探偵明河の事件簿ネタバレまとめ|最終回まで全話無料で読めるか調査した結果

漫画アプリめちゃコミック独占配信中の「探偵明河の事件簿」がとても面白いですが、最終回の結末ラストまで無料で読む方法はあるのでしょうか?この記事では「探偵明河の事件簿」の結末までシナリオをしりたい!という方に向けて調査結果とネタバレ内容をご紹介していきます。

最新話を最終回(ラスト)まで更新してく予定ですので、「探偵明河の事件簿」のあらすじを知りたいときに活用してください!

漫画「探偵明河の事件簿」の全話を最終回まで無料で読めるか調査した結果

漫画「探偵明河の事件簿」は、作家の宮嶋緑子さん、kirishimaさん、舞聖さんの3名によって作成されためちゃコミ独占配信マンガです。

結論からお伝えすると、めちゃコミで1~3話を無料配信していますが、4話以降は課金購入が必要となります。

また漫画バンクや漫画rawといった違法サイトでも当然読むことはできません。

しかし、無料で読めんだ3話のあとが気になる!という方に向けてあらすじを解説していきます。

探偵明河の事件簿1話ネタバレ|連続殺人を追う明河!目撃者に違和感を感じる

「探偵明河の事件簿」の1話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 夜中に武村警部から呼び出されて現場へ向かう明河
  • 明河は目撃者がいたことに驚きつつ病院へ向かうう
  • 筆談で明河に証言をする目撃者の女性
  • 笑顔で立ち去る女性に不信感を抱く明河

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

1話ネタバレ① 夜中に武村警部から呼び出されて現場へ向かう明河

自宅にて、眠っていた探偵の明河勇人は事件の夢を見ていたところ、武村警部からの電話で起こされました。

明河は手伝って欲しいと言う武村警部に事情を聞くと、明河が追っている連続殺人絡みのことだと知り「詳しい場所を教えてくれ、すぐ向かう」と事件現場へ向かいます。

事件現場に到着した明河は「関係者以外立ち入り禁止です!」と警官に止められますが、そこに武村警部が登場し「俺が呼んだんだ」と明河は現場に入ることができました。

「遺体の引き上げは待ってもらっている」と言う武村。その対応に明河は感謝します。

1話ネタバレ② 明河は目撃者がいたことに驚きつつ病院へ向かうう

明河は杖に蛇が巻きついている絵を見ながら「証拠はまたこの絵だけか…」と状況を整理し始めます。

現場は閑静な住宅街で争った形跡はなし、コートの中の服が血濡れており、傷口の形状からすると凶器は小さい刃物で「犯人は手慣れている」と思っている明河。

「間違いなくアイツの犯行だ」と思考を巡らせている明河に武村は「目撃者が目を覚ました!」と知らせます。目撃者がいたことに驚く明河はすぐさま病院へと向かうのでした。

1話ネタバレ③ 筆談で明河に証言をする目撃者の女性

病院に着いた明河と武村は医者に「彼女は事件のショックで声が出なくなってしまった」と説明されたところで「筆談でもよければ、お話を」と書かれたメモ用紙を持った目撃者である女性が現れ、証言を始めました。

目撃者の女性は学校での講義を終えて駅へと向かっていたところで二人の男女を見かけ、目撃者の女性が「こんなところに…カップル?」と思っていると、突然女性が倒れ、見られていることに気付いた犯人は走って逃げ去ります。

「かろうじて警察に通報はできたものの、気付いた時には声は出なくなっていました」と目撃者の女性は語るのでした。

1話ネタバレ④ 笑顔で立ち去る女性に不信感を抱く明河

それ以外の情報は外が暗かったこともあり、記憶も曖昧で大したものはありませんでした。

その後、事情聴取を終えた目撃者の女性を車で送っていく明河。家の前まで到着し、彼女は「声もですが、事件のことを思い出せるように頑張ります」と筆談で明河に伝えます。

そして心配する明河に彼女は笑顔で立ち去っていき、その彼女の笑顔を見た明河は「俺に感謝を示したのとも違う」「殺人を目の前にして、声を失って、どうしてあんな笑顔ができる…」と彼女の笑顔に引っ掛かる明河でした。

「探偵明河の事件簿」1話の感想

探偵である明河はある事件を追っていて、その事件の夢を見ていたところ、武田警部からの連絡で起こされてしまったところから話はスタートします。

明河は目撃者の彼女を送り届けた際、去り際に見せた彼女の笑顔に頭を悩ませるのですが、どうやらこの事件の鍵は彼女が握っているというような雰囲気でした。

キーワードは「犯行現場に必ず落ちている謎の絵」「彼女の笑顔」くらいでしょうか?

