#11年後、私たちはネタバレ全話まとめ|最終回(結末)のラストまで

作家イゼイさんの人気漫画「11年後、私たちは」が話題になっていますが、全話を無料で読むことができるか調査しました。

また、1話~全話についても解説つきのあらすじネタバレをご紹介していきます。

随時最新話をラストまで更新していきますので、「11年後、私たちは」のあらすじを読むときに活用してください!

■タップしてすぐに読める目次

「11年後、私たちは」を最終回まで無料で読む方法はある?漫画バンクや漫画rawを調査

結論からお伝えすると、漫画バンクや漫画rawでは配信されておらず、「11年後、私たちは」の全話を最終回ラストまで無料で読む方法はありません。

しかし、

  • めちゃコミック
  • COMICO
  • マンガ王国

などの配信サイトでは【15話】まで無料で読むことができます。

もし、あらすじだけざっと知りたいという方は、このページでネタバレと感想をご紹介していますのでそちらをご覧ください。

「11年後、私たちは」1話ネタバレ!千鶴と優は11年前とは違うのか?

まず、「11年後、私たちは」の1話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴と優は付き合った頃はラブラブだった
  • 11年後の千鶴と優は些細なことでも気まずくなる
  • 千鶴は優から誘われ、友達カップルと会うことになる
  • 友達カップルと話し、モヤモヤとする

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

1話ネタバレ① 千鶴と優は付き合った頃はラブラブだった

付き合ったばかりの千鶴と優。

千鶴は自分のことをどれくらい好きか優に問いかけます。

それに対して優は千鶴の気持ちより自分の気持ちの方が大きいと答えました。その答えを聞いて千鶴はとても喜びます。

そしてずっと長い間手を繋いでいたので、千鶴は優を気にかけますが、優はそれを冗談で返し、その手はずっと繋いだまま放しませんでした。

そのくらい仲良かった千鶴と優です。

1話ネタバレ② 11年後の千鶴と優は些細なことでも気まずくなる

それから11年後、千鶴と優は食事をしながら話をしています。二人の友達の久志が前の彼女と別れたばかりなのに、既に新しい彼女ができたと優は話します。その相手は9歳も年下。

その話を聞いて、千鶴は優が羨んでいるだろうと何度か聞くと、優は機嫌が悪くなってしまいました。

ただ会話をしていただけなのに、重たい空気になる千鶴と優。

11年たった今、二人の間に溝ができているような気がする千鶴でした。

1話ネタバレ③ 千鶴は優から誘われ、友達カップルと会うことになる

ある日、自宅にいる千鶴に優から電話がかかってきます。

いつもなら優はジムに行っている時間ですが、久志に先日話した新しい彼女を紹介したいと言われ、会うことになり、千鶴にも来てほしいと優は千鶴に伝えます。

半ば強制的に誘う優に対して、千鶴は渋々行くことにします。

本当は急な誘いで久しぶりのデートだと思ったのですが…

しかし、待ち合わせ場所に行くと、帽子を被っている千鶴を気に入らなく、優がいちゃもんをつけてきます。

急いで出てきた千鶴は身支度もあまりしないできたので、髪も疎かなままで帽子をとっても浮かない表情の優。
何でも自分だから嫌なのではないかと千鶴は悟ります。

1話ネタバレ④ 友達カップルと話し、モヤモヤとする

千鶴と優は久志と彼女とお店に入り、自己紹介をし合います。

その間も千鶴は若い子から見て自分がどう見えるのかなど気になります。

千鶴が彼女に可愛いと言った返しの言葉にどもる彼女の姿を見て、千鶴は申し訳なく思いました。

話は続き、彼女が急に千鶴と優に会いたいと言った理由は、11年間続いているカップルに会いたいと思ったからと言われます。

そして11年間続く秘訣は何かと彼女に千鶴と優は問われ、優は冷めたような答えを言いました。しかし、それに対して、千鶴はお互いに好きでいることだと断言します。

その後、彼女に若く見えると言われ、照れた優は、千鶴は綺麗にしていてもしなくても同じだと言います。

それに対してもまた、千鶴はその言葉はいい意味だと断言しますが、千鶴は心配になります。

「11年後、私たちは」1話の感想

「11年後、私たちは」の1話では、11年間の千鶴と優の変化が描かれていました。付き合った頃のラブラブな二人。11年後すれ違っているように見える二人…

千鶴は優のことを変わらない気持ちで思っているようですが、優はどう思っているのでしょうか。

優からの誘いの電話で、千鶴が久しぶりのデートだと思ったということは、11年後は付き合った頃のように手を繋いでどこかを歩いたりはしていないということですね。

千鶴は今後どう動いていくのでしょうか。

次回以降では今後の二人の関係、優の気持ちもとても気になるところです

「11年後、私たちは」2話ネタバレ!離れていく千鶴への優の気持ち

まず、「11年後、私たちは」の2話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は自分自身を変えると決心し髪を切る
  • 千鶴が髪を切ったことを誰も気付かないが荻野課長は気付く
  • 優も千鶴が髪を切ったことを気付かない
  • 千鶴は優の行動や考えを不満に思う

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

2話ネタバレ① 千鶴は自分自身を変えると決心し髪を切る

千鶴は自宅で、妹の千佳と話しています。千鶴は自分自身の見た目の年齢を千佳に問いかけます。

それに対して、千佳は実際、千鶴は30代の年相応に見えるし、若い頃とは変わってしまっていると答えました。

またそれに合わせて、千鶴は若く見える優と一緒にいると年上に見えることや自分磨きをしていないことを千佳に指摘されます。

千佳の助言のおかげで、千鶴は自分磨きが足りないことを悟り、美容室へ髪を切りに行きます。

2話ネタバレ② 千鶴が髪を切ったことを誰も気付かないが荻野課長は気付く

次の日、職場に行きますが、ずっと社員といるのに誰一人千鶴が髪を切ったことに気付かなく、悲しがっている千鶴でした。唯一マーケティング課の荻野課長は千鶴が髪を切ったことを気付いて声をかけてくれました。

その後は淡々と仕事の話を続ける荻野課長ですが、最後に千鶴の髪型について、不服な言葉を言って去って行きました。その言葉を聞いて、千鶴は腹を立てます。

2話ネタバレ③ 優も千鶴が髪を切ったことを気付かない

ショーウィンドウに映る自分の髪型を見て、荻野課長に言われた言葉を思い出し、気にする千鶴。その時、優がきたことに千鶴は気付きます。

すぐに食事に行きたがる優に千鶴は何か気付かないかと問いかけます。しかし優はわからず、見当違いのことを言ってきました。

千鶴は仕方なく自ら、髪を切ったことを告げ、気付かない優を見て残念がります。優によく見られたいがために変えたのに…

2話ネタバレ④ 千鶴は優の行動や考えを不満に思う

店内に入り、食事をしている千鶴と優。千鶴が話していると、優のスマートフォンが鳴ります。その時、スマートフォンの画面をわざわざ伏せた優の行動に違和感を千鶴は持ちます。

千鶴は着信の相手を優に聞くと、優はジムの後輩だと答えました。本当はもう少し問い詰めたかった千鶴でしたが、ケンカはしたくないと思い、話を続けませんでした。

そんな自分に千鶴は悶々とします。その後、千鶴は優に次の行き先を尋ねますが、優はこれからジムに行くと言ってきます。千鶴は特になにかをしたいわけではなく、優とただいたい、自分との時間を大切にしてほしいと思うのでした。

「11年後、私たちは」2話の感想

「11年後、私たちは」の2話では、さらに千鶴に対する優の気持ちが離れているのを実感し、千鶴は残念に思ってしまいます。

意を決して、髪型を変えたのにも関わらず、職場の人にも、さらに優にさえも気付かれないなんて悲しいですよね。

その中で唯一気付いてくれた荻野課長。今後、どのように関係してくるのでしょうか。

そして優の伏せたスマートフォンの相手…とても気になります。

次回のお話では、今後の千鶴の思い、また着信の相手が誰なのかもわかるのでしょうか。

「11年後、私たちは」3話ネタバレ!優が千鶴についた嘘

まず、「11年後、私たちは」の3話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は結婚という言葉を考える
  • 連休中千鶴に優からの連絡がこなかった
  • 優の行動に千鶴の気持ちは一喜一憂
  • 千鶴は優が誰かと連休中にいたことを知る

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

3話ネタバレ① 千鶴は結婚という言葉を考える

職場で千鶴は連休の過ごし方を先輩と話していると、荻野課長が話に入ってきます。遠回しに長い間付き合っているのなら結婚しないのかと荻野課長が千鶴に問いかけます。

それに対して、千鶴は結婚したいから一緒にいるのではなく、好きだから一緒にいるのだと断言します。しかし、長い付き合い=結婚と当たり前にみんなが思う中、千鶴も今まで結婚を考えなかったわけではないのです。

お互いのタイミングなどで、結婚に至っていないなど、今までの結婚への葛藤に関して、帰宅中千鶴は考えます。千鶴は気持ちを切り替えるため、連休を優と過ごそうと思います。

3話ネタバレ② 連休中千鶴に優からの連絡がこなかった

帰宅中、千鶴は優に電話をします。千鶴は優を連休にデートに誘いますが、今は仕事が忙しくまた連絡すると電話を切られてしまいました。

その返答でまた千鶴は不安になります。そして、千鶴は連休中、優からの連絡を待ちますが、連絡は一切ありません。

そんな優に対して、千鶴は悲しくても、意地でも自分からは連絡しませんでした。

3話ネタバレ③ 優の行動に千鶴の気持ちは一喜一憂

連休後、千鶴は優と会います。詫びることもなく、連休は仕事だったと言う優に千鶴は、合間の時間に連絡できたのではないかと思います。

千鶴からの優に自分に会いたいとは思わなかったのかという問いかけに対して、目を見ず答える優にまた千鶴は不安になります。

そんな千鶴を見て、優は映画と食事に千鶴を誘いました。千鶴の肩を引き寄せて誘ってきた優に、千鶴は満面の笑みで応えます。

千鶴は自分が優の行動に対して気持ちが左右されてしまうなと思います。

3話ネタバレ④ 千鶴は優が誰かと連休中にいたことを知る

車内で千鶴は映画のチケットをうきうきしながら優のIDでオンライン購入します。その時、千鶴の指が滑り、優の映画の履歴を見てしまいます。そこには優が仕事で連絡をしてこなかった連休の日の履歴がありました。

連休中、自分には連絡をしなかったのにも関わらず、優は誰かと映画に行っていたことを知り、千鶴は気が気じゃなくなりました。

「11年後、私たちは」3話の感想

「11年後、私たちは」の3話では、ラストに優は千鶴に嘘をついていたことが発覚しました。千鶴が優を誘っていたのに優は仕事だと言い、一切連絡もせず、その間に誰かと映画を見に行っていました。

千鶴の浮き沈みが見られた話でしたが、喜んでいた千鶴へこの仕打ちはあまりにも悲しいですよね。結婚の話も遠ざかっていた千鶴と、優。優の嘘を知り、千鶴はどうするのでしょうか。

次回のお話では、千鶴のその後の行動や2人の今後も含めて気になるところです

「11年後、私たちは」4話ネタバレ!終わってしまった千鶴と優の11年間

まず、「11年後、私たちは」の4話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は優への疑いをはっきりさせたい
  • 千鶴は優の疑いを暴く
  • 千鶴と優の関係が終わる
  • 千鶴は悲しみの中平常心でいようとする

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

4話ネタバレ① 千鶴は優への疑いをはっきりさせたい

映画館に向かう千鶴と優。自分に嘘をついてまでも違う誰かと映画に行かない優だと信じたい千鶴。でもどうしても真実を知りたい千鶴は、優に携帯を見せてほしいと言います。

それに対して千鶴は優に千鶴らしくないと言われ、さらに千鶴は優を疑ってしまいます。

4話ネタバレ② 千鶴は優の疑いを暴く

運転中、千鶴のいつも通りではない言動に対して明らかに優は焦っています。

そして千鶴は優に、連休に誰かと映画に行ったこと、さらにそれは女性だということを知っていると話します。本当は確信してはいない千鶴なのですが…。その言葉を聞いてさらに優は焦りました。千鶴は優が誰かと映画に行ったことが嘘であってほしいと願います。

しかし、優はあっけなく認めました。優はその女性とただ映画を見て食事をしただけだと千鶴に言い訳をします。認めた優に対して、千鶴は現実を突きつけられ、唖然とします。

4話ネタバレ③ 千鶴と優の関係が終わる

千鶴は一緒に映画に行った女性は彼女という千鶴の存在を知っているのかと優に問いかけます。それに対して優はそこまでの話をする程その女性と会っていなく、もう今後は会わないようにすると千鶴に伝えます。千鶴は冷静ではありますが、怒りを抑えられず、それが本当ならここでその女性に直接電話で会わないことを言ってほしいと話します。

しかし、優はその女性を傷つけてしまうことを考え、電話はできないと断りました。その返答を聞き、千鶴はそれなら優とはこれで終わりにすると伝えます。

そして、11年間いた千鶴より、それ程の回数しか会ったことがない女性を優が守ったことを千鶴は最後言葉にし、車を降ります。

本当は優が追いかけてきてくれると思った千鶴ですが、優は千鶴を止めには来ませんでした。

4話ネタバレ④ 千鶴は悲しみの中平常心でいようとする

その晩、自宅で千鶴は寝床にはいりますが、なかなか寝られません。でも泣くこともなく、胸が引き裂かれる気持ちになり、千鶴は朝を待ちます。それから毎晩毎晩同じ日々を繰り返していた千鶴。

そして、千鶴は職場で仕事に打ち込んで、優とのことを忘れたいと思います。職場では何もなかったことのように時間が流れているので、平常心を保っていられると思っている千鶴。その時、千鶴に男性社員が話しかけてきます。

千鶴は平常心を保っていられるのではなく、千鶴が平常心を保って過ごしたいのだと悟ります。

「11年後、私たちは」4話の感想

「11年後、私たちは」の4話では、千鶴と優の関係が終わってしまいました。千鶴は実際別れたくなかったのに、優は何を思って止めてくれなかったのでしょうか。

優が千鶴に嘘をついて連休に過ごした女性を選ぶのなら、千鶴は悲しくて仕方ないですよね。千鶴が優とのことがあっても、何もなかったことのように仕事をしている姿は苦しく感じました。

次回のお話では千鶴がこれ以上悲しみに包まれてしまわないか、また優の気持ちも気になるところです。

「11年後、私たちは」5話ネタバレ!千鶴の我慢していた涙が溢れる

まず、「11年後、私たちは」の5話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は社員に言われた言葉が心に刺さる
  • 千鶴は優の心が離れた理由を考え悲しむ
  • 千鶴と荻野課長は飲むことになる
  • 千鶴は荻野課長の前で涙を流す

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

5話ネタバレ① 千鶴は社員に言われた言葉が心に刺さる

職場で千鶴は営業課の男性社員に今やっている仕事より先に自分の仕事をやってほしいと頼まれます。しかし、千鶴は他の課の仕事を現在しているからと断ります。

仕事が一段落した千鶴はコーヒーを飲みに席を立ちますが、そこには先ほど千鶴が仕事を断った男性社員と荻野課長がいました。千鶴は足を止め、会話を聞くと、千鶴の悪口を男性社員は荻野課長に言っています。

