに五十嵐へとダメージが入り「なぜだ…?」と五十嵐が大剣を見ると、そこにはヒビが入っていました。

宗助は恐ろしい表情で「防ぎきってみやがれ」と重たい強力な一撃を放ち、五十嵐の大剣である「狂竜の牙」を貫き、五十嵐の顔面にクリーンヒットさせることに成功します。

「カンスト突破」13話の感想

結界の前で立場上の問題で自分は戦闘に参加できず、歯を食いしばる梓。

戦える指揮官は有能そうだけれど、こういう場面では辛い立場だなと思ってしまいました。

そして自分の攻撃を反射され続けても、攻撃を止めなかった宗助。

そんな宗助の強力な攻撃に耐えきれず、反射能力を持つ大剣は壊れてしまい、ついに五十嵐に直接ダメージを与えることができました。

宗助の攻撃を喰らった五十嵐は降参して撤退するのか、もしくは立ち向かうのか。 続きが気になります!

カンスト突破14話ネタバレ|五十嵐を倒した宗助!そのまま火竜と戦うことに

「カンスト突破」の14話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

14話ネタバレ
  • 五十嵐が宗助に倒されて計画を阻止された長谷川
  • 長谷川は五十嵐を見捨てて戦線離脱する
  • 宗介に残酷な命令を下し自己嫌悪に陥る梓

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

14話ネタバレ① 五十嵐が宗助に倒されて計画を阻止された長谷川

五十嵐を倒すことができた宗助。長谷川と部下たちはその光景を受け入れることができませんでした。

盾のギルドがこれまでとってきた非常識な行動の数々も、全ては盾のキルドの強さがあってこそのことです。

しかし今この場にて、皆本宗助というたった一人のプレイヤーによってそれが儚くも崩れてしまい、ショックを受ける長谷川でした。

14話ネタバレ② 長谷川は五十嵐を見捨てて戦線離脱する

企んでいた計画が崩されてしまった長谷川は「火竜との戦闘のクライマックスで参戦し、決定的瞬間を狙ってデイストーンを使って火竜を封印する」と部下たちに手柄を横取りして、盾のギルドの支持率を上げるための説明をします。

そして「彼のことは諦めよう」と五十嵐を見捨て、長谷川たちは帰還石でその場を後にしました。

火竜に結界を攻撃され続けて結界はあと5分ほどしか保たない状況で、長谷川たちの撤退により盾のギルドの結界が消え「…ということは、皆本はもう盾のギルドに殺され…」と梓が思った矢先「結界の中に人がいます!」との声が聞こえ、梓は慌てて結界の中を確認します。

14話ネタバレ③ 宗介に残酷な命令を下し自己嫌悪に陥る梓

まさかと思った梓は結界の中を見てみると、そこには宗助が立っており、その横には五十嵐が倒れていました。

驚きのあまり、五十嵐に勝った宗助を信じきれていない梓。時間を稼ぎたいが、上位ランカーは30人ほどしか集まっておらず、焦ります。

そして部下に通信機を持って来させて宗助と連絡を取ることに成功した梓。

「次に俺は何をしたらいいですか?」と言う宗助に「できるだけ、時間を稼いでもらいたいの」と梓は死刑宣告と同様の命令を下し、自己嫌悪に陥ります。

梓の命令に従い、宗助は火竜のもとへと向かっていくのでした。

「カンスト突破」14話の感想

なんとか無事に五十嵐を倒すことができた宗助。自分の攻撃を反射されていたので、さすがにかなりダメージを負ってしまいました。

そして五十嵐を見捨てて戦線離脱した長谷川ですが、これがきっかけで五十嵐が仲間になったら面白い展開です。

この世界では火竜を一人で相手にするということは、死刑宣告に等しいという認識です。国のためとはいえ、宗助に残酷な命令を下して自分を責める梓を見て、なんだか切ない気持ちになりました。

そんな火竜をこれから相手にする宗助は体力も残り少ない中、一体どのように戦うのでしょうか…?