あとは明河がなぜこの連続殺人事件を追っているのかという部分も非常に気になるところです!

探偵明河の事件簿2話ネタバレ|殺人事件の直後で銀行強盗に巻き込まれる杏奈

「探偵明河の事件簿」の2話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 声が出なくなってしまった杏奈を心配する教授
  • 二人組の男は自分の命のために銀行強盗をする
  • 銀行強盗の人質の中にいる杏奈を見て驚く明河

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

2話ネタバレ① 声が出なくなってしまった杏奈を心配する教授

先日の殺人事件がニュースで流れ「絶対にコイツだけは、俺が捕まえてやる」と明河は犯行現場に残された絵を眺めていました。

大学の心理学研究科を訪れた事件の目撃者である折井杏奈。

杏奈が事件の目撃者で声が出なくなってしまったと知った教授は「人と話そうと意識することで、自然に声を回復すると思うんだ」と杏奈のことを心配して色々と考えてくれています。

そして教授は「僕が担当する患者何名かを担当してみないか?」と杏奈の声のためにもなるかもしれないと提案され、杏奈はそれを引き受けることにしました。

2話ネタバレ② 二人組の男は自分の命のために銀行強盗をする

教授と話を済ませ、心理学研究科の部屋から出た杏奈は「気分転換に買い物でも行かない?」と友達に誘われ、教授に言われたことを思い出した杏奈は一緒に買い物へ行くことにし、その前に友達と近くの銀行に寄るのでした。

銀行の駐車場にて。銀行強盗を企んでいる二人組の男が車内で準備を終え「これが成功しなきゃ上納金納めらんなくて、俺は終わりだ」と焦りながらも、銀行へと足を踏み入れます。

そして顔を隠した二人の男は正面入り口から堂々と入り、銀行員に銃を突きつけながら金を要求しました。

2話ネタバレ③ 銀行強盗の人質の中にいる杏奈を見て驚く明河

銀行からの緊急通報で現場に向かうパトカー。その後に到着した武村刑事はモニターから銀行内の様子を見ています。

犯人が人質を盾にしており、その人質の中に知っている人物を発見する武村。

そしてすぐさま武村は明河に連絡をして、電話に出た明河は「…まさか銀行の立てこもり事件か?」と武村に尋ねます。

「悪いが、この手の事件には興味がない…」と言いかけた明河に「人質の画像を送るから見てみろ!」という武村。

その画像にはなんと折井杏奈の姿をがあり、明河は驚きながらも「唯一の目撃者を失うわけにはいかない…!」と急いで車を走らせるのでした。

「探偵明河の事件簿」2話の感想

教授に「人と話そうと意識することで、自然に声を回復すると思うんだ」とアドバイスを受けた杏奈。

その言葉が頭を過り、友達と一緒に買い物に行くことにしますが、なんと杏奈は友達と銀行強盗に巻き込まれてしまいました。

教授が悪いわけではないのですが、教授の一言がなければ…と思うとなんだか複雑な気持ちになりました。杏奈、不運が続きます。

その現場に明河も向かっているところですが、果たして杏奈は無事に解放されるのでしょうか…?

探偵明河の事件簿3話ネタバレ|明河の活躍によって事件は無事に解決される!