悪口とは、千鶴が男性社員に柔軟な対応をしなかったことに対して、可愛さがない、千鶴と付き合っていても何も楽しくないだろうということでした。その男性社員の言葉は千鶴の心に刺さり、千鶴は深く悲しみました。

5話ネタバレ② 千鶴は優の心が離れた理由を考え悲しむ

自分の席に戻った千鶴は何も言い返さなかった自分を責めました。そして、以前千鶴は優から記念日でもない日にプレゼントをもらったことに対して、素直に喜びの言葉を言わなかったことを思い出します。

優も自分の可愛さがないところ、それが嫌だったのではないかと千鶴は考えます。そんな気持ちになってしまった千鶴は誰かを誘って飲もうとしますが、友達の真奈は仕事で、他に誘える人がいないことに気付きます。

そんな自分に千鶴は今まで11年間何をしてきたのか、この11年間優がすべてだったと悟ります。

5話ネタバレ③ 千鶴と荻野課長は飲むことになる

千鶴は結局誰も誘えず、コンビニの休憩所で一人飲んでいます。コンビニの壁に貼ってあるポスターの男性に乾杯をした途端、一緒に飲もうかと荻野課長に後ろから突然声をかけられます。

千鶴は驚いて、何故ここにいるのかと荻野課長に聞きました。それに対してこの付近に引っ越してきたと荻野課長は答え、千鶴の前の席に座ります。いたたまれなくなり、帰ろうとする千鶴に、荻野課長は誰かと飲みたかったのでないかと問いかけ、ポスターに声をかけていたところを見られていたことに気付く千鶴でした。

5話ネタバレ④ 千鶴は荻野課長の前で涙を流す

コンビニの休憩室にて何缶もお酒を飲んでいる千鶴と荻野課長。仕事のことで、今日の男性社員との会話を思い出したからか、荻野課長が千鶴は大変なのに頑張っていると千鶴に言ってくれます。

その言葉に千鶴は今まで堪えていたものが溢れ、涙を流してしまいます。

千鶴は仕事も恋愛も上手くこなせていないと思い、泣き続けます。

「11年後、私たちは」5話の感想

「11年後、私たちは」の5話では、優との関係が終わってしまった千鶴が本当は辛く、ずっと我慢していた涙を流しました。

千鶴は可愛さがないという男性社員の言葉に、優が自分に対して冷めてしまった原因がそれではないかと思い、ひどく傷つき、一人で飲んでいたところに荻野課長が現れたのは安心しました。

そこで我慢していたものが吹っ切れて、泣いてしまった千鶴。

次回のお話では、千鶴への荻野課長の今後の対応、千鶴の優への気持ちがどうなるのか気になるところです。

「11年後、私たちは」6話ネタバレ!千鶴に対する荻野課長の優しさ

まず、「11年後、私たちは」の6話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴はいつもと変わらない自分でいたい
  • 千鶴は職場の人間関係が時々面倒
  • 千鶴だけもらわなかった品を荻野課長がくれた

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

6話ネタバレ① 千鶴はいつもと変わらない自分でいたい

千鶴が荻野課長の前で泣いた翌日、出社すると、千鶴は荻野課長と会わないようにしていたのに、早速エレベーター前で荻野課長に会ってしまいます。

エレベーター内で気まずい千鶴に対して、荻野課長はいつもと変わらない態度で千鶴に接してきます。気にしていていた自分を呆れる千鶴。自分の席に千鶴が着くと、隣の席の先輩の藤原さんに千鶴が履いてきた靴を指摘されます。

いつもと変わらないようにしていた千鶴なのに、藤原さんに千鶴は彼氏と上手くいっていないのかと聞かれます。たまに勘のきくそんな藤原さんが最近面倒だと思う千鶴でした。

6話ネタバレ② 千鶴は職場の人間関係が時々面倒

藤原さんと千鶴は頼まれている業務について話します。

その業務に対して、半々にやろうと藤原さんは千鶴に言いますが、楽ではない仕事を残し、さらには一つ多めに自分がやることをわざわざ言ってくる藤原さんの態度に千鶴は嫌な気持ちになります。

その後、千鶴のことを悪く言っていた男性社員が藤原さんに営業課に届いた品を持ってきました。千鶴には渡さず、何も話しかけてこない男性社員。

その態度に千鶴はひどく面倒に思います。

6話ネタバレ③ 千鶴だけもらわなかった品を荻野課長がくれた

藤原さんは男性社員が去った後、中身がボディソープだと知り、千鶴には何故なかったのかと千鶴に問いかけてきます。それは男性社員が千鶴のことを嫌いだからというのは明らか。

その後、荻野課長が来て、藤原さんがボディソープをもらっていることに気付き、千鶴はもらっていないのかと千鶴に聞いてきます。

少し経って、荻野課長から千鶴にこちらにくるようにとメールが届きました。

千鶴は荻野課長のところに向かうと、仕事の話の後、藤原さんがもらっていたボディソープを千鶴は荻野課長に渡されます。

千鶴はそれに対して断りますが、荻野課長は要らない理由を不器用に伝えた後、千鶴に勧め、千鶴は微妙な顔をします。

「11年後、私たちは」6話の感想

「11年後、私たちは」の6話では、千鶴が面倒に感じている職場の社員の態度に直面した後、それに対して千鶴に荻野課長が優しさを見せてくれました。
でも千鶴はそれを荻野課長の優しさとは気づいていないようですね。また自分の前で泣いてしまった千鶴に対して、普段と変わらず接してきた荻野課長。

荻野課長の不器用な優しさを千鶴はこれからどう思っていくのでしょうか。

次回のお話では、千鶴にどう荻野課長が関わってくるのか気になるところです。

「11年後、私たちは」7話ネタバレ!千鶴は優をどうしても忘れられない

まず、「11年後、私たちは」の7話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 友達の真奈と千鶴は優とのことを話す
  • 優のことを忘れられない千鶴
  • 夜道を一人で帰る千鶴を心配する荻野課長

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

7話ネタバレ① 友達の真奈と千鶴は優とのことを話す

居酒屋で千鶴は友達の真奈に優との関係が終わったことを告げます。真奈はとても驚き、それと同時に千鶴のことを心配します。

それに対して、千鶴はまだ忘れられないけれど、頑張ってでも気持ちを切り替えていきたいと思いました。さらに千鶴は真奈に優と別れた理由を話します。

優が浮気をしたことよりも優の千鶴への気持ちがなくなったことが原因だと千鶴は言いました。話している中、優が長く一緒にいた愛より、一瞬のときめきを大事にしていることに、千鶴はときめきなんてずっと続かないと悟ります。

7話ネタバレ② 優のことを忘れられない千鶴

千鶴に真奈は帰り際、早く優を忘れて過ごしてねと元気づけてくれました。

しかし、千鶴は優とたくさん過ごしてきた思い出があるからこそ、すぐに忘れることは難しいと考えます。

帰り道、千鶴は優がもしかしたら先の道で自分を待っていてくれるかもと思ってしまいますが、平常心を保ちます。

7話ネタバレ③ 夜道を一人で帰る千鶴を心配する荻野課長

コンビニでまた荻野課長と偶然千鶴は会います。千鶴と荻野課長は他愛のない話をし、荻野課長に千鶴は夜遅いし彼氏にきてもらえばと言われ、荻野課長とは別れます。

その後、荻野課長は一人で夜道を帰る千鶴のことを心配になります。荻野課長は振り向いて千鶴のことを確認しますが、千鶴の後ろに不審者らしき人が見え、荻野課長は見守り、千鶴の後をついていきます。

しかし、変質者ではなかったことに気付くと、自分の行動に荻野課長は、はっとしました。こんな心配になってしまったのは、特別な感情ではない、また意味の分からない理由を並べて、荻野課長は自分に言い聞かせて帰ります。

「11年後、私たちは」7話の感想

「11年後、私たちは」の7話では、千鶴は、優のことを忘れようとしても簡単に忘れられなく、変な期待をしてしまう自分と葛藤していました。
そして、またしても偶然会った荻野課長は一人で夜道を帰る千鶴を心配してくれます。荻野課長は千鶴に対して特別な感情を抱いているのでしょうか。

次回のお話では、千鶴のやるせない気持ちがどうなるのか、荻野課長の千鶴に対しての気持ちも気になるところです。

「11年後、私たちは」8話ネタバレ!千鶴への気持ちが薄れた優は別れを選択する

まず、「11年後、私たちは」の8話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 優は飲み会で彼女と会う
  • 優は彼女のことを好きになっていく
  • 優は千鶴より結果的に彼女をとる
  • 優は千鶴より結果的に彼女をとる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

8話ネタバレ① 優は飲み会で彼女と会う

優は付き合った頃に千鶴の癖を可愛いと本気で思っていたのに、11年後、それすらも可愛いと思えなくなっていました。

そして、前までは明るかった千鶴でしたが、仕事に疲れているからか、千鶴は暗い顔をすることが多くなります。

そんな千鶴と会うことが優は徐々に嫌になって、会いたいという気持ちから会わなくてはいけないという気持ちに変わっていました。

8話ネタバレ② 優は彼女のことを好きになっていく

優は友達から、女性がいる飲み会に誘われます。一度は優も断りますが、友達の強引な誘いに負けて、行くことにした優。

昔なら行かなかった優は少しくらいいいのではないかと思うようになってしまいました。その飲み会で優は彼女と会います。

その彼女は優の話を興味津々に笑顔で聞いてくれ、気が付いたら優は千鶴のことを忘れ、彼女のことを気になっていました。

8話ネタバレ③ 優は千鶴より結果的に彼女をとる

映画を彼女と見に行く優。会う時は楽しみで、映画を見ていても彼女のことを気になっていました。

映画を見ながら、彼女の手を取る優は、ドキドキする気持ちが懐かしく、嬉しくなります。
映画を見てから彼女と食事をしていると、彼女は優に本当に恋人はいないのかと確認してきます。

それに対して、優は4年付き合っていた彼女と別れたばかりと期間も千鶴の存在も隠しました。

その答えにより、彼女に今の優と彼女の関係を優は問われますが、11年付き合ってきた千鶴と離れるべきなのかと考えます。

8話ネタバレ④ 優は千鶴より結果的に彼女をとる

優は千鶴と連休明けに会うと、とても暗い顔をしている千鶴のことが気になります。やはり傷つく千鶴を見たくないと思う優は千鶴に優しく接しました。

喜ぶ千鶴を見て、優は千鶴と彼女と今の関係を続け、彼女との思いが一時的なら、千鶴に彼女の存在をばれないようにすればいいのではないかと考えてしまいます。

その後、車内で千鶴に彼女と映画に行ったことを聞かれ、優は焦りました。

怒った千鶴の顔や態度が苦手な優は、千鶴が悲しむことは分かっていましたが、千鶴の要望を飲めず、別れることになってしまいます。

車から降りた千鶴を優が追いかけなかったのは、自分の千鶴に対する気持ちが本当かわからなくなっていたからと、優は思いました。

「11年後、私たちは」8話の感想

「11年後、私たちは」の8話では優の千鶴への気持ちが変わってしまったことにより、千鶴との11年間を終える選択をしたと優は考えていました。

優側で見ると、千鶴の気持ちを思うとさらに悲しくなりますが、優の気持ちも苦しいですよね。

昔と11年後で可愛いと思っていたところも可愛いと思わなくなり、毎回会う度に嫌な気持ちになっていた優。

そこで出会って惹かれあった彼女。できれば千鶴を気付つけてほしくなかったですけれど、優と彼女のその後がどうなのか、優のその後の気持ちも気になるところです。

「11年後、私たちは」9話ネタバレ!父親と口論になり家を飛び出す千鶴

まず、「11年後、私たちは」の9話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 彼女といる優は千鶴のことを考える
  • 千鶴は親に優と別れたことを告げる
  • 家を飛び出した千鶴は荻野課長と会う

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

9話ネタバレ① 彼女といる優は千鶴のことを考える

優と彼女はデート中、彼女が気に入った靴を見つけ、店に入ります。試着すると、高い金額だから諦めようとする彼女ですが、店員に勧められ、なぜか優が買うことになりました。

優はそんなとき、以前千鶴が彼女と同様に靴を見ていたことを思い出します。優が買おうかと千鶴の腕を引っ張りますが、千鶴は断ります。

千鶴はいつもそういうとき断っていましたが、あのときどの靴が欲しかったのか結局わからなかった優。11年間いたのにお互いに相手のことをほとんど知らなかったのではないかと優は考えます。

9話ネタバレ② 千鶴は親に優と別れたことを告げる

千鶴は買い物の会計中、優にもらった財布を使います。11年間の期間でたくさんの物をもらっていて、その物を千鶴は捨てる気はありませんでした。

物を捨てても優との思い出は消えないからと昔のことを思い出します。千鶴は自宅に帰ると、母親に作ったご飯を優に持って行ってと言われます。

それに対して、千鶴は優と別れたことを母親に告げました。母親は結婚すると思っていた様で、本人同士だけの別れではなかったと千鶴は悲しみます。

その後、食事中、父親にも優との別れについて話していると、口論になり、千鶴は家を飛び出します。

9話ネタバレ③ 家を飛び出した千鶴は荻野課長と会う

急に家を飛び出したので、上着も持ってこなかった千鶴。

外は寒く、上着を着ていないまま優とばったり会ったらバカにされるなど、また優のことばかり考えてしまう自分に千鶴はばかばかしく思います。

その時、後ろから上着をかけてくれる手が…。千鶴が後ろを振り向くと荻野課長でした。

「11年後、私たちは」9話の感想

「11年後、私たちは」の9話では、千鶴が父親と優と別れたことで口論になり、家を飛び出します。そんな千鶴に後ろから上着をかけてくれたのは、荻野課長でした。

いつものことですが、とてもいいタイミングで荻野課長は現れてくれますね。どんなときでも優のことを考えてしまう千鶴。そんな自分にばかばかしく感じる千鶴の姿は悲しいです。千鶴と荻野課長がその後何を話すのか気になるところです。

「11年後、私たちは」10話ネタバレ!千鶴の幸せを願っている両親

まず、「11年後、私たちは」の10話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 荻野課長は千鶴を心配して寄り添おうとする
  • 千鶴は荻野課長に両親のことを話し、安心する
  • 両親は千鶴の幸せを願っている

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

10話ネタバレ① 荻野課長は千鶴を心配して寄り添おうとする

公園で話している千鶴と荻野課長。親とケンカをして家を飛び出したのだろうと荻野課長は千鶴に問いかけます。

それに対して、千鶴は本当のことを言いませんでした。その千鶴の姿を見て、荻野課長は千鶴を心配します。

借りていた上着を返そうとする千鶴に、荻野課長は風邪を引かれたら仕事に来ることができなくなると指摘すると、千鶴は早急にその場を離れたくなりました。

千鶴は帰ると荻野課長に伝えますが、心配する荻野課長は家まで送ろうとします。ただ一人になりたい千鶴。断ろうとした瞬間、夕ご飯を食べていない千鶴のお腹の音を鳴り、千鶴と荻野課長はご飯を食べに行くことになりました。

10話ネタバレ② 千鶴は荻野課長に両親のことを話し、安心する

居酒屋にて、ハイペースでお酒を飲む千鶴を荻野課長は見守ります。千鶴は荻野課長に両親の話をし、千鶴の両親は千鶴に対して、人並みの生活を送ることを考えていると話しました。