カンスト突破15話ネタバレ|フィの助けもあり火竜の討伐に成功した宗助

「カンスト突破」の15話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

15話ネタバレ
  • 残りわずかな体力で火竜に挑む宗助
  • 宗助は火竜のブレスを本能的に回避する
  • フィの協力もあって火竜の討伐に成功した宗助

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

15話ネタバレ① 残りわずかな体力で火竜に挑む宗助

五十嵐を倒した宗助はその傷ついた身体で火竜へと挑みます。

「プレイヤーの体力が8%を下回りました」「お休みになられることをオススメします」とシステムに警告される宗助。 さらに「出血のため、体力が持続的に奪われ続けています」とシステムは警告を続けます。

五十嵐を倒した時に宗助と合流したフィは、目の前の巨大な火竜を見上げて「僕たち、あいつと戦うの?」「あんなのどうやって…」と言いかけたその時、火竜のブレスが宗助とフィを巻き込んで辺りを燃やし尽くし、結界の外からは視認できないほどの状況になってしまいました。

15話ネタバレ② 宗助は火竜のブレスを本能的に回避する

フィの不思議なバリアのおかげで火竜のブレスのダメージを受けずに済んだ宗助とフィ。この不思議な力について宗助がフィに尋ねようとした矢先、フィは火竜の打撃により吹き飛ばされてしまいました。

「また聞き逃しちまったな」と宗助は火竜と戦闘を開始します。

宗助は火竜の打撃を受け止めますが、出血のせいで体力が減っていくのでした。

そんな状態でも次々と火竜に攻撃を喰らわせる宗助。強力な一撃で宗助は火竜を吹き飛ばしますが「攻撃による反動だけでも体力が減少します」とシステムに警告されます。

宗助は吹き飛ばされて倒れた火竜に追撃を喰らわせようと火竜に突っ込みますが、火竜は強力なブレスを放ち「あれはやべぇ」と宗助は本能的に回避しました。

15話ネタバレ③ フィの協力もあって火竜の討伐に成功した宗助

このブレスを回避したせいで、結界の外にまで被害が及んでしまうことに気が付く宗助。

するとそのブレスの先にはフィが先回りしており、フィは不思議な力を使って火竜のブレスを結界の内側で止め、結界の外に被害を出さずに防ぐことができました。

そして今までで一番強力なブレスを放とうとする火竜に「そろそろ終わらせるとするか」と宗助はギリギリの体力で渾身の一撃を放ち、見事火竜の討伐に成功します。

ギリギリのところで勝利した宗助は、新たに「竜族系列のモンスターに50%の追加攻撃を与えるスキル『ドラゴンフィア』」を入手するのでした。

「カンスト突破」15話の感想

今回の戦闘は五十嵐と火竜の2連戦ということもあり、さすがの宗助もフィありきでギリギリの勝利でした。

いまだに謎が多いフィですが、この火竜討伐戦において非常に重大な役割を果たし、今後は政府からも注目される存在になると思います。

そして火竜討伐により、新しいスキルを手に入れた宗助。いくら最強だとしても、しばらくは休んで欲しいものです。

結果的に、火竜が弱ったところで封印をしてギルドの支持率を上げようとしていた長谷川の企みは、再び宗助に阻止される結果となりました!

カンスト突破16話ネタバレ|火竜の死体の爆発に耐えて無事に生還する宗助

「カンスト突破」の16話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

16話ネタバレ
  • 火竜の死体の爆発に巻き込まれる宗助とフィ
  • 火竜を倒した宗助に優しく言葉をかける梓
  • 長谷川は部下に何も告げずに姿を消す
  • 今回の件で公の場に出ることになった宗助

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

16話ネタバレ① 火竜の死体の爆発に巻き込まれる宗助とフィ

「プレイヤーの体力が3%を下回りました!」「治療が必要です」と宗助は何度もシステムに警告を促されています。

そして「さっきの見てくれた?僕が火竜の攻撃を防ぎきったとこ!」とフィに笑顔で何度も言われ、二つの声にう宗助はんざりしていました。

すると突然、火竜の死体が音を立てて光り出します。火竜の体内にある「ドラゴンハート」という巨大なエネルギーの塊を使い切る前に火竜は殺されたため、その余剰エネルギーが光のような速さで弾け出したのでした。

16話ネタバレ② 火竜を倒した宗助に優しく言葉をかける梓

結界の中での戦いを心配する梓に「盾のギルド所属以外の上位ランカーが全て揃いました!」と報告する梓の部下。

「これより我々は、結界を破り突入する」と武器を構える梓。結界を解除しようとした瞬間、結界が消えたと同時に雪のようなものが降り出してきます。しかしこれは雪ではなく灰でした。