「探偵明河の事件簿」の3話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 犯人たちを説得しようと銀行内に足を踏み入れる明河
  • 明河は怯えている方の犯人の心を揺さぶる
  • 事件解決後に会いに行った杏奈に抱きつかれて驚く明河

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

3話ネタバレ① 犯人たちを説得しようと銀行内に足を踏み入れる明河

銀行に到着した明河は武村に状況を尋ね、犯人たちの様子をモニターから確認します。モニターの画面ををアップにして犯人を観察する明河は、犯人の一人に注目しました。

そして明河は両手を上げながら正面入り口へと向かい、威嚇してくる犯人たちに向かって「俺は明河勇人という探偵だ。君たちと話し合いたいんだ」と犯人を説得しようと試みます。

「この場を仕切ってる警部と知り合いで、俺に任せてくれれば融通もききやすいと思うよ?」と犯人の一人の心を揺さぶることに成功し、明河は銀行内に入ることができました。

3話ネタバレ② 明河は怯えている方の犯人の心を揺さぶる

そして明河が注目していた犯人の男に「君は本当にこれが正しいと思っているのか?」と問う明河。

明河の言葉に動揺する迷いのある男。そして「君は誰も傷つけたくないし、人を殺したいとも思っていない…違うか?」と明河に言われ、迷いのある男は「たとえ犯罪になっても…俺はアイツを助けなきゃ…」と怯えた様子です。

明河に「本心で動けばいいんだ…君はどうしたい?」と言われた男は動けず、主犯の男に「そうだ、まずは探偵さんを殺すことにしよう」と言い出し、その役目を怯えている方の男に任せました。

そして明河に銃口を向ける怯えた男。しかし彼はどうしても引き金を引くことができず、ついには言い争いを始めてしまう犯人たちでした。

3話ネタバレ③ 事件解決後に会いに行った杏奈に抱きつかれて驚く明河

その隙をついた明河は主犯格の男を取り押さえることに成功し、現場をモニターから見ていた武村は警官たちを銀行内へ突入させ、事件は無事に解決します。

そして人質は解放され、杏奈の前に姿を表す明河。杏奈に「君もついてないな、まさかこんな…」と言いかけたところで、杏奈は明河の胸に飛び込むのでした。

「探偵明河の事件簿」3話の感想

巧みな話術で怯えていて迷いのある男の心を揺さぶって隙を作り、主犯格の男を捉えることに成功した明河。

現場に着いてから状況を確認し、モニターで犯人を見た時に犯人の一人に注目した点はさすが探偵の観察力だなと思いました。 おそらく色々な事件を解決へと導き、様々な人を見てきたのでしょう。

そして事件解決後に杏奈のもとへ足を運んだ明河。明河の胸にいきなり飛び込む杏奈に驚いた様子でした。

この流れだと普通は人質として巻き込まれて怖かったからだと解釈しますが、明河が驚いたのには別に理由があるような気がします。少々考えすぎでしょうか?

しかし次回でその理由が明らかになると思うので、楽しみにしています!

探偵明河の事件簿4話ネタバレ|蛇の杖の事件と再び関わる杏奈に驚く明河!

「探偵明河の事件簿」の4話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 武村からの連絡で蛇の杖の犯行現場へ向かう明河
  • 明河は再び目撃者となった杏奈の取り調べをする
  • 蛇の杖のことを知っていた杏奈に驚く明河

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

4話ネタバレ① 武村からの連絡で蛇の杖の犯行現場へ向かう明河

自宅のソファで横になり、杏奈のことを考えている明河。

そんな時、武村警部から着信で「蛇の杖」の絵が置かれている殺人事件が起きたと聞かされ、明河は現場へ向かうことになりました。

現場に着いた明河は遺体を調べ始め、犯人の犯行手口を推測し「周辺に被害者や犯人の手掛かりになりそうなものはなかったのか?」と武村に尋ねます。

すると武村は「実はだな…」と、前回と同じく折井杏奈が目撃者だということを明河に伝えるのでした。

4話ネタバレ② 明河は再び目撃者となった杏奈の取り調べをする

取調室に座っている杏奈を鏡越しに見ている明河と武村。武村に「お前、取調べをしないか?」「顔見知りのほうが話しやすいからな」と提案された明河はそれに同意します。

取調室で杏奈の前に座り事情を聞く明河。杏奈は「大学の帰りに公園内にあるカフェで友人とお茶をして、その帰り道に男性が倒れているのを見つけました」と筆談で話しました。