人並みに仕事、結婚、出産…それは千鶴にとっては難しいことで、両親を悲しませてしまったことを続けて話します。それに対して、荻野課長はどんな親でも子供が幸せであることを願っているのではないかと、千鶴に伝えます。

その後、帰り道、千鶴は不得意だった荻野課長といることに安心感を覚え、荻野課長に感謝の言葉を述べます。千鶴に感謝され、荻野課長は喜びます。

10話ネタバレ③ 両親は千鶴の幸せを願っている

帰宅後、千鶴は起きて待っていた母親と話します。早く寝ようと言う母親は、千鶴に時が経てば忘れられると言ってくれました。

そして、父親は職場で他の社員が息子のお嫁さんや孫の話をしている中、千鶴が彼氏と別れた話をします。

父親は自分がどうなってもいいが、ただ千鶴たちが笑っていて幸せであってほしいと話しました。

「11年後、私たちは」10話の感想

「#11年後、私たちは」の10話では、千鶴の両親は千鶴たち娘が悲しまず、ただ幸せでいてほしいと思っていることがわかりました。

千鶴本人は両親に自分が人並みの生活をしてほしいと考えていると思っていましたが、その話を聞いて、両親の思いは一つだけではないかと教えてくれたのは荻野課長でした。

千鶴は荻野課長といて安心感を覚え、感謝の言葉を伝えたことに対して、荻野課長が喜んでいる姿は微笑ましいですよね。安心感を覚えた千鶴と荻野課長の今後の関係が気になるところです。

「11年後、私たちは」11話ネタバレ!荻野課長の優しさが気になる千鶴

まず、「11年後、私たちは」の11話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は営業課の南さんの態度に苛立つ
  • 営業課の南さんが千鶴に罪を擦り付けようとする
  • 千鶴は荻野課長の優しさが気になる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

11話ネタバレ① 千鶴は営業課の南さんの態度に苛立つ

千鶴は職場で、千鶴に対して嫌な対応をしてくる営業課の南さんと会います。すれ違いざま、千鶴は南さんに挨拶をすると、南さんは千鶴の挨拶を聞かないふりをしました。

そんな南さんの態度を千鶴は大人げないと苛つきます。その日、千鶴は仕事が終わらず、残業をします。残業は嫌いだけど、人がいない職場の雰囲気が好きだと思う千鶴。

仕事も終わり、帰ろうとしていた千鶴に南さんが慌てて声をかけてきます。問題が発生したことを南さんは千鶴に告げ、修正をしてほしいと千鶴にお願いしました。

それに対して、千鶴はわざと、自分がいてよかったですねと南さんに言います。

11話ネタバレ② 営業課の南さんが千鶴に罪を擦り付けようとする

営業課の南さんは千鶴がわざと言った言葉に対して、とても苛ついています。

修正したことを営業課の部長に南さんは電話をしますが、謝罪と共に、デザイン課の間違えだと千鶴に罪を擦り付けるために部長に伝えます。

そんなことも知らない千鶴は南さんが持ってきた修正が解決したのか分からず、職場で待っていました。すると、パソコンで南さんが帰っていること、また荻野課長がまだ残っていることを知ります。

荻野課長がいることを少し気になりつつ、千鶴は帰ろうとします。

11話ネタバレ③ 千鶴は荻野課長の優しさが気になる

外は雪が降っていました。千鶴は荻野課長が傘を持っているのか気になりますが、自分が気にするのは変だと思って帰ります。

その途端、後ろから荻野課長が千鶴の傘に入ってきます。急に傘に入ることをやってみたかったと話をする荻野課長にドキドキする千鶴。

少し歩くと傘を持つ千鶴の手が冷たそうだと、荻野課長は気になります。そんな千鶴に荻野課長は自分に傘が当たっているから傘を持ちたいと伝えました。

そして、さらに千鶴の手が冷たそうなため、自分の手袋を貸そうとする荻野課長に、千鶴は疑問を思います。

どうして私に荻野課長は優しいのか…。千鶴は荻野課長に問いかけると、荻野課長は気になっているのかとさらに千鶴に問いかけてきました。

「11年後、私たちは」11話の感想

「11年後、私たちは」の11話では、千鶴が荻野課長が自分に対してなぜ優しいのか気になり、荻野課長に問いかけました。

それに対して荻野課長はどう答えるのでしょうか。また、南さんが千鶴に仕事上のミスを擦り付けようとしていました。

千鶴はどう切り抜けていくのかも気になります。次回のお話では、荻野課長が千鶴に対して優しい理由がはっきりするのか気になるところです。

「11年後、私たちは」12話ネタバレ!荻野課長の友達申請を承諾した千鶴

まず、「11年後、私たちは」の12話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 荻野課長は千鶴に友達になろうと提案をする
  • 千鶴は荻野課長と友達になることを断る
  • 千鶴は荻野課長と友達になることを決意する

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

12話ネタバレ① 荻野課長は千鶴に友達になろうと提案をする

帰宅途中、荻野課長は千鶴に対しての優しさの理由の答えを知りたいのであれば、ご飯代を出してほしいと千鶴に言います。

そして、千鶴と荻野課長は定食屋に行き、荻野課長が完食した後、千鶴は早く理由を教えてほしいと荻野課長に問いかけました。

荻野課長は今まで引っ越してきて、気の知れる友達ができず、気の合う同期もやめてしまって、寂しさを覚えていたと話します。

久しぶりに楽に話せる人…千鶴と出会えて、友達になりたいと荻野課長は千鶴に続けて話しました。

12話ネタバレ② 千鶴は荻野課長と友達になることを断る

友達を提案された千鶴はどもります。それに対して、荻野課長は彼氏に悪いかと心配しますが、千鶴は彼氏と別れたことを告げます。

彼氏がいないなら友達になろうと期待の眼差しを向ける荻野課長に、千鶴は自分の気持ちを伝えました。

荻野課長は気楽に話せるのかもしれないが、自分にとっては上司であることは変わらないし、気にしてしまうと千鶴は荻野課長に話します。

それに対して、荻野課長は仕事以外でただ普通に過ごしたかったが、諦めると千鶴に伝えます。

12話ネタバレ③ 千鶴は荻野課長と友達になることを決意する

千鶴と荻野課長がお店から出ると、もう雨はやんでいました。荻野課長は雨がやんでいなかったら千鶴に家まで送ってもらおうとしていたと千鶴に話すと、千鶴は勘違いして焦ります。

それから二人で歩いている中、荻野課長と友達になりたくないわけではないと考える千鶴。いつものコンビニに着き、荻野課長が去る時、千鶴はこのままではいけないと複雑な気持ちになります。

千鶴は荻野課長を呼び止め、友達になることを伝えました。それに対して荻野課長は笑って応えます。その後、千鶴は優との別れがあったからか、自分もきっと友達が見つけたかったと考えます。

一方、荻野課長は千鶴と別れた後、千鶴が彼氏と別れていたことに対して、嬉しがっていました。

「11年後、私たちは」12話の感想

「11年後、私たちは」の12話では、千鶴が荻野課長の友達提案に対して応えました。

千鶴は優と別れた寂しさを友達、荻野課長がいることで少し埋められるのでしょうか。荻野課長が千鶴と彼氏が別れたことに対して喜んでいるのは、やはり千鶴に気があるということでしょうね。

今後、友達になった千鶴と荻野課長の関係が今までとどう変わってくるのか気になるところです。

「11年後、私たちは」13話ネタバレ!荻野課長のおかげで気持ちが晴れる千鶴

まず、「11年後、私たちは」の13話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 優は彼女からの連絡を面倒に感じる
  • 千鶴は南さんにミスを擦り付けられた
  • 千鶴は荻野課長のおかげで気持ちがスッキリする

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

13話ネタバレ① 優は彼女からの連絡を面倒に感じる

優は仕事中、彼女からのメールがきて返しますが、すぐに彼女からの返信がきて、通知が鳴り続きます。

仕事の作業をしなくてはいけない優は彼女に忙しいと返信をすると、一度彼女も承諾したものの、通知は鳴り止みません。

携帯を気にする優に上司は注意をし、優は彼女に対して面倒だと感じました。

13話ネタバレ② 千鶴は南さんにミスを擦り付けられた

営業課の南さんは以前問題が起きたことに対して、会議室で、荻野課長もいる中で部長に注意されています。部長は南さんに確認したのかと問いかけますが、南さんはデザイン課…千鶴のせいだと伝え、千鶴は会議室に呼び出されます。

部長はデザイン課 千鶴のミスだったと南さんは言っていることを千鶴に伝え、真実を確認します。

しかし、自分にミスはなかったと思うが、確認したいと答える千鶴に対して、部長は問いただそうとしますが、荻野課長が止めに入り、確認不足だった自分のせいだと謝罪しました。

会議室から出ると、千鶴は南さんに今後の対策、さらにミスを他の人に擦り付けたり自分はしないと告げます。それに対して、反応しなかった南さんに荻野課長は千鶴の対策を承諾し、南さんに圧をかけました。

13話ネタバレ③ 千鶴は荻野課長のおかげで気持ちがスッキリする

屋上にて、千鶴は南さんとのやり取りに関して考えていました。言いたいことは言えず、スッキリしていない千鶴に荻野課長がコーヒー缶を渡してくれます。

千鶴はそんな荻野課長に、会議室の話し合いの謝罪をします。それに対して、荻野課長は千鶴に南さんに告げたことを褒めました。その言葉にスッキリすることができた千鶴は荻野課長の横顔を見つめますが、荻野課長はすぐに気付きます。

そして、荻野課長は千鶴に金曜日の夜の予定を聞きます。

「11年後、私たちは」13話の感想

「11年後、私たちは」の13話では、千鶴が南さんに濡れ衣着せられスッキリしない気持ちでいますが、荻野課長のおかげでスッキリした気持ちになりました。

千鶴にミスを擦り付けてきた南さんや、千鶴に問いただそうとした部長に対しての荻野課長の言動が、千鶴のことを守っているようでした。

千鶴が嫌な気持ちでいたのに荻野課長の言葉で気持ちが晴れてよかったですね。千鶴と荻野課長の金曜日の夜がどうなるのか気になるところです。

「11年後、私たちは」14話ネタバレ!親睦会で優と別れたことを話す千鶴

まず、「11年後、私たちは」の14話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は営業課とデザイン課の親睦会に荻野課長に誘われる
  • 優は彼女と千鶴を比較してしまう
  • 親睦会で千鶴の席に荻野課長が来る
  • 彼氏と別れたことを告げた千鶴は席を外す

14話ネタバレ① 千鶴は営業課とデザイン課の親睦会に荻野課長に誘われる

荻野課長が千鶴に金曜日の夜の予定を聞いたことにより、千鶴はドキドキしますが、営業課とデザイン課の親睦会を開こうと思っていると荻野課長は言います。

親睦会当日、藤原さんはいつもより綺麗な服装で出社しているのに対して、千鶴は藤原さんに声を掛けますが、頑なに親睦会があるからではないと言う藤原さん。

それを見て、千鶴は親睦会も藤原さんも面倒だと感じました。

14話ネタバレ② 優は彼女と千鶴を比較してしまう

優は友達の久志と居酒屋で飲んでいますが、彼女からの通知が鳴り続いていました。

それに対して、優は彼女にメールを返さなくていけないことが面倒で、構ってほしい彼女に頭を抱えます。

優は千鶴は違ったと言いますが、久志に比較するのかと聞かれ、気を取り直して飲もうとします。

14話ネタバレ③ 親睦会で千鶴の席に荻野課長が来る

千鶴は営業課とデザイン課の親睦会に出席しますが、デザイン課のところには誰も来ないので千鶴はぼーっとしています。

藤原さんもまた同じ気持ちでいるため、千鶴に話しかけて飲もうとします。すると、千鶴の席に荻野課長が来てくれ、デザイン課に声を掛けてくれました。それに対して、喜ぶ藤原さん。

千鶴は荻野課長が千鶴たちの席に来たことから、人が集まりにぎやかになったことを気付きます。

14話ネタバレ④ 彼氏と別れたことを告げた千鶴は席を外す

営業課の部長はデザイン課の千鶴と藤原さんに結婚のことについて聞きます。結婚しないのかとしつこく部長に問いかけられると、千鶴はみんなの前で彼氏と別れたと告げました。

その後、千鶴は席を立つと、営業課の人と藤原さんは11年間付き合って別れた千鶴の心境について話しますが、荻野課長はその話を止めようと言います。

場の雰囲気を凍らせてしまって席を外した千鶴。千鶴は部長からの結婚の問いに対して嫌な気持ちになっていました。

その時、千鶴の向こう側から酔っている男性たちが来ます。男性は千鶴に気付き、触ろうとします。

「11年後、私たちは」14話の感想

「11年後、私たちは」の14話では、親睦会で千鶴は彼氏と別れたことをみんなの前で告げました。それに対して、社員は騒ぎますが、荻野課長が話を止めてくれました。

席を外した千鶴に酔った男性が触ろうとしてきますが、大丈夫なのでしょうか。また優は明らかに今の彼女に対して面倒に感じています。優の気持ちはどのようになるのか気になりますね。

次回のお話では、千鶴を触ろうとする男性に対して誰が対応してくれるのか気になるところです。

「11年後、私たちは」15話ネタバレ!荻野課長といる千鶴を呼び止める優

まず、「11年後、私たちは」の15話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 荻野課長が酔った男性と口論になった千鶴を守る
  • 恐怖感がある千鶴を荻野課長は心配する
  • 優は千鶴が荻野課長と二人でいるところを見つける

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

15話ネタバレ① 荻野課長が酔った男性と口論になった千鶴を守る

なかなか飲みの席に戻ってこない千鶴を、話しかけてくる藤原さんにも気付かないほど、荻野課長は心配します。

そして、千鶴の様子を見に来た荻野課長は千鶴と酔った男性が口論になっているところに出くわしました。

口論内容は酔った男性が千鶴の胸を触ろうとしたということで、荻野課長も焦り、千鶴と酔った男性との口論に千鶴を守る形で荻野課長は割り込みます。

その姿を見て、酔った男性も冷静になり、荻野課長が千鶴の上司と名乗ったことから、酔った男性が勘違いしていることに気付きます。

それに対して、勘違いで自分の胸を触れようとしたのかと激怒する千鶴の姿を見て、荻野課長も怒りが増し、酔った男性に謝るように言いましたが、全く詫びない態度の酔った男性にさらに荻野課長は激怒します。