そして梓は「お願いだから、生きていて…」と宗助のもとへと走りだします。

中心部から少し離れた壁に寄りかかりながら立っている宗助の姿を見つけた梓。急いで宗助のもとに駆け寄り、梓は「お疲れ様」と優しく声をかけるのでした。

16話ネタバレ③ 長谷川は部下に何も告げずに姿を消す

盾のギルド・ビルにて、火竜の討伐の知らせを伝えようと長谷川のもとへ走ってきた長谷川の部下。

「その話なら知っているよ」と窓の外を見つめる長谷川。

そんな長谷川に今後の動向を伺う長谷川の部下ですが、長谷川は何も答えずに部屋を出ていくのでした。

16話ネタバレ④ 今回の件で公の場に出ることになった宗助

火竜の巣がクリアされたことがニュースによって世間に公になりました。

そして速報として「反逆罪により、盾のギルド所属の五十嵐とその仲間たち全員の逮捕が完了しました。しかし理事の長谷川は逃亡を続けており、全国に指名手配中です」と街のモニターから流れています。

その頃、梓は各テレビ局から取材を受けており、今回の件を解決した人物として、梓は宗助をテレビで紹介します。こうして呼ばれた宗助はテレビに出演するのでした。

「カンスト突破」16話の感想

なんとか残り少ない体力で火竜を仕留めることができた宗助。しかし火竜がエネルギーを体内に多く残した状態で倒してしまったので、火竜の死体が爆発して宗助とフィの二人はそれに巻き込まれてしまいます。

残り少ない体力の状態でこの爆発に巻き込まれたので、さすがに宗助は虫の息かと思いました。しかし宗助は立つことができるくらいの体力が残っていて、さすがに頑丈すぎると驚いてしまいました。

そして盾のギルドは政府によって捕まり、とりあえず平和になったのでした。

次回からどのように話が展開されていくのでしょうか?楽しみです!

カンスト突破17話ネタバレ|身体テストを受けた宗助は装置を全て破壊する

「カンスト突破」の17話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

17話ネタバレ
  • 紗枝に呼び出された宗助は身体テストを受ける
  • 全ての装置を破壊してしまった宗助
  • 宗助はインタビューにて大勢の前で自身の過去を語る

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

17話ネタバレ① 紗枝に呼び出された宗助は身体テストを受ける

中尉である紗枝に呼び出され、軍の施設へとやってきた宗助とフィ。

宗助がこの施設に呼び出された理由を紗枝に尋ねると、身体テストのためだと答えます。

そしてテストを受ければいいということを理解した宗助。しかし「進行役の人が来るから少し待って欲しい」と宗助に言う紗枝。

「…一体なんの進行役だ?」と宗助が疑問に思っていると、施設の扉が開き、ライブ配信をしながら上位ランカーのユイが入ってきて宗助に挨拶をします。

こうして、ユイを見て少し心配そうな宗助は身体チェックテストを受けるのでした。

17話ネタバレ② 全ての装置を破壊してしまった宗助

様々な装置が置いてある部屋に着き、まずは試しにユイがテストを受けることになります。

筋力を測るテストに挑むユイ。レバーを握るだけで装置が測定をしてくれるもので、ユイはそのレバーを思いっきり握り、出た結果は以前と同じAランクでした。

続いて宗助の番になり「本当に大丈夫ですか」と宗助は心配そうに紗枝に確認します。

「新たに開発された特殊素材なので、絶対に壊れません」と自信満々のユイ。

しかし宗助がレバーを握ると、簡単にレバーは粉砕され、装置は爆発してエラーを起こしてしまいました。

そして次々とテストを受けるものの、見事全ての装置を破壊していく宗助。

その光景を見ていたフィは「僕が最初に受ければよかった…」と悲しそうにしており、紗枝の顔はひきつっていました。

17話ネタバレ③ 宗助はインタビューにて大勢の前で自身の過去を語る

身体テストが終わり、別の部屋でインタビューを受ける宗助。

先程の機材とスタッフに囲まれ、ユイからインタビューを受けると同時にライブ配信も行います。

宗助に色々な質問をしていくユイ。その質問に真面目に答える宗助。

そしてユイに「その力を国のために使う理由は?」と質問された宗助は、大勢の前で自身の過去を語ります。

その話を聞いていたユイは大号泣していました。

「カンスト突破」17話の感想

紗枝に呼び出され、軍の施設で身体テストを受けることになった宗助。

宗助のために装置をグレードアップさせたのにも関わらず、宗助の力に耐えきれずに全ての装置が壊れて悲しむフィと紗枝。

やはりこの程度の装置では宗助の力を知ることはできませんでした。残念です。

続いて宗助はインタビューで自身の過去を語り、この配信を見ていた人たちは思ったことを色々とコメント欄に書いていました。そんな中、ユイは大号泣しており、この子は絶対良い子だなと勝手に確信しました。

世間に知れ渡った宗助の存在。今後の活躍が気になるところです!