その話を聞いた明河は「それで、今回は犯人を目撃していないのか?」と杏奈に尋ねますが、見ていないと首を縦に振る杏奈。

そしてこれ以上情報が出てこない様子に苛立つ明河。そんな明河の姿を見た武村が取調室から明河を連れ出すのでした。

4話ネタバレ③ 蛇の杖のことを知っていた杏奈に驚く明河

すると武村の部下が「カフェと周辺の監視カメラの映像からも、証言時刻に店内にいたことがわかりました」と杏奈のアリバイを証明する報告をするのでした。

そして杏奈は解放され、その帰り際に明河は「現場に置かれていたものだが、この絵どう思う?」と杏奈に尋ね「それはアスクレピオスの杖ですね」と答える杏奈。

「救急車とか医療に関係するもののロゴによく使われていますよね」と話し、杏奈は武村の部下と共にその場を後にします。

「そうか…知っているのか、アスクレピオスの杖のことを」とその絵を見つめている明河でした。

「探偵明河の事件簿」4話の感想

数日しか経っていないのに再び蛇の杖の事件が起き、さらにその第一発見者はまた杏奈だということに驚く明河。

もう杏奈とこの事件は無関係だとは言えない気がしてきました。そして医療系のロゴとかに使われているとはいえ、杏奈はアスクレピオスの杖のことを知っています。

杏奈がアスクレピオスの杖を知っていることを知った時の明河はひどく驚いていましたが、明河がここまで驚いた理由とは?

そしてこの連続殺人事件と杏奈は一体どのように関係してくるのでしょうか…?

探偵明河の事件簿5話ネタバレ|図書館で杏奈に遭遇する明河!突然の銃声に驚く!

「探偵明河の事件簿」の5話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 図書館へ調べものをしに来た明河は杏奈と遭遇する
  • 杏奈に調べものを手伝ってもらうことになった明河
  • 調べものをしていた明河と杏奈は突然の銃声に驚く

5話ネタバレ① 図書館へ調べものをしに来た明河は杏奈と遭遇する

「折井杏奈…目撃者として現れてから、少しずつだが事件に進展が」「一方で全ての事件に関わっているのは不自然だ。やはり蛇の杖と関連性があるのか?」と杏奈のことを考えながら蛇の杖を調べるために図書館へとやってきた明河。

そして中に入り、明河はたまたま杏奈と遭遇します。明河は「君は勉強をしに?」と杏奈に尋ねると笑顔で心理学の本を明河に見せます。

明河は杏奈に調べものをしに来たと伝え、勉強の邪魔をしては悪いからと立ち去ろうとしますが、杏奈は明河を引き止めました。

5話ネタバレ② 杏奈に調べものを手伝ってもらうことになった明河

杏奈は「銀行での件、解決してくださってありがとうございます」と筆談で改めてお礼の気持ちを明河に伝え「それと抱きついてしまって、すみませんでした。明河さんが無事だったことに安心して…」と説明します。

そして調べものをしに来たという明河に「私、図書館によく来るので、よければ案内しますよ」と笑顔で言う杏奈。 この笑顔に調子を狂わされた明河はありがたく杏奈の厚意を引き受けるのでした。

5話ネタバレ③ 調べものをしていた明河と杏奈は突然の銃声に驚く

そしてアスクレピオスの杖とはアスクレーピオスというギリシャの医療の神が持っている杖で、医療や医術の象徴として世界各国で使われていることを知った明河。

「蛇の杖の犯行は力を必要としないものが多い。蛇の杖の正体は女性である可能性も否定できない」と明河は犯人像を頭の中で練り上げていきます。

「彼女の専攻は心理学…外科などの医療行為を学ぶ医学とは別の学問だが…」「人の心理を知り、嫌悪感を感じたならば…」と明河が杏奈のことを考えていると、突然外から銃声が聞こえ、その音に驚く明河と杏奈でした。

「探偵明河の事件簿」5話の感想

短期間での蛇の杖の事件について、そしてその目撃者として関わってくる杏奈を疑っている明河ですが、さすがにここまで関わりがあると疑ってしまうのも無理はないと思います。

そして蛇の杖について調べようと図書館にやってきた明河は杏奈と遭遇し、調べものを手伝ってもらうことになりました。その際、時折見せる杏奈の笑顔に調子を狂わされる明河。これはもしや…?と読んでいてニヤッとしてしまいます!

最後に図書館の外から銃声が聞こえましたが、この銃声の正体は何なのでしょうか?

続きが気になるところです!

こちらの記事も人気です