今度は千鶴が荻野課長に酔った男性にかける時間がもったいないと止めました。

15話ネタバレ② 恐怖感がある千鶴を荻野課長は心配する

千鶴と荻野課長がその場を去ろうとしたところ、酔った男性の携帯が鳴ります。電話の相手は酔った男性の奥さん。

酔った男性は奥さんに、自分の子供と同年代なのに生意気な娘に出くわしたと千鶴のことを悪く話しますが、それに我慢できず、千鶴は酔った男性の携帯を奪います。

千鶴は奥さんに自分の娘と同年代の女性に手を出していると言い放ち、酔った男性に携帯を返し、千鶴と荻野課長はその場を離れました。

店の外に出てきた千鶴と荻野課長。荻野課長は千鶴の行動がいつもの千鶴ではなかったことから、本性はそうなのかと笑いながら話すと、千鶴は震えながら本性だと答えます。

そんな千鶴の肩を荻野課長は抱こうとしますが、ぐっと堪えて、千鶴にもう帰ろうと言ってくれました。

15話ネタバレ③ 優は千鶴が荻野課長と二人でいるところを見つける

優と久志は次の店を探していると、千鶴と荻野課長が並んで歩いているところを見つけます。

久志はそれを見て、千鶴にも彼氏ができたのかと話します。続けて、優にも彼女はいるし、千鶴ができたとしても仕方ないと話すと、優の姿がこつぜんといなくなります。

千鶴と荻野課長が歩きながら話している中、突然誰かが千鶴を呼びました。千鶴はその声が優だと知り、びっくりして固まります。

「11年後、私たちは」15話の感想

「#11年後、私たちは」の15話では、恐怖感を覚えている千鶴を荻野課長が心配し、寄り添っている姿を優が見つけました。

まさかその姿を見て、優が千鶴に声をかけるとは思いませんでした。自分から新しい彼女を見つけたのにも関わらず、まだ優は千鶴に対して未練があるのでしょうか。

震える千鶴を触れない荻野課長は優しくて、微笑ましいですよね。

「11年後、私たちは」16話ネタバレ!お互いにまだ未練がある千鶴と優

まず、「11年後、私たちは」の16話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は優に荻野課長が新しい彼氏と嘘をつく
  • 荻野課長は千鶴のことを好きと確信する
  • 千鶴は荻野課長と映画へ行く約束をする
  • 優の返答に彼女はいい顔をしない

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

16話ネタバレ① 千鶴は優に荻野課長が新しい彼氏と嘘をつく

優は荻野課長といる千鶴に元気だったかと問いかけます。一緒にいる荻野課長は彼氏なのかと聞く優に対して、千鶴は彼氏だと嘘をつき、荻野課長もまたそれに話を合わせました。

優は千鶴にもう彼氏がいることにびっくりしますが、千鶴はもう関係ないことだと冷たく言い放ち、荻野課長の腕を取り、優と別れます。

そんな優に久志は、11年間付き合っていたから気になるのはわかるけど、それ以外に未練があるのかと優に尋ねます。

16話ネタバレ② 荻野課長は千鶴のことを好きと確信する

次の日、荻野課長は自宅にて、昨晩のことを思い出します。千鶴に腕を組まれた荻野課長は千鶴には平気なふりをしますが、内心はドキドキで、夜も眠れませんでした。

千鶴に腕を組まれたことを荻野課長は何度も思い出し、荻野課長は千鶴のことを好きだと確信しました。

その後、荻野課長は、千鶴と会えないかと期待し、いつも偶然出会うコンビニ、公園に行きますが、千鶴の姿はありません。

千鶴に会いたい荻野課長は、千鶴に連絡するか悩みますが、勢いに任せ、連絡してみることにします。

16話ネタバレ③ 千鶴は荻野課長と映画へ行く約束をする

一方、千鶴は自宅にて、優のことを思い出していました。そんな中、携帯が鳴ったので、優ではないかと期待してしまう千鶴。

荻野課長からのメールだと知った千鶴は、優が連絡してくるわけがないと思います。もう絶対優と会いたくないと思っていた千鶴は、優ともう一度会いたいとも本当は思っていました。

そして、千鶴は荻野課長に返信をしますが、荻野課長から一緒に映画に行かないかと頼まれごとをされます。

それに対して、ドキドキして返信が少し遅くなってしまう千鶴。そんな千鶴の返信を待つ荻野課長は、承諾してくれた千鶴の返信を見て、喜びます。

16話ネタバレ④ 優の返答に彼女はいい顔をしない

優は彼女と食事をしていますが、優は千鶴に新しい彼氏ができたことが気になって仕方ありません。彼女は心ここにあらずな優を心配します。

彼女は優に、彼女の友達が彼氏に高価な物をもらったこと、さらにはパソコンをもらったことを話します。あからさまに優にパソコンを買ってほしいと思っている彼女に対して、優は使えるのならまだいらないのではないかと言います。

その優の言葉に彼女は納得いかない顔をしました。

「11年後、私たちは」16話の感想

「#11年後、私たちは」の16話では、別れてから初めて千鶴と優が会いました。千鶴が気になる優。荻野課長が新しい彼氏だと嘘をつく千鶴。二人の気持ちは今後どう動くのでしょうか。

また、優からの連絡をまだ期待している千鶴に対して、荻野課長は恋心があると確信しました。

荻野課長の千鶴に腕を組まれて喜ぶ姿や映画の約束ができ喜ぶ姿、どこを取っても荻野課長は可愛らしいですよね。

次回のお話では、優に対して彼女がどう返答するのか、千鶴と荻野課長のデートはどうなるのか、気になるところです。

「11年後、私たちは」17話ネタバレ!苦手な映画も荻野課長のおかげで安心できる千鶴

まず、「11年後、私たちは」の17話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 優は彼女といることが苦しくなる
  • 荻野課長は千鶴とのデートの準備をする
  • 千鶴は苦手な映画も荻野課長のおかげで平常心でいられる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

17話ネタバレ① 優は彼女といることが苦しくなる

カフェにいる優と彼女。優の返答に彼女はパソコンを優に買ってほしくて言ったわけではなく、友達を羨んだだけだと優に話します。

優は理解していると話すと、彼女は優の返答の仕方を注意しました。優は仕方なく、折れてパソコンを今度買うと伝えると、彼女は今後は気を付けてほしいと優に言います。

そんな彼女を優は初め、若いからこその可愛さがあり、自分の話を楽しそうに聞いてくれたので惹かれました。

その時は自分がしっかりした一人の男性になったと錯覚して、とても嬉しく感じていました。

しかし、何かを買ってほしいと言われることに鼻高々になっていた自分もお金を心配するようになり、彼女の前で着飾っている自分でいるのが苦しくなったと優は考えます。

17話ネタバレ② 荻野課長は千鶴とのデートの準備をする

荻野課長は千鶴と映画に行くので、自宅で当日の服装を考えています。

友達に今ある服を着た自分を送り、デートで有か無か確認しますが、友達は無と言ってきます。結局荻野課長は友達に勧められた服を購入しました。

そして、今度は千鶴と見る映画について荻野課長は調べます。

ネットで検索したところ、デートにおすすめはホラー映画と載っていたので、千鶴が苦手かもと脳裏に浮かびますが、ネットを鵜呑みにし、ホラー映画の予約をします。

全て準備が整った荻野課長は当日頑張ると決心します。

一方、千鶴も自宅で、当日の服装を考えますが、デートではないと自分に言い聞かせていました。

17話ネタバレ③ 千鶴は苦手な映画も荻野課長のおかげで平常心でいられる

映画に行く当日、千鶴は待ち合わせ場所で荻野課長を待ちます。待ち合わせ場所に来た荻野課長の服装を見て、千鶴はドキドキします。そして、荻野課長が見たい映画がホラー映画と知り、青ざめる千鶴。実は千鶴はホラー映画が得意ではありません。

映画を見始めると荻野課長は青ざめている千鶴を心配します。

しかし、千鶴は荻野課長が見たいと言っているのに失礼なことは言えないと気を使います。すると、荻野課長は音楽が流れているイヤフォンを千鶴に勧めました。

その音楽のおかげで千鶴は恐怖感があったのにも関わらず、平常心でいられました。

「11年後、私たちは」17話の感想

「11年後、私たちは」の17話では、千鶴と荻野課長が映画に行き、苦手な映画でも千鶴は穏やかな気持ちでいられました。

ネットで検索した情報を鵜呑みにする荻野課長は可愛らしいですし、怖がっている千鶴にイヤフォンをそっと渡す荻野課長は素敵でした。

また、優は彼女といることで苦しくなっている自分に気付きました。そんな優がどのような選択を今後するのでしょうか。

「11年後、私たちは」18話ネタバレ!偶然を装って千鶴と一緒に出社する荻野課長

まず、「11年後、私たちは」の18話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は優の夢を見なくなった
  • 優は千鶴と荻野課長が一緒にいる姿を再び見る
  • 優の彼女は優と結婚する気でいる
  • 荻野課長は千鶴との偶然を装う

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

18話ネタバレ① 千鶴は優の夢を見なくなった

千鶴は自宅で目覚まし時計の音とともに起き、顔を洗います。千鶴は優との関係が終わった後、必ず毎日優の夢を見ていました。

そのため、これからずっと優の存在を忘れずに生きていくのではないかと思っていた千鶴。しかし、時が経ち、優の夢を見ることはなくなりました。

自宅を出て、コンビニの前を通る千鶴はまた荻野課長と偶然会い、挨拶をします。千鶴は、優の未練が全てなくなる日がいつかくるはずだと思っています。

千鶴と会った荻野課長はここまで偶然が重なって会うということは必然だと千鶴に話します。その言葉は荻野課長にとって、運命的と千鶴に思ってほしいのですが、千鶴はいつも一番に職場にいる人が遅い時間での出勤であることに疑問に思います。

話の途中、荻野課長は今後朝一緒に職場に行かないかと千鶴に提案しますが、それに対して千鶴は、恋人でもないのにおかしいと答えました。荻野課長は車なら一緒に行ってくれるだろうかと考えます。

18話ネタバレ② 優は千鶴と荻野課長が一緒にいる姿を再び見る

優は千鶴への好きという気持ちが見えなくなって別れたのに、まだ千鶴のことを想っている自分に対して、別れたのは間違いだったのではないかと考えています。

千鶴のことを考えていると、千鶴の家の付近まで気付けば車で優はきていたのです。すると、優は千鶴と荻野課長が二人で出勤している姿を見てしまいました。

千鶴の家に宿泊してからの出勤なのではないかと優は考え、悶々とし、二人のところに向かおうとしますが、思いとどまります。

千鶴と荻野課長は電車に乗って職場に向かいます。その際、二人の間を女性が無理矢理入ってきました。千鶴はその女性に押され、狭くなってしまいますが、荻野課長が千鶴を寄せてくれます。寄せられたことにより、千鶴はドキドキします。

18話ネタバレ③ 優の彼女は優と結婚する気でいる

カフェにて、優の彼女は、友達の弘子に彼氏にパソコンを買ってもらったことを自慢します。弘子は彼氏はお金をたくさん持っている人なのかと彼女に尋ねると、彼女は社会人の彼氏を弘子に勧めます。

それに対して、弘子は学生にとっての社会人の悪いイメージを言いますが、彼女は彼氏である優の良さを伝えます。続けて、弘子は彼女に就職活動は進んでいるかと聞くと、彼女は全く就職活動をする気ではありませんでした。

彼女は何も優と話していないのに、優と近々結婚すると思い込んでいたのです。それに対して、弘子は心配をしますが、彼女は優がいい会社に勤めているから問題ないと答えました。

18話ネタバレ④ 荻野課長は千鶴との偶然を装う

千鶴と朝コンビニ前で偶然会う前、荻野課長はコンビニの中でずっと千鶴がくるのを待っていました。千鶴がまだ通らないことから、荻野課長は違う道で千鶴は行ってしまったのかもと不安になります。

しかし、千鶴の存在を確認できた荻野課長は、偶然を装い、千鶴が通る瞬間を見計らって、コンビニを出ます。荻野課長は千鶴を好きになった気持ちに悔いを残さぬように、例えば自分が会いたいと思ったらそれを気持ちのままに行動することにしていました。

「11年後、私たちは」18話の感想

「11年後、私たちは」の18話では、荻野課長が偶然を装って、千鶴と出社しました。今回は偶然ではなく、荻野課長は千鶴が来るのを待っていたのですが、そんな荻野課長はやはり微笑ましいですよね。

そして、そんな二人をまたしても見てしまい、悶々とする優は、どのように今後動いていくのでしょうか。

また優の彼女はとても思い込みが激しい方で、千鶴のことばかり考えている優に対して一体どう結婚の話をするのか気になるところです。

「11年後、私たちは」19話ネタバレ!優は今結婚する気になれない

まず、「11年後、私たちは」の19話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴に電話ができない優は彼女の結衣を誘う
  • 優は結衣から結婚の話をされる
  • 優は結衣に今結婚する気はないと伝える
  • 荻野課長と千鶴は同じ仕事をすることになる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

19話ネタバレ① 千鶴に電話ができない優は彼女の結衣を誘う

優は出社しても、千鶴と荻野課長が一緒に出勤していたことが気になっています。

色々考えてしまった優は千鶴に直接電話をしようと思いますが、思いとどまり、そのまま彼女の結衣に電話をしました。

優は自分の浮気が別れる原因になったのにも関わらず、千鶴に電話はできなかったのです。

仕事後、優は結衣と車内で、結衣に買ったパソコンについて話します。

結衣がとても喜んでいるのを見て、優は買ったことを間違いではなかったと思いました。

その後、結衣は夕飯のお店を探しますが、明らかに高いお店を優に勧めます。

優は結衣にパソコンも今月買っているため、お金がないと思い、違うお店を結衣に勧めますが、結衣はそれに対して、不服そうな言葉を放ちます。

19話ネタバレ② 優は結衣から結婚の話をされる

結局優の勧めた店で食べることになった優と結衣。

不服そうな結衣は文句を言った後、食べながら、結婚の話を優にします。

結衣は自分の親が早くに結婚したため、結衣にも若いうちに結婚してほしいと親に言われていて、自分もそれに同意していると優に話し続けます。
優はまさか結衣から結婚の話をされると思いもせず、ふいに千鶴とは何故結婚しなかったのかと考えます。

19話ネタバレ③ 優は結衣に今結婚する気はないと伝える

以前、千鶴に結婚の話をされるとまるで他人事のように受け流していた優。

それに対して、千鶴はいつも結婚の話を避けている優に腹を立ちながら諦めていました。

千鶴の嫌なところばかりが見えていた優は、千鶴の嫌なところを全て受け入れられる自信がなく、他にいい人がいるかもしれないと思っていました。

それなのにも関わらず、優は今千鶴の優しさやさりげない気遣いがあった良いところを思い出してしまいます。

優は結衣に今結婚する気がないことを伝えます。

19話ネタバレ④ 荻野課長と千鶴は同じ仕事をすることになる

荻野課長は職場で部長に急ぎの仕事を頼まれます。それに対してその仕事をデザイン課の千鶴と一緒にやりたいと密かに思う荻野課長。

荻野課長は千鶴と藤原さんに急ぎの仕事をやってほしいと伝えると、残業を避ける藤原さんは返事をしないため、千鶴がその仕事を受けることにしました。

荻野課長が自分と一緒に仕事は進めていくことを告げると、藤原さんは内心受ければよかったと後悔します。

一方、荻野課長は千鶴と一緒に仕事ができることがうれしくて仕方がありません。

千鶴は残業中、とても疲れて席でうたた寝していましたが、顔の近くに来た荻野課長に気付き、どきっとします。

「11年後、私たちは」19話の感想

「11年後、私たちは」の19話では、優が結婚の話をしてきた結衣に、今はその気がないことを告げました。

そういう話やお金に関することではよく結衣は不服そうな態度を取りますが、この優の言葉に対してどう思うのでしょうか。

また千鶴は荻野課長と同じ仕事をすることになりました。うたた寝していた千鶴に近づいた荻野課長にドキドキしますね。

「11年後、私たちは」20話ネタバレ!荻野課長に心を許せた千鶴

まず、「11年後、私たちは」の20話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 荻野課長は千鶴の寝顔を可愛いと思う
  • 千鶴は荻野課長に手を繋がれる
  • 千鶴は荻野課長に心を許し始める
  • 結衣が優と結婚したい理由は家庭事情にある

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

20話ネタバレ① 荻野課長は千鶴の寝顔を可愛いと思う

職場で残業をしている千鶴はうたた寝をして、顔のすぐ近くにいる荻野課長に気付き、困惑しています。

荻野課長は千鶴のよだれを拭き、そろそろ帰ろうと言ってくれました。

荻野課長は千鶴の顔に近づいた自分に恥ずかしがりますが、実はよだれを垂らしている千鶴ですら可愛く見えていたのです。

20話ネタバレ② 千鶴は荻野課長に手を繋がれる

帰り道、荻野課長は千鶴を食事に誘いますが、千鶴は断ります。それに対して、荻野課長か友達なんだからと千鶴の手を取り、千鶴を再度誘いました。

ドキドキしながら荻野課長に手を放してほしいと言う千鶴。荻野課長もその言葉で手を放しますが、二人とも顔は赤いままでした。

そして、荻野課長は友達同士でも手を繋いだりしてしまうと嘘をつきますが、千鶴は同性でも手を繋がないと話します。

その返事に荻野課長は自分が焦っていることを自覚します。

20話ネタバレ③ 千鶴は荻野課長に心を許し始める

屋台のお店で、千鶴と荻野課長は食事をしています。千鶴は結局食事にきたことに対して、友達だから食事に来たと荻野課長に言います。

荻野課長は千鶴に課長という呼び方を変更しないかと提案しますが、千鶴は慣れないから無理だと答えます。

心をまだ誰に対しても開けられないと思う千鶴。続いて、荻野課長は千鶴に優とのことを少しは忘れられているのかと聞きます。

千鶴は仕事中は考えないようにしているから、忘れていると思うと答えました。

それに対して、荻野課長は自分の気持ちから逃げるよりも、自分の気持ちに素直になって吐き出きだすのも必要なのではないか、吐き出したっていいと言ってくれます。

その言葉に千鶴は涙がこぼれ、本当は辛くて仕方なかったことを実感し、聞いてくれると言ってくれた荻野課長の優しさに千鶴は心を許しました。

20話ネタバレ④ 結衣が優と結婚したい理由は家庭事情にある

優とのデートの帰り道、結衣は優に結婚する気ないと言われたことに苛立ちます。帰宅すると、結衣の母親が結衣に就職活動のことを話してきます。

母親はお金の問題で結衣に早く就職してもらいたいと結衣を頼りにしている様子…。

それに対して、結衣は怒りますが、それでも母親はだらしない父親に似ていることや今まで結衣のために使ったお金を返せと話し続けます。

母親は昔から結衣にお金が足りないなど、お金のことを言っていました。実は結衣の両親は幸せではなく、母親はいつも父親のことを悪く言っていたのでした。

だらしない父親に疲弊していた母親は結衣を頼りにしていたのです。そんな家庭からどうしても逃げたい結衣は、優との結婚を絶対諦められません。

「11年後、私たちは」20話の感想

「11年後、私たちは」の20話では、千鶴が荻野課長の優しさのおかげで荻野課長に心を許しました。

誰に対しても心を許せられないと思っていた千鶴が、そう思えたのが嬉しく感じますよね。

そして、結衣はお金お金と言われ続けられる家庭にうんざりしていて、逃げ出すためにも優と結婚したいと焦っていることがわかりました。

母親が結衣に言う言葉の数々は悲しい気持ちになる言葉ですよね。今後、その気持ちだけで優の心を動かすことができるのでしょうか。

次回のお話では、心を許した千鶴と荻野課長の話の続きが気になるところです。

「11年後、私たちは」21話ネタバレ!酔いつぶれた千鶴を自宅に送る荻野課長

まず、「11年後、私たちは」の21話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は荻野課長の前で酔いつぶれてしまう
  • 荻野課長は千鶴を自宅に送る
  • 優と結衣は言い合いになる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

21話ネタバレ① 千鶴は荻野課長の前で酔いつぶれてしまう

屋台のお店で、心を荻野課長に許した千鶴はたくさんお酒を飲んでしまい、酔ってしまいました。

そんな千鶴に荻野課長は声を掛けますが、千鶴は荻野課長を優だと思い込んで、今までの思いを言い放ちました。

別れるなら11年一緒にいないでほしかったことや、若い子がよかったのかなど、千鶴は優と間違えて荻野課長に言い、最後にお酒をまた飲んで、未練がないことを告げると寝てしまいます。

それに対して、周りにいた客に白い目を向けれられる荻野課長。

千鶴も酔いつぶれてしまっているので、荻野課長は店をでるためにお会計をお願いしますが、店員にも白い目をされ、注意をされます。もちろん荻野課長のせいではないのですが、荻野課長は彼女を泣かせないと話します。

21話ネタバレ② 荻野課長は千鶴を自宅に送る

店を出て、タクシーに乗った千鶴と荻野課長。荻野課長は、酔いつぶれて寝てしまっている千鶴を家にそのまま送るのは千鶴の親が驚いてしまうのではないかと考えます。

それなら荻野課長の家に連れて帰るか悩んでいたら、荻野課長の肩に寄りかかっていた千鶴が荻野課長の膝に倒れこんできました。

そんな千鶴を見て、荻野課長はドキドキしながらもしっかりしようと思い、千鶴の自宅に送る決意をします。タクシーを降りて、千鶴を背負う荻野課長は何度も千鶴に声を掛けます。

それでも起きない千鶴に荻野課長は自分の家に連れて行くとぼそっと言いますが、千鶴の自宅へ着きました。

千鶴の母親は千鶴の姿を見て、驚きます。荻野課長は千鶴に対して悲しいことは忘れていいんだと思いながら、千鶴を部屋に優しく寝転がします。

その後、母親は荻野課長にお礼を言いつつ、既婚者か荻野課長に問いかけます。母親は荻野課長を見送ると、少しうれしそうに何かを期待していました。

21話ネタバレ③ 優と結衣は言い合いになる

結衣は優とデートをして帰った後、優に電話をします。

結婚する気はないと言った優の言葉に納得いかず、結衣は優に問いただし、自分は本気で優とのことを考えていると伝えると、優も自分もだと腹を立たせます。

それでも優の気持ちを否定する結衣は、結婚する気がないのなら終わりにしたいと言うと、優はその言葉を受け止め、考えると電話を切りました。

結衣は電話が切れた後、こんな風になりたいわけじゃなかったと後悔します。

「11年後、私たちは」21話の感想

「11年後、私たちは」の21話では、酔いつぶれてしまった千鶴を荻野課長は千鶴の自宅に送りました。

千鶴の母親はそんな荻野課長を見て、少し心が浮かれているようですが、千鶴にとっていいのではないかと思ったのでしょうね。

また優と結衣は、デートの後の電話でも険悪になってしまいました。

お互いにケンカをしたいなんて思っていないのにすれ違っていますね。

次回の話では、千鶴が荻野課長にその後どう行動するのか、優と結衣の関係も気になるところです。

「11年後、私たちは」22話ネタバレ!荻野課長で頭一杯の千鶴に優からの着信

まず、「11年後、私たちは」の22話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は荻野課長に嫌われたのか心配をする
  • 荻野課長はうまく千鶴と話せない
  • 優は久志に結衣と千鶴のことを話す
  • 優は千鶴に電話をかける

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

22話ネタバレ① 千鶴は荻野課長に嫌われたのか心配をする

千鶴は荻野課長と飲んだ翌日、昨日の記憶が曖昧なことを職場で悩みます。千鶴の母親が言うには、荻野課長が千鶴をおぶって自宅まで送ってくれたとのこと…。

母親は勘違いをしているようで、荻野課長にお礼のため今度家に連れてきてと母親に千鶴は言われました。思い出して溜息をついていると、藤原さんから注意をされます。

仕事に集中しようと思いながらも荻野課長のことを考えてしまう千鶴。その後、仕事対応で荻野課長が千鶴に話しかけてきますが、千鶴は反応してしまうのに対して、荻野課長はいつもと何も変わらない態度で接してきます。

しかし、荻野課長が持ってきた資料に胃腸薬がくっついていました。それを見た千鶴は引かれて嫌われていなかったことに対して安堵します。

22話ネタバレ② 荻野課長はうまく千鶴と話せない

仕事中、千鶴は完了報告メールを荻野課長に送ろうとしますが、直接荻野課長に伝え、昨日のことも謝罪しようと考え荻野課長の元に向かいます。

千鶴は荻野課長に直接仕事の完了報告を伝えました。それに対して、千鶴の方を見ない荻野課長。

千鶴は話し続けようとしますが、荻野課長がいつもより素っ気ないので、千鶴は席を後にします。

昨日の酔いつぶれのせいで荻野課長が自分を避けているんだと思い込む千鶴。

実は荻野課長は千鶴にどんな顔をすればいいのかわかっていなかったのです。

22話ネタバレ③ 優は久志に結衣と千鶴のことを話す

優は結衣と電話した後、久志を呼び出して、久志と居酒屋にいます。優は結衣と結婚の話でケンカをしてしまったことを久志に話します。

久志は結衣が若いのに結婚の話をしてきたことに驚き、優も同意しました。

それに対して、久志は結衣が優のことを本気で好きということだと話しますが、優は結衣の本心がわからないし、まだ結婚する気にはなれないと久志に伝えます。

さらに久志は、優が結衣や千鶴に対しても理想が高すぎると警告します。

千鶴のことを最近考えてしまうと話す優に、久志は呆れながら、それなら何故別れたのかと問いかけました。

千鶴と別れた理由は、優の浮気が原因であり、優は自分が悪かったと思っています。

しかし、あのとき千鶴が自分を受け止めてくれていたら今も付き合っていたはずだと優は言いました。

22話ネタバレ④ 優は千鶴に電話をかける

優は久志と別れ、携帯を見ます。

結衣からのもう一度話したいというメッセージが入っているのを見て、優は何かを考えます。

その後、優は電話をします。一方、千鶴は自宅にて、荻野課長の冷たい態度に関して気にしていました。

そんな中、千鶴の携帯が鳴って、画面を見ると千鶴は固まります。思いがけないタイミングで、優からの電話が鳴ります。

「11年後、私たちは」22話の感想

「11年後、私たちは」の22話では、荻野課長に嫌われたくないと心配する千鶴に思いがけないタイミングで、優から電話が鳴りました。

結衣とケンカをしている優は千鶴に何を話すのでしょうか。

千鶴は荻野課長に引かれたと思っていますが、荻野課長はただ千鶴に対して接し方がわからないでいるだけでした。

その誤解はいつ解かれるのでしょうか。

「11年後、私たちは」23話ネタバレ|荻野課長へのプレゼントを買う千鶴

まず、「11年後、私たちは」の23話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は優からの電話にでない
  • 荻野課長は千鶴への想いを振り返る
  • 結衣は優と別れないように優に会う
  • 千鶴は荻野課長にプレゼントを買う

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

23話ネタバレ① 千鶴は優からの電話にでない

千鶴は優といた11年間を思い出します。

千鶴と優はずっとラブラブな関係ではなかったけれど、千鶴は優といることで安心できて、優といるときは心が休まっていました。

優に千鶴は甘えたりはしないが、優の気持ちよりも千鶴の気持ちは大きいと思うくらい、優のことを大切に思っていた千鶴。

そんな優からの電話を千鶴は何件か見続けて、もう少し早ければ電話に出れたのかもしれない、連絡してくるのが遅いと思います。

優は千鶴が電話に出てくれないので、メッセージを送りますが、千鶴からの返信は来ませんでした。

23話ネタバレ② 荻野課長は千鶴への想いを振り返る

荻野課長は自宅で職場での千鶴への対応に関して思い出しています。いつの間に千鶴への気持ちが大きくなっていたのだろうと考える荻野課長。

以前、職場で11年間彼氏と付き合っている千鶴の話題になり、千鶴のことを荻野課長は仕事ができ、長い間付き合ってる人がいるただの女性社員と思っていました。

荻野課長が千鶴にいじわるで問いかけた質問に対して、きっぱりと愛しているからと言ってきた千鶴を荻野課長は気に留め始めます。

でもそんな千鶴は本当は辛い気持ちがあって、できれば千鶴の力になりたいと荻野課長は思います。

それが千鶴を好きになった理由かはわからないけれど、荻野課長は千鶴のことが好きだと感じるのでした。

23話ネタバレ③ 結衣は優と別れないように優に会う

結衣は優からずっと連絡がないことに対して、別れたくないと思っていました。優と会うために結衣は準備を始めます。

優は自宅で寝転がっていると、結衣からのメッセージが入ります。その内容は今優の家の近くにいて、話したいから待っているというメッセージでした。

あまり気が乗らない優ですが、結衣のいるカフェに行きます。別れようと言おうと思っていた優に、結衣は優と別れたくないと告げます。

自分の気持ちを伝えて結衣は優に返事を求めますが、優は別れを切り出せなくなり、今後は頑張ると答えました。

23話ネタバレ④ 千鶴は荻野課長にプレゼントを買う

千鶴は優の電話を少し気にしながら、前向きに考えたいため、街に出かけています。

寄ったお店に全身シャンプーがあるのを千鶴は見つけました。

千鶴は荻野課長が以前全身を石鹸で洗うと言っていたことを思い出し、この前のお礼といった形で全身シャンプーを購入します。

その帰り道、荻野課長に電話をする千鶴。

渡したいものがあるから会えないかと誘う千鶴に対して、荻野課長は今からは難しいと言います。

千鶴は諦めようとしますが、荻野課長から家に来ないかと言われます。

「11年後、私たちは」23話の感想

「11年後、私たちは」の23話では、荻野課長への贈り物を見つけて会おうとする千鶴は、荻野課長に家に来ないかと誘われました。

千鶴への気持ちが大きい荻野課長が、思いがけず千鶴を自分の家に誘うなんて正直驚きました。

また優は一体千鶴に何を話すつもりだったのでしょうか。そして結衣と別れられない優はこのままでいいのでしょうか。次回のお話では、荻野課長の家へ行く千鶴と、荻野課長がどのように話すのか気になるところです。

「11年後、私たちは」24話ネタバレ|荻野課長との握手でドキドキする千鶴

まず、「11年後、私たちは」の24話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は荻野課長にお礼としてプレゼントを渡す
  • 千鶴は荻野課長の家にあがる
  • 千鶴は荻野課長の家でご飯をいただく
  • 結衣は優の携帯を見てしまう

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

24話ネタバレ① 千鶴は荻野課長にお礼としてプレゼントを渡す

電話で荻野課長に家に誘われた千鶴は、驚きます。それに対して、変なことを考えているのかと荻野課長は冗談を言い、千鶴は荻野課長の家に行くことになります。

荻野課長の家に着いた千鶴は、なかなかチャイムを押せずにいました。

すると、荻野課長がタイミングよくドアを開けてくれます。

千鶴は荻野課長に以前酔いつぶれて家まで送ってくれたお礼として、プレゼントを渡すことができました。

24話ネタバレ② 千鶴は荻野課長の家にあがる

千鶴にプレゼントをもらって嬉しがりお礼を言う荻野課長。帰ろうとする千鶴ですが、荻野課長に冗談をまた言われつつ、家にあがらないかと千鶴は誘われます。

荻野課長の押しに負けて千鶴は、荻野課長の家にあがることになりました。荻野課長の家のソファーに腰かける千鶴は、緊張してたまりません。

何か話をしようと思った千鶴は、電話で忙しそうだったのにお邪魔してよかったのかと荻野課長に問いかけます。

荻野課長は誰かに冷たい態度で帰れと言っていたことを思い出しながら、嫌な相手がきてたから千鶴のおかげで帰ってもらえてよかったと伝えました。

続けて千鶴にこちらへ来てほしいと荻野課長は言います。

24話ネタバレ③ 千鶴は荻野課長の家でご飯をいただく

千鶴が荻野課長についていくと、荻野課長お手製の肉じゃがを見つけ、千鶴は驚きます。そして、そのまま自然に千鶴はご飯をいただくことになりました。

料理を食べる千鶴に荻野課長は家に来てもらったから用意したことを話し、テレビのレシピを参考に作ったと伝えます。

肉じゃがにコーラを入れたと聞いた千鶴は不思議だと言うと、荻野課長もまた千鶴と自分の家で食事をしていることが不思議だと話しました。

何もしていない千鶴は片付けだけでもやると伝えると、荻野課長は断ります。申し訳なさそうにしている千鶴に対して、荻野課長は握手をしてほしいと言いました。

そして千鶴は荻野課長と握手をしますが、握手をすることで千鶴はドキドキした感情が芽生えます。

24話ネタバレ④ 結衣は優の携帯を見てしまう

デートでカフェにいる優と結衣。優はトイレで席を立ちますが、自分の携帯をそのまま席に置いていきます。

結衣はそのまま優の携帯の履歴を見て、千鶴にメッセージを送っている画面を見つけてしまいます。怖い顔で携帯画面を見る結衣…

余談ですが、荻野課長の洗面所で、千鶴は化粧品がたくさん置いてあることに驚きます。

荻野課長もまんざらでもなく秘密がばれてしまったことに笑みを浮かべます。

「11年後、私たちは」24話の感想

「11年後、私たちは」の24話では、千鶴は荻野課長の家にあがりご飯もいただき、お礼として荻野課長と握手をしました。

握手をしただけでドキドキした千鶴。これからの二人のドキドキ話がとても気になります。

しかし、千鶴の前の先客が一体誰だったのでしょうか。また結衣は優の携帯から、千鶴へのメッセージを見つけてしまいました。

千鶴に対してなにか結衣が起こさないようにしてほしいですね。

次回のお話では、千鶴と荻野課長のドキドキ話、また結衣が行動を示すのか気になるところです。

「11年後、私たちは」25話ネタバレ|恋愛を考えたくない千鶴に結衣からの連絡

まず、「11年後、私たちは」の25話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 結衣は千鶴が元カノだと確信する
  • 千鶴は荻野課長に恋愛感情が芽生える
  • 千鶴は優との恋愛の馴れ初めを思い出す
  • 千鶴に結衣からの連絡がくる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

25話ネタバレ① 結衣は千鶴が元カノだと確信する

結衣とカフェでデート中、トイレで席を立った優は携帯を席に忘れたことに気付きます。まさか結衣が携帯を見てないだろうなと優は疑いますが、結衣の態度から見ていないと安心します。

珍しくご飯をおごるからご飯に行こうと言う結衣はカフェから出る中、自分の携帯画面にある登録した千鶴の携帯番号を見つめました。車内で結衣は優に元カノの名前は千鶴なのかと問いかけます。何故知っているのかと尋ねる優に、結衣は寝言で言っていたと嘘をつきます。

千鶴のことばかり考えてしまっていたからかと謝る優に対して、結衣は仕方ないと言いますが、千鶴が元カノと知り、結衣は携帯を強く握りました。

25話ネタバレ② 千鶴は荻野課長に恋愛感情が芽生える

荻野課長の家からの帰り道、千鶴は荻野課長に送ってもらいます。途中、千鶴側に車がきたことに対して、荻野課長が自分側に千鶴の肩を寄せました。その行動に対して、またもやドキドキする千鶴。

千鶴は一つ一つの荻野課長の優しい行動について、女性は勘違いしやすいと荻野課長に伝えますが、車がきたら肩を寄せることは当たり前のことだと荻野課長は答えます。

千鶴は行動以外でも荻野課長の指先が優しかったことに対して、女性は意識をすると考えます。千鶴に言われたことに対して、荻野課長は勘違いしてもいいと千鶴に伝えます。

千鶴はその意味を理解し、恋愛の始め方や恋愛はもうしたくないと思ったことを考えますが、荻野課長との恋愛を始めてみてもいいと思いました。

25話ネタバレ③ 千鶴は優との恋愛の馴れ初めを思い出す

千鶴は帰宅後、就寝前に優との恋愛の始まりを思い出します。11年前、千鶴は友達と居酒屋で飲んでいたところ、小学校時代の同級生に遭遇しました。

あまり仲良くなかった友達でしたが、その時は一緒に飲まないかと千鶴はその友達に誘われます。その友達が一緒にいたのが優で、千鶴は一目ぼれではないけれど優の横顔を好きになりました。

付き合ってからも優の横顔を見るのが好きだった千鶴。優との思い出しか出てこない自分に千鶴は腹立たせます。

25話ネタバレ④ 千鶴に結衣からの連絡がくる

千鶴は恋愛より自分探しをしたいと思い、考えることをやめました。職場で仕事をしている千鶴の携帯にメールが届きます。

忙しいときに誰だろうと千鶴が見たメールは優の彼女、結衣からでした。電話していいかと問いかける結衣からのメールを見る千鶴。

恋愛のことを考えないようにした千鶴は、また恋愛関係に巻き込まれてしまうと思うのです。

「11年後、私たちは」25話の感想

「11年後、私たちは」の25話では、恋愛感情を荻野課長に持ち始めますが、恋愛について考えないようにしたい千鶴に、結衣から連絡が入りました。

勝手に優の携帯から千鶴の番号を登録した結衣の行動にはひやひやしますね。

結衣のメールを見て、千鶴はどのように思うのでしょうか。

また荻野課長の優しさにドキドキする千鶴に素直に恋愛をしてほしいと思ってしまいますよね。

次回のお話では、結衣からの連絡に対して千鶴がどう反応するのか気になるところです。

「11年後、私たちは」26話ネタバレ|怒りの電話をした千鶴に優が会いに来る

まず、「11年後、私たちは」の26話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は結衣と電話をする
  • 千鶴は11年を否定した優に怒りを覚える
  • 千鶴は優に怒りの電話をする
  • 優が千鶴に会いに来る

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

26話ネタバレ① 千鶴は結衣と電話をする

千鶴は結衣からの電話依頼のメールに返信する前に、結衣から電話がかかってきます。結衣からの電話に出るか出ないか考える千鶴。

自分が逃げる必要はないため、千鶴は結衣の電話に出ます。千鶴は結衣に千鶴と優が連絡を未だに連絡を取り合っているのかと問いかけられます。

千鶴は彼女の行動を愛があってからなのか、不安だからとったのか疑問に思いました。千鶴の態度に結衣は感じが悪いと思いますが、何もないことを理解します。

それに対して、千鶴は二人に全く興味もないと思うのでした。

26話ネタバレ② 千鶴は11年を否定した優に怒りを覚える

結衣は優から連絡があったことで千鶴が期待するのではないかと言ってきますが、それに対して、千鶴は早く電話を切ろうとします。

結衣も切ろうと思ったとき、結衣の口から千鶴と優が4年付き合っていたと聞き、千鶴は固まってしまいました。結衣との電話を早く切って終わらせたかった千鶴は、4年という言葉を聞かなければこのまま終わらせられたと考えます。

千鶴は交際期間の11年が4年に変わっていたことに再度結衣に聞き返し、電話を切りました。

26話ネタバレ③ 千鶴は優に怒りの電話をする

結衣との電話を切ったあと、千鶴は腹が立ってきて、じっとしていることができなく、職場の屋上に行きます。今まで優といた時間に嘘をついたことがなかった千鶴。

11年間付き合ってきたからこそ、いい思い出もあったと思っていた千鶴は、優に11年を否定されたことに腹を立たせます。

その後、千鶴は優に電話をします。

優は千鶴からの電話に喜びますが、千鶴は結衣から電話がかかってきたことを怒りに任せて優に告げました。

続けて、千鶴は付き合っていた期間を11年から4年だと優が嘘をついていたことに対して、怒りを優にぶつけ、電話を切ります。

優は結衣が携帯を見ていたことに溜息をつきます。電話を切ってから、千鶴は腹立ちはなくなったけれど、優に電話したことに対して深く後悔をしました。千鶴は夜になっても後悔が残ったまま、退社します。

26話ネタバレ④ 優が千鶴に会いに来る

千鶴が会社を出ると、優が待っていました。それに対して千鶴は驚きますが、優は千鶴に結衣の電話について謝ります。千鶴はもう関係ないと伝えると、強い口調で関係あると言う優。

関係なかったら千鶴は電話なんてしてこないと優は言い、関係あるからこそ電話をした千鶴のことを優はよくわかっていました。

事実千鶴はまだ優を完全には吹っ切れていなく、返答に困ってしまいます。その時、荻野課長が現れ、千鶴を自分の彼女と優の前で言いました。

「11年後、私たちは」26話の感想

「11年後、私たちは」の26話では、11年間の交際を否定した優に千鶴は怒りの電話をした後、優が千鶴の帰りを待っていました。

後悔している千鶴の行動が凶となっていそうですよね。

そして、優はそんな千鶴の行動に対して、期待をしているのでしょうか。困っている千鶴の後ろから現れ、千鶴を優に自分の彼女と伝えた荻野課長。またとてもいいタイミングで現れましたね。

「11年後、私たちは」27話ネタバレ|千鶴に気持ちを伝える荻野課長

まず、「11年後、私たちは」の27話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は優に荻野課長が彼氏だと嘘をつく
  • 千鶴は荻野課長に八つ当たりをする
  • 荻野課長のおかげで千鶴は心が救われる
  • 荻野課長は千鶴に自分の気持ちを伝える

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

27話ネタバレ① 千鶴は優に荻野課長が彼氏だと嘘をつく

荻野課長が優に千鶴のことを自分の彼女だと話した後、優は荻野課長と同じ仕事先なのかと千鶴に問いかけます。

それに対して、千鶴は上司だと答えると、優は千鶴にとって荻野課長がいたから自分とすぐ別れられたんだという疑いを千鶴に伝えました。

千鶴はその優の言葉にさらに怒りを覚えますが、荻野課長が止めに入ってくれます。

帰ろうと言ってくれた荻野課長は自然に腕を出して、千鶴はそのまま荻野課長の腕を組み、その場を去りました。

それを間近で見た優は納得のいかない表情を浮かべてました。

27話ネタバレ② 千鶴は荻野課長に八つ当たりをする

その後、荻野課長は千鶴を心配しますが、千鶴は優への怒りが止まりません。

優のことを散々に言う千鶴に対して、荻野課長は全て受け止めてくれました。

荻野課長に八つ当たりしてしまった千鶴は、後悔をして、荻野課長に謝罪をします。

いつも荻野課長に迷惑をかけて申し訳ないと思う千鶴。

そんな千鶴の姿を見て、荻野課長は本当の恋人同士になれば迷惑をかけたっていいと千鶴に伝えます。

千鶴はとても驚きますが、荻野課長は千鶴の様子を見て、冗談であると話し、迷惑かけた代としてついてきてほしいと千鶴に言います。

27話ネタバレ③ 荻野課長のおかげで千鶴は心が救われる

長い坂を歩き続ける千鶴と荻野課長。

その先には街を上から見えるきれいな夜景がありました。

千鶴はその夜景を見ると不思議と全てどうでもいいと思うようになります。

そして、千鶴は今日の自分を顧みると、明らかに後悔しいる自分もいて、自分のことをかっこ悪く感じると荻野課長に話します。

そんな千鶴に対して、荻野課長はわざわざかっこつける必要はなく、11年間の交際があるからこそ強い気持ちがでてくることだってあると千鶴にフォローの言葉を言ってくれます。

さらに荻野課長は過去に自分自身がとてもかっこ悪かった恋愛話をしてくれ、千鶴は心が救われました。

27話ネタバレ④ 荻野課長は千鶴に自分の気持ちを伝える

夜景からの帰り道、千鶴は荻野課長に引っ越してきたばかりなのに夜景が見える場所を何故知っていたのかと尋ねます。

たまたま見つけたと答える荻野課長に対して、千鶴は今度からたまに行ってみると話します。

荻野課長は女性一人では危ないところだから行くときはついて行くと言うと、また千鶴は申し訳なさそうにしました。

その千鶴の様子を見て、荻野課長は今度は冗談ではなく本気で、千鶴がよければ彼氏になると千鶴に自分の気持ちを伝えます。

「11年後、私たちは」27話の感想

「11年後、私たちは」の27話では、荻野課長に申し訳ないと思う千鶴に、荻野課長は自分の思いを伝えました。

また、優への行動に関して後悔しかない千鶴は荻野課長のおかげで気持ちが楽になりました。

千鶴は荻野課長にどう返事をするのでしょうか。いつも思いますが、千鶴は今までもたくさん荻野課長に救ってもらっていますね。

そして、優は千鶴に彼氏がいるということを知って、その後どう行動を起こすのでしょうか。

次回のお話では、千鶴が荻野課長に対してどう返答するのか気になるところです。

「11年後、私たちは」28話ネタバレ|結衣は千鶴に対して負けを認めない

まず、「11年後、私たちは」の28話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は荻野課長の気持ちに対して断る
  • 千鶴は恋愛に不信感を抱く
  • 優は結衣に別れを告げる
  • 結衣は千鶴に負けたと認めたくない

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

28話ネタバレ① 千鶴は荻野課長の気持ちに対して断る

帰り道、荻野課長は千鶴に気持ちを伝え、千鶴は驚きます。

千鶴はもちろん嬉しい気持ちはあるけれど、優を吹っ切れるために付き合うということはしたくないと考えるのでした。

荻野課長の気持ちに対して、千鶴は謝り断ります。

荻野課長に嫌われたと思う千鶴に、荻野課長は付き合う気になったら教えてほしいと優しく対応してくれました。

それに対して、千鶴は可愛くない自分のどこがいいのかと荻野課長に問いかけると、世界で一番可愛いと千鶴に伝えてくれます。

28話ネタバレ② 千鶴は恋愛に不信感を抱く

荻野課長の言葉で、千鶴は優もまた同じことを言っていたことを思い出します。

それなのに年が経つと、千鶴を可愛いと言っていたところも直した方がいいと言うようになった優。

千鶴にとって、恋愛はずっと変わらないものではなく、いつか変わってしまうという不信感を抱くようになっていました。

そんな千鶴も、本気で可愛いと思っていると言った荻野課長の言葉に気持ちが高鳴ります。

28話ネタバレ③ 優は結衣に別れを告げる

優はバーで一人お酒を飲んでいます。

千鶴と荻野課長のことがずっと頭から離れられない優。

疑いたくないのに千鶴のことを疑う思考回路になってしまう優は、千鶴と別れたことを後悔しました。

優はまだ千鶴とよりを戻せると決意し、結衣を呼び出します。

カフェで会う優と結衣。

優は結衣に千鶴に連絡をとったのかと問いただせます。

その問いを聞いて固まる結衣に対して、さらに優はどんな理由にしても千鶴に電話をしたことは間違っていると伝えます。

それに対して、結衣は優が千鶴に未練があるのではないかと不安だったと答えました。

優は千鶴にまだ未練があることを結衣に正直に言い、別れを告げます。

28話ネタバレ④ 結衣は千鶴に負けたと認めたくない

結衣は帰宅後、寝床で優との会話を思い出します。

その場で別れを受け入れなかった結衣は優と別れたくないと思うのでした。

そして、千鶴がどんな女性なのか気になり、携帯で調べ、翌朝にやっと千鶴の写真を見つけました。

結衣は自分が振られるほど千鶴が素敵な女性だろうと思っていたが、千鶴の姿に苛立ちを覚えます。

千鶴に負けたという事実を認められない結衣は、さらに千鶴のことを調べ、直接会って確かめたいと思いました。

「11年後、私たちは」28話の感想

「11年後、私たちは」の28話では、優が結衣に別れを切り出し、結衣が千鶴に負けていることを直接会って確かめたいと決心しました。

優に振られたことで、ここまで千鶴に対して劣等感を持つのはすごいですよね。

また荻野課長の気持ちに対して断った千鶴は恋愛に不信感を抱いていることがわかりました。

その不信感を荻野課長がいつか消してくれるのでしょうか。

次回のお話では、結衣が千鶴に直接会って何を話すのか気になるところです。

「11年後、私たちは」29話ネタバレ|にやにやが止まらない千鶴と荻野課長

まず、「11年後、私たちは」の29話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は荻野課長の言葉が忘れられない
  • 千鶴と荻野課長はご飯の約束をする
  • 千鶴と荻野課長は普段通りにできない
  • 結衣が千鶴に会いに来る

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

29話ネタバレ① 千鶴は荻野課長の言葉が忘れられない

千鶴は自宅でアラームより先に目を覚ましました。

昨日の荻野課長に可愛いと言われた言葉を千鶴は思い出し、頬を赤らめます。

そして、清々しく起き上がる千鶴。

千鶴は鏡に映る自分を見て、何が可愛いのかなど考えますが、自分の欠点を探してしまい、考えるのをやめます。

家を出るとき、千鶴は母親に普段より綺麗にしていると言われ、デートがあると勘違いされます。

千鶴は外に出た風を受けて、普段と同じ風なのにも関わらず、それさえも気持ちよく思えるのでした。

29話ネタバレ② 千鶴と荻野課長はご飯の約束をする

通勤中、いつもより化粧をしっかりしたことを気にし始める千鶴。

前に荻野課長が歩いていることに気付いた千鶴は、ゆっくり荻野課長の後ろをついていきます。

その様子を荻野課長は気付き、振り向いて、千鶴に挨拶をします。

荻野課長は自分に対して、気まずくなっているのかと千鶴に問いかけると、千鶴は気まずいと答えます。

自分の気持ちを告げてもらって気にしない女性はいないと荻野課長に伝える千鶴。

それに対して、荻野課長は昨日のことをなかったことにできないから、気まずくなくなるように会う回数をこれから増やそうと千鶴に提案します。

早速今日の夕飯を誘われた千鶴は、悩みますが、荻野課長の発したお肉という言葉で思わず首を縦に振ります。

千鶴が肉好きということがわかった荻野課長は、千鶴の反応も含めて千鶴のことを可愛いと思うのでした。

29話ネタバレ③ 千鶴と荻野課長は普段通りにできない

仕事中、いつも笑わない荻野課長が笑っているので、社員が不思議に思っています。

一日中笑っている荻野課長に社員は、笑っている理由を尋ねます。

その返しに荻野課長は普段と同じ対応で話し、社員を焦らせますが、続いて、お肉の美味しいお店を教えてほしいと話します。

荻野課長から千鶴のパソコンに、仕事後会社の前で待合わせというメッセージが入りました。

それに対して、千鶴は社員の誰かに見られたくないと思ったので、お店まで直接行くと返信します。

その返信を見て、荻野課長は自分は別に人目は気にしないと思いながら、千鶴に返信をしました。

千鶴と荻野課長は二人ともにやにやが止まりません。

29話ネタバレ④ 結衣が千鶴に会いに来る

千鶴の勤めている会社を調べた結衣は、千鶴の会社の前まで来ました。

逃げずに千鶴と直接話すと決心する結衣。

結衣は千鶴に、会社前のカフェで話したいことがあるからきてほしいとメールを送ります。

結衣も自分の行動はやりすぎだと思っていますが、納得いかない自分のためにも仕方ないと思うのでした。

「11年後、私たちは」29話の感想

「11年後、私たちは」の29話では、遂に結衣が千鶴の会社をつきとめ、千鶴に会おうと連絡しました。

結衣は自分の行動がやりすぎだとわかっているようですが、やはりやりすぎですよね。

そして、千鶴と荻野課長がいつも通りにいれず、二人ともにやにやが止まりませんでした。

二人の関係はとても微笑ましく見てしまいます。

結衣が来たということは、荻野課長とのお肉デートどうなってしまうのでしょうか。

次回のお話では、結衣が千鶴に対して何を話しに来たのか気になるところです。

「11年後、私たちは」30話ネタバレ|優とのことを話す千鶴と結衣

まず、「11年後、私たちは」の30話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は結衣と会うことになる
  • 千鶴は結衣にもう関係ないと話す
  • 呆れた千鶴は結衣に気持ちを伝える
  • 荻野課長は千鶴を再度誘う

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

30話ネタバレ① 千鶴は結衣と会うことになる

千鶴は結衣に呼び出され、結衣が待っているカフェに入ります。

単純に優の彼女がどんな子なのか気になった千鶴は、結衣を見て、想像以上に若くて可愛い子だと思いました。

カフェに入った瞬間、結衣が千鶴だとわかっていたことに対して、千鶴はもう関係ない人を調べてどうするのかと結衣に話します。

それに対して結衣は、以前千鶴が優に電話したから関係あると伝えます。

その言葉で、千鶴は腹立ちを止められなかった一本だけのあの電話で、結衣がここまで来てしまったと思うのでした。

30話ネタバレ② 千鶴は結衣にもう関係ないと話す

結衣の返答に呆れる千鶴ですが、優に電話したことは特に意味あるものではなく、もう関係はないと結衣に話します。

続けて、優とは今後連絡をとらないから、自分に連絡することも何も考えていない行動もしないでほしいと千鶴は結衣に伝えました。

それに対して、うつむきながら、結衣は優が千鶴に未練があるから諦めさせてほしいと千鶴にお願いをします。

一方、千鶴に約束を破られ悲しんでいる荻野課長は、帰り道を歩いていると、偶然にも千鶴の姿を見つけます。

深刻な話をしているような千鶴を見て、荻野課長は何かを考えます。

30話ネタバレ③ 呆れた千鶴は結衣に気持ちを伝える

結衣に優を諦めさせてほしいと言われ、千鶴はそれには自分が必要な問題なのかと結衣に問いかけ、結衣は黙り込みました。

そして、千鶴はしていなかった自己紹介をし、結衣の名前を初めて知った後話し続けます。

優と別れた原因は結衣がいたからと思っていたと話す千鶴に、結衣は優が自分に出会った頃に既に別れていたという嘘をついていたことを知ります。

続けて、千鶴は自分と優は繋がっている気持ちがなかったから別れたし、結衣と優の関係が固いものであれば、千鶴の存在なんかで崩れないと話しました。

さらに結衣は、千鶴のせいだと話しますが、それに対してさらに呆れた千鶴は、彼氏がいるという嘘をついたのにまだ何かやることはあるのかと結衣に冷静に問いかけます。

結衣は、千鶴の言葉を聞いて、それなのに優が自分と別れようとしていることに苛立ちを覚えます。

千鶴は席を立つと、幸せな恋愛をしてほしいと結衣に最後伝えて帰りました。

30話ネタバレ④ 荻野課長は千鶴を再度誘う

カフェを出た後、千鶴は結衣に対して、もっと幸せになれるのにもったいないと思うのでした。

また千鶴は自分が少しは成長できているのか、それなら今後幸せな恋愛ができたらいいなと考えます。

その時、荻野課長から千鶴に電話がかかってきます。

実は千鶴が帰るのを待っていた荻野課長は、千鶴をこっそり見ながらご飯に誘います。

遅くに食べるお肉は美味しいと誘ってくれる荻野課長に千鶴は嬉しく思うのでした。

「11年後、私たちは」30話の感想

「11年後、私たちは」の30話では、千鶴は結衣に会い、結衣と優のことを話しました。

もう関係ないと何度も伝えても、千鶴のせいだと言う結衣はまだまだ子供なんだなと思ってしまいますね。

深刻そうな顔をしていた千鶴を偶然にも見つけ、待ち伏せして千鶴に電話をかける荻野課長。

千鶴のことを荻野課長はどれだけ想っているのでしょうか。

次のお話では、嫌な気持ちになっていた千鶴をまた荻野課長が晴れやかな気持ちにするのか気になるところです。

「11年後、私たちは」31話のネタバレ|荻野課長といることで幸せを実感する千鶴

まず、「11年後、私たちは」の31話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 結衣は千鶴との会話に納得いかない
  • 千鶴は荻野課長とご飯に行く
  • 荻野課長といる千鶴は幸せを感じる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

31話ネタバレ① 結衣は千鶴との会話に納得いかない

結衣は千鶴と会った帰り道、優が千鶴に未練がある意味がわかったような気がしました。

自分が千鶴より子供だと悟る結衣ですが、それでも千鶴の言い方を思い出し、腹を立たせます。

素敵な恋愛をしてほしいという千鶴の言葉に、結衣は自分のことを知らない人に言われたくないと思い、千鶴と会ったことを後悔します。

次の瞬間、結衣は知り合いの先輩に話しかけられます。

結衣の先輩は結衣に自分の会社に来ないかと勧めて、名刺を結衣に渡しました。

先輩は一緒にいた同僚に結衣と別れた後、可愛いという理由で誘ったのではなく、真面目な子だから誘ったと話すのでした。

結衣は先輩からもらった名刺を必要ないと思い、握り潰し、早く幸せになる方法に進みたいと思います。

31話ネタバレ② 千鶴は荻野課長とご飯に行く

千鶴は荻野課長と焼肉屋に入りました。

調べておいたお店に行けなくてへこんでいる荻野課長に、千鶴はここも美味しいお店だと話します。

お金は出すと言う荻野課長は、千鶴に自分のせいで遅くなったから自分が支払うと言われ、たくさん食べるからと冗談を言います。

肉を注文して、ずっと肉を焼いて食べていない荻野課長が気になる千鶴。

自分が焼くのを交代すると千鶴が言うと、荻野課長はお金を出してくれる人は神だから自分が焼きたいと断ります。

それに対して、千鶴は荻野課長の面白さに笑い、荻野課長はさらに恋人になると面白いと伝えると、自然と千鶴は笑顔になるのでした。

31話ネタバレ③ 荻野課長といる千鶴は幸せを感じる

荻野課長がお肉を食べていないので、お肉をあげる千鶴に対して、荻野課長はとても喜びます。

こんな小さいことで喜ぶのかと千鶴は問いかけると、荻野課長は一人で食事をしていることに慣れると、誰かが食事にかかわってくれることだけで幸せになれると話します。

続けて、好きな人といれたり、食事をするだけでも幸せは感じられるものだと荻野課長は千鶴に話します。

千鶴はその言葉に、小さなことでの幸せをいつの間にか感じられなくなった自分がいたこと、些細な事でも感じれる幸せを実感するのでした。

帰り道、荻野課長は落ち葉を地面に落ちる前に掴むと恋愛がうまくいくとジンクスを知っているかと千鶴に尋ねます。

それに対して、千鶴は信じないし、恋愛は難しいものだからと言いますが、荻野課長は今は信じてみたいと話した後、落ち葉をしっかり掴みます。

掴んだ荻野課長は、千鶴に片思いがうまくいくかもと笑いかけました。

「11年後、私たちは」31話の感想

「11年後、私たちは」の31話では、千鶴が荻野課長と食事をしながら、些細な事でも感じれる幸せを感じることができました。

荻野課長の考えはいつも共感しますし、面白いですよね。

また落ち葉を落とさず掴めば、恋愛がうまくいくというジンクスを今だけは信じたいと言い、しっかり掴んだ荻野課長はさすがだなと思いました。

次回のお話では、千鶴が荻野課長に対してどういう気持ちになっていくのか気になるところです。

「11年後、私たちは」32話ネタバレ|噂を聞いて千鶴に嫌悪感を抱く藤原さん

まず、「11年後、私たちは」の32話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 結衣は父親と未来について話す
  • 荻野課長が変だと社内で噂される
  • 藤原さんに千鶴は優に未練はないと話す
  • 藤原さんは千鶴に対して嫌悪感を抱く

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

32話ネタバレ① 結衣は父親と未来について話す

結衣は千鶴と会った後、家に着くと、父親が起きていてお酒を飲んでいました。

その様子を見て、結衣はあからさまに嫌な反応をします。

父親は結衣に帰りが遅かった理由を聞きますが、結衣はそれに対して素っ気なく返します。

父親は結衣に彼氏がいることを知り、いい人がいるなら結婚してもいいと結衣に言いました。

それに対して、結衣はそんなことを言われる筋合いもないし、結婚にはお金もかかるんだと反抗します。

その返答に父親は謝り、大学を卒業したら結衣の好きなことをして生きてほしいと告げ、感謝の言葉を言います。

父親の言葉を聞いて、結衣は涙を流して、変な事を言わないでほしいと話しますが、心に刺さったように涙を流しました。

32話ネタバレ② 荻野課長が変だと社内で噂される

荻野課長は千鶴と焼肉屋に行った次の日、職場で後輩の久保に昨日教えたお店に行ったかと確認されます。

教えてもらったお店には行けなかったけれど、とてもいいお店に行けたと話す荻野課長。

それならそのお店を教えてもらおうとする久保に対して、久保にとってはよくないと思うし、特定の人と行くから美味しいと荻野課長は伝えます。

その言葉に不思議に思う久保が休憩室で荻野課長のことを独り言で言っていると、ちょうど同じタイミングで休憩をとっている藤原さんと千鶴に出くわします。

藤原さんは久保に誰の話をしているのかと聞くと、最近荻野課長がおかしくて、勘違いであると思うが恋愛をしているのかもと思うときがあると久保は答えます。

それを聞いて内心ドキドキする千鶴。

藤原さんは久保の話に対して、休日でも仕事をしている人なのに恋愛している暇はないと言いますが、続けて久保が言った言葉に藤原さんは考えます。

社内恋愛じゃない限りありえないという言葉に藤原さんは引っかかるのでした。

32話ネタバレ③ 藤原さんに千鶴は優に未練はないと話す

久保が去った後、藤原さんは千鶴にも荻野課長が恋愛しているとは思えないと話し、千鶴は返答に困ります。

続いて藤原さんは千鶴が11年間付き合っていた彼氏と別れて大丈夫なのかと千鶴に尋ねます。

長い間付き合って別れて、その後仕事に手をつけられない知人がいたと話す藤原さんに対して、千鶴は自分はむしろ仕事をしたことによって気にならなくなったと話します。

その返答に藤原さんはそれでも本当は悲しんでいるのではないのかと千鶴に問いかけますが、もう未練はないと千鶴ははっきり言います。

未練はないと言う千鶴によかったと思っていないように言う藤原さんの言葉に千鶴は疑問に思います。

32話ネタバレ④ 藤原さんは千鶴に対して嫌悪感を抱く

千鶴が未練はないと言ったことに対して、千鶴とはなれても藤原さんは嘘なのではないかと考えます。

千鶴が11年間の秘訣は愛があるからだと話していたことなどを自慢していたと思っていた藤原さん。

化粧室で自分の姿を見ながら、藤原さんは結局長い間付き合っていたとしても別れるのなら意味ないし、一人の方がいいと笑みがこぼれるのでした。

そんな様子を見ていた女性社員が藤原さんにいいことがあったのかと聞き、続けて、荻野課長の話題を藤原さんにします。

前までは誰よりも早く出社していたのにも関わらず、最近は遅くなってみんなびっくりしていると女性社員は藤原さんに話します。

それには仕事一筋の荻野課長がおかしいと思う藤原さん…

続けて女性社員は、さらに気になるのは荻野課長が千鶴と仲良く出社していることで、藤原さんに何かありそうだと話します。

そんなことないと言おうとする藤原さんは、久保の社内恋愛じゃない限りありえないと言った言葉を思い出しました。

女性社員が言っていることがもしも本当なら、藤原さんは千鶴に対して腹黒い人間だと嫌悪感を抱きます。

「11年後、私たちは」32話の感想

「11年後、私たちは」の32話では、荻野課長が最近変な事や千鶴との噂を聞いた藤原さんが、千鶴に対して嫌悪感を抱きました。

社内の噂が流れた中で、千鶴と荻野課長はどうなるのでしょうか。

藤原さんが嫌な態度などを千鶴にとってこないことを願いますよね。

また少しでも結衣は父親と話せたことによかったと素直に思いました。

次回のお話では、千鶴と荻野課長の噂を聞いた藤原さんがどのように関係してくるのか気になるところです。

「11年後、私たちは」33話ネタバレ|荻野課長への気持ちが大きいと実感する千鶴

まず、「11年後、私たちは」の33話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は荻野課長を好きだと実感する
  • 藤原さんは昔から千鶴を好きではない
  • 優と結衣は別れることを選ぶ
  • 結衣は前向きに人生を生きることを決意する

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

33話ネタバレ① 千鶴は荻野課長を好きだと実感する

職場の席でじっと千鶴を見つめる藤原さん。

藤原さんは千鶴に朝千鶴と荻野課長が一緒に出社していることに対して、千鶴と荻野課長が噂になっていることを話します。

その理由を特に理由がないことを伝える千鶴に、藤原さんは嫌な噂がたたないように気を付けて行動した方がいいと、これは千鶴のための助言だと言います。

それに対して、千鶴は気にならないと答えますが、藤原さんは続けて、千鶴がよくても荻野課長は噂のせいで今後の昇進にも影響がでてくるかもしれないと千鶴に釘さしました。

藤原さんに言われた言葉で、千鶴は自分のことしか考えていなく、荻野課長に迷惑がかかったら困ると思います。

噂がたつことを避けたいため、これからは荻野課長と距離をとった方がいいと考える千鶴。

言葉では理解していてもなぜだか千鶴の心は痛みます。

こんなに心が痛む理由は、千鶴が荻野課長のことをそれだけ好きになっているということだと千鶴は実感するのでした。

33話ネタバレ② 藤原さんは昔から千鶴を好きではない

その様子を見ていた藤原さんは千鶴の顔から噂が事実であることを確信しました。

すぐに顔に出す千鶴に藤原さんは腹を立たせます。

特に千鶴の嫌な理由はないけれど、藤原さんは千鶴が同じデザイン課に入ってきたときから千鶴のことを好きではなかったのです。

自分より4個下で、実績も積んでいないのに自分と同じ待遇であることを嫌がり、さらに千鶴がやれば何でもできる性格であることも藤原さんは疎ましく思っていました。

今回はそれに併せて、藤原さんが気に入っていた荻野課長とうまくいくとなると、藤原さんにとってはまた腹を立たせる要因が増えてしまったのです。

藤原さんは自分には手に入らないもの、また頑張って手に入れてきたものを千鶴が簡単に手に入れていくことが嫌で仕方ありません。

33話ネタバレ③ 優と結衣は別れることを選ぶ

いつものカフェで会っている優と結衣。

沈黙が続く中、結衣は千鶴に会ったことを話し、優は怒りをあらわにします。

結衣は千鶴がどんな人なのか気になったから会っただけで、そんなに好きなら別れなけばよかったのにと話します。

それに対して優も後悔はしていると答えました。

その言葉を聞いて結衣は自分の本心を話します。

自分は優のことを好きだけど、それは優単体を好きではなく、何でも持っている優が好きだけだと結衣は優に伝えます。

続けて、結衣は優に、優も優で結衣のことを若く可愛さがあるから好きと思ったのではないのか、そういった点ではお互いに似ていると話しました。

結衣は千鶴に言われた言葉で自分自身を見つめることができたからもういい、優に別れようと話します。

それに対して、優も結衣に千鶴に未練があるのに結衣と付き合ってしまったことを謝罪しました。

結衣もまた優に感謝を告げ、千鶴に本当は彼氏がいないことを伝えます。

荻野課長とは付き合っていなく、付き合っているふりをしていたことを伝えながら、結衣は絶対に千鶴が優に戻ることはないことを確信していて、最後に優が傷つけばいいと思っていました。

結衣はそんな風に腹で思いながら、表では優のことを応援する言葉を言うのです。

33話ネタバレ④ 結衣は前向きに人生を生きることを決意する

結衣は優と別れた後の帰り道、優と別れたことに後悔なんてしないと思います。

これからは逃げ道を見つけるのではなく、自分自身で独り立ちできるようにしたい、就職して家族のために生きたいと結衣は考えるのでした。

結衣は今までは自分さえよければと思って未来を選ぼうとしていましたが、心を入れ替えることができました。

以前に名刺を結衣の先輩からもらったことを結衣は思い出し、受けてみようと決心します。

一方、優は結衣が帰った後のカフェで一人、結衣に対して悪いと思いながら、自分にとって千鶴が一番だと悟ります。

そして、優は千鶴に本当は彼氏がいないことを考えながら、再度千鶴の想いを自分に向けさせようと決心します。

千鶴に何か贈りたいと思った優は何か閃くのでした。

「11年後、私たちは」33話の感想

「11年後、私たちは」の33話では、千鶴が荻野課長の邪魔になってしまうため、距離を置こうと思う中、自分の荻野課長への想いを実感しました。

藤原さんの意地悪な言い方などは引っ掛かりますが、荻野課長のことを好きだという実感はよかったですよね。

藤原さんがこれから何か意地悪な行動をしてくるのではないでしょうか。

一方、結衣は前を向いて生きていくようになりうれしく思いました。

そんな結衣の言った言葉のせいで、優は勘違いをしてしまい、どのような行動をとるのでしょうか。

次回のお話では、優が閃いた贈り物がなんなのか、それを受け取って千鶴はどう思うのか気になるところです。

「11年後、私たちは」34話ネタバレ|千鶴と荻野課長の邪魔をしたい藤原さん

まず、「11年後、私たちは」の34話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は荻野課長と距離を置こうとする
  • 荻野課長は千鶴の火傷を心配する
  • 藤原さんは千鶴と荻野課長が気になる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

34話ネタバレ① 千鶴は荻野課長と距離を置こうとする

職場にて、荻野課長が千鶴と最近会えていないことを考えながら歩いています。

出勤する時も帰宅するときも会えていないと疑問がる荻野課長。

給湯室に千鶴がいるのを見つける荻野課長は、後ろから千鶴に話しかけます。

急なことでびっくりした千鶴はコーヒーをこぼしてしまいました。

こぼしたところを片付けようとする千鶴の火傷した手を荻野課長は心配しますが、千鶴は断ります。

社内で誰かに見られたらまた噂がたってしまうと思う千鶴。

荻野課長に迷惑をかけたくない千鶴は荻野課長が止めても、その場をすぐに去ってしまいました。

荻野課長は久しぶりに会ったのに、千鶴をケガさせたことに自分が情けなく思います。

34話ネタバレ② 荻野課長は千鶴の火傷を心配する

千鶴は自分の席で、藤原さんに言われた言葉を思い出しています。

藤原さんが言った千鶴がよくても荻野課長に迷惑をかけてしまうということを納得してしまった千鶴。

仕事をしながら、千鶴は先ほど負った火傷が痛みます。

その様子を見ていた藤原さんは、体調が悪いのかと千鶴のことを心配しますが、すぐに自分には関係ないとそっぽを向きます。

次の瞬間、千鶴を呼ぶ荻野課長が現れます。

荻野課長は千鶴に火傷の薬を買ってきて渡しに来たのです。

千鶴に荻野課長は自分のせいで火傷をさせてしまったことを謝りました。

千鶴と荻野課長の会話を見ていた藤原さんは、火傷くらいで騒ぐほどでもないのにと思いながら、千鶴に声を掛けます。

千鶴も大したことなかったから藤原さんにも言わなかったと話しますが、藤原さんは荻野課長が買ってきた薬で千鶴の手を処置してくれました。

藤原さんは笑顔で荻野課長にすぐ治る火傷だと伝えます。

その中で千鶴は気まずそうにしています。

34話ネタバレ③ 藤原さんは千鶴と荻野課長が気になる

荻野課長が去った後、千鶴は気まずそうに藤原さんを見て、荻野課長が薬を買ってきた理由を話します。

話したことにより、余計に変に思われるかもと焦る千鶴。

藤原さんは気にしていないし、荻野課長が誰にも優しいということは知っていると話します。

それに対して、荻野課長の優しさを知っていると答えた千鶴の言葉で、藤原さんは引っ掛かります。

千鶴の言葉を自分は荻野課長のすべてを知っていると言わんばかりの口調だと勘違いする藤原さん。

続いて、今進めている荻野課長との仕事を代わりにやると藤原さんは千鶴に言います。

自分が頼まれた仕事だからと断る千鶴に、藤原さんは強い口調で手の火傷のせいで、仕事が遅れるかもしれないから代わった方がいいと話すので、千鶴も渋々応えました。

その旨を藤原さんは荻野課長に告げに行きます。

軽い火傷だと言っていたのにと心配する荻野課長の姿を見て、藤原さんは千鶴への気持ちが本気なのかと疑問に思います。

藤原さんに代わってもらったことを申し訳なさそうに話す荻野課長に、藤原さんは申し訳ないと思うなら今度ご飯に行かないかと誘います。

それに対して、荻野課長は承諾しました。

「11年後、私たちは」34話の感想

「11年後、私たちは」の34話では、荻野課長と距離を置こうとしてる千鶴に対して、藤原さんが千鶴と荻野課長との間に入ろうとしました。

藤原さんは明らかに千鶴と荻野課長の恋愛を邪魔しようとしていますよね。

千鶴の距離を置こうとする気持ちを荻野課長が知ったらどのように千鶴に対して行動するのでしょうか。

次回のお話では、藤原さんが荻野課長に対しても千鶴の話をしそうですが、どう対応していくのか気になるところです。

「11年後、私たちは」35話ネタバレ|優に別れた原因を伝える千鶴

まず、「11年後、私たちは」の35話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴に優が会いに来る
  • 優は千鶴にプレゼントを渡す
  • 千鶴は優に別れた原因を伝える

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

35話ネタバレ① 千鶴に優が会いに来る

職場で荻野課長は千鶴と一緒に仕事をしたかったと残念がっています。

千鶴の手の傷も心配しながら一帰ろうと誘おうとしますが、既に千鶴は退社していて、さらに荻野課長は残念がります。

一方、千鶴は帰り道、手の傷より胸の痛みが大きいと思っていました。

荻野課長と距離を自分からとったのに、こんな気持ちなら荻野課長に話したほうがいいのかもしれないと思う千鶴。

そのとき突然、千鶴の前に優の車が停まります。

優は千鶴に話があると言いますが、千鶴は話すことはないの一点張りで断ります。

しかし、それでも優は諦めず、プレゼントがあると告げます。

優の車の後ろの車がクラクションを鳴らし、文句を言っているのに対して、優は千鶴にお願いだから車に乗ってほしいと頼みました。

その様子を藤原さんが偶然にも見ていて、一緒にいる男性が千鶴の元彼氏だと気づいた藤原さんはとても嬉しそうにします。

荻野課長と結ばれないように千鶴には復縁してほしいと思うのでした。

35話ネタバレ② 優は千鶴にプレゼントを渡す

結局、後ろの車の煽りのせいで、千鶴は優の車に乗らざるをえなくなりました。

優は千鶴に連絡しても返ってこない理由を聞き、千鶴は優を着信拒否をしていると伝えます。

それに対して、優はへこみますが、話を切り替えて、プレゼントしたいものがあると、千鶴にプレゼントを渡します。

その中身は手作りのサンドイッチでした。

千鶴は中身を聞くと、優は自分のために手作りをしてくれる気遣いのできる男性だったと思います。

しかし、すぐにその気遣いは自分だけではなく他の人にも向けられてたと千鶴は否定的な考えに戻りました。

サンドイッチを渡しに来た優に千鶴は冷たい言葉を放ちます。

以前はサンドイッチを作ってきてもらっただけで、仲を修復できたけれど、それは優のことが好きだったからであって、今は違い、気持ちは変わらないとはっきり千鶴は優に伝え、車を降ります。

それでも追いかけてくる優は、どうしてもサンドイッチを受け取ってほしいと千鶴のお願いをしますが、千鶴は何度も何度も断りました。

それに対して、優は千鶴が変わってしまったと言い放ちますが、さらに千鶴は優のおかげで変われたと冷たい目と皮肉な言葉で返します。

35話ネタバレ③ 千鶴は優に別れた原因を伝える

そんな冷たい千鶴に対して、優は作ってきたサンドイッチを地面に落とし、捨てると言います。

優は千鶴のことが忘れられなく、千鶴と離れてからどれほど千鶴のことが好きなのかわかったと謝罪も併せて、千鶴に話します。

それに対して、千鶴は千鶴と優が別れた理由はなんだったのかわかるかと優に問いかけました。

当たり前のように結衣と浮気をしたからと答える優。

千鶴は、別れた原因は優が千鶴のことを好きでなくなったからだと断言します。

優と付き合っていた中で千鶴に対しての優の目が冷たくなってきたことを正直に話す千鶴。

お互いに好き合っていないことを気づいているのに気づかないようにしていたからこそ、終わったんだと千鶴は優に伝えました。

「11年後、私たちは」35話の感想

「11年後、私たちは」の35話では、千鶴に会いに来た優に千鶴が、二人が別れることになった理由について話しました。

閃いて準備したプレゼントがサンドイッチだということに呆れてしまいましたね。

時もたっていて、千鶴の気持ちも変わっていて、もう優