カンスト突破18話ネタバレ|条件付きダンジョンに挑むことになった宗助

「カンスト突破」の18話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

18話ネタバレ
  • 宗助と共に研究所へと向かう紗枝
  • デイストーンの研究情報に驚く宗助
  • 宗助は今回のメンバーである岡倉叶登と対面する

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

18話ネタバレ① 宗助と共に研究所へと向かう紗枝

収録が終わり「今回の予定が終わったのであれば、これ以上は遠慮させて頂きます」「ダンジョンの一つでも潰した方が有意義だと思うので」と立ち去ろうとする宗助。

そんな宗助に紗枝は、全てを終わらせる方法を探し出して見せると宗助に約束した話を持ち出し、それに興味を抱いた宗助は紗枝と共に軍の研究所へと足を運びます。

18話ネタバレ② デイストーンの研究情報に驚く宗助

この研究所ではダンジョンの研究をしており、ダンジョンのエネルギーを解明してダンジョンをコントロールしようとしている事を宗助に説明しました。

その研究の鍵になるのがデイストーンで「今回ユイさんと皆本さんが探索するダンジョンにデイストーンが存在する確率が高いです」と紗枝は言います。

宗助は数多くのダンジョンをクリアしてボスモンスターを討伐してきたものの、手に入れたデイストーンの数はたったの1個だったので、その話を聞いた宗助は驚きつつ興味を示すのでした。

18話ネタバレ③ 宗助は今回のメンバーである岡倉叶登と対面する

紗枝の話を聞いた宗助は「自分一人で行けば済む話ではないのか」と紗枝に問いますが「今回のダンジョンはAランク以上のプレイヤー3名が同時に入るのことで活性化されるダンジョンなんですよ」と紗枝は返します。

そして残りのもう一人は副総理も信頼する人物だと言われ、宗助はユイとそのメンバーと共にダンジョンへ行くことに同意するのでした。

ダンジョンの前に到着した宗助。フィも一緒に行きたいとついてきましたが、宗助に「メンバーはもう決まっている」と言われて落ち込むフィ。

すると一台の車が近寄ってきて、中からユイと見知らぬ男が出てきます。

その男は宗助に手を差し伸べ「お会いできて光栄です」「花郎のギルドのマスターを務めている、岡倉叶登です」と挨拶をするのでした。

「カンスト突破」18話の感想

予定されていたスケジュールが終わり、早々に立ち去ろうとする宗助を引き止めて研究所へと案内する紗枝。そこで紗枝から聞いた話に宗助は興味を抱き、初の三人でのダンジョン攻略をすることになりました。

ついに特殊な条件付きのダンジョンが登場しました。この世界の仕組みがますます複雑になってきて、どうやって説明されるのか気になるところです。

おそらく次回はダンジョンに突入することになるでしょう。ユイと岡倉叶登の実力が見られるかもしれないので、今から楽しみです!

カンスト突破19話ネタバレ|デイストーンの回収は自らが行うと決心する宗助

「カンスト突破」の19話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

19話ネタバレ
  • フィに基地を任せてダンジョンへ向かう宗助
  • 岡倉はダンジョンの異変にいち早く気付く
  • 緊急事態となって焦る柳はフィに希望を抱く

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

19話ネタバレ① フィに基地を任せてダンジョンへ向かう宗助

「岡倉叶登」花郎のギルドのマスター。10年前に世に初めてダンジョンが登場した時に覚醒した「ファースト」として工藤副総理と共にこの国を救った英雄の一人です。

宗助は「デイストーンは必ず皆本さん自らが回収するようにお願いします」と紗枝に言われたことを思い出し、二人を見た宗助は「確かに、デイストーンは俺が回収すべきだろうな…」と思うのでした。

宗助と岡倉の二人は挨拶を済ませ、同時にユイもライブ配信を終えて3人はダンジョンへと突入します。

そしてダンジョンに入る前に、宗助は「お前は基地に戻って、もし何かあれば副リーダーに相談して処理するように」とフィに伝えておきました。

19話ネタバレ② 岡倉はダンジョンの異変にいち早く気付く

六つ星ダンジョン「モスチャンバー」に入った3人。しばらく歩いていた時、岡倉が「ダンジョンに入ってから結構経つってのに、モンスターがまだ1匹も出てきていない」と異変に気付きます。。

しかし「こっちには火竜を倒した英雄がいるから何も心配することないですよ〜」とユイは場を明るくし、3人は先に進むのでした。

時間がそんなに立っていないはずなのに、辺りが暗くなってきた事に疑問を感じる宗助。そんな宗助に「ここは日が短いんですよ」とユイがダンジョンの説明をします。

「今日はここらへんで休んでおくべきでしょう」と提案する岡倉。そしてユイが薪に火を放ち、3人は休むことにしました。

19話ネタバレ③ 緊急事態となって焦る柳はフィに希望を抱く

同時刻、本部にて。書類作業を進めている副リーダーの柳。すると警報が鳴り「郊外にて予想外のダンジョン・ブレイクが起こった模様です!」と柳へ報告に来る隊員。

宗助が不在で悪いイメージが頭に浮かんでしまい、焦る柳。しかし柳は「全員を召集してくれ」と隊員に伝え、フィの存在に希望を抱くのでした。

「カンスト突破」19話の感想

特殊ダンジョンへ挑むことになった宗助とユイと岡倉。

副総理も信頼する2人ですが、紗枝が「デイストーンは自らで回収してください」と宗助に伝えていたいて、宗助もそうした方がいいと思っていたので、紗枝と宗助はどこかこの2人を信用していないように思えました。

そしてそんな宗助不在の時に緊急事態となってしまい、かなり焦る副リーダーの柳。しかしフィに希望を抱いて隊員全員を召集しますが、少し頼りなさすぎる感じで残念です。

そんな柳をこれからも応援していきたいと思いました!

カンスト突破20話ネタバレ|痺れを切らせた宗助!単独でデイストーンのもとへ

「カンスト突破」の20話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

20話ネタバレ
  • フィを説得してなんとか部屋から連れ出した柳
  • 2人に合わせられずに単独で行動する宗助
  • ユイと岡倉は宗助の実力を目の前で見て力の差を感じる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

20話ネタバレ① フィを説得してなんとか部屋から連れ出した柳

フィの部屋まで足を運んだ柳ですが、フィになんて声を掛けたらいいかと迷っていました。「自分より立場は下だが、実力は圧倒的に上。怒らせでもしたら…」と柳が思っていた矢先、部下が「おい、新入り!」とフィに声を掛けます。

部下が「出勤だ!サイレンの音聞いただろ?」とフィに言うと、フィは「宗ちゃんがいないし、気分が乗らない…」と答えて壁の方を向いてしまいました。

そんな状況に再び焦る柳。苦肉の策で「もしこの件をクリアできればきっと、皆本リーダーが賞賛してくれるぞ?」とフィを説得しにかかります。

フィはそれを頭の中で想像し、宗助に褒められる未来を思い浮かべます。そしてやる気を出し始め、フィは勢いよく部屋から飛び出していくのでした。

20話ネタバレ② 2人に合わせられずに単独で行動する宗助

夜が明け、再び歩き出す宗助、ユイ、岡倉の3人。宗助がシステムに周囲のモンスターを捜索させると、システムは「周辺にモンスターは存在しません」と答えます。

「このままこの人たちのペースに合わせていたら、任務をこなせそうにない」と思った宗助は覚醒モードに入り、一人でデイストーンを探しに飛んでいってしまいます。その姿を見たユイと岡倉はただただ驚いていました。

20話ネタバレ③ ユイと岡倉は宗助の実力を目の前で見て力の差を感じる

そしてシステムの案内を頼りにデイストーンのもとへと辿り着いた宗助。

宗助が不気味にはめ込まれているデイストーンに近づくと、宗助に反応して大量の虫のモンスターが生成されて一帯を覆い尽くしました。

そのモンスターと戦闘になる宗助。その音が聞こえた2人はユイの魔法を駆使して宗助のもとへと急ぎます。

そしてユイと岡倉が宗助のもとへ着いた頃には、大量のモンスターの群れは全滅しており、その光景に力の差を感じている岡倉でした。

「カンスト突破」20話の感想

ダンジョンでは痺れを切らせた宗助が一人でデイストーンを探しに行ってしまいます。。

そして明らかに罠のように置かれているデイストーン。宗助がそれに近づいた途端に大量のモンスターが出現しますが、あっという間に片付ける宗助でした。

正直な話、ダンジョンに入る時に3人いればよくて、一緒に行動する必要はないので、こっちの方が早くて効率も良いと思います。

しかし、もし2人のどちらかがデイストーンを狙っていたら話は別ですが…

こちらの記事も人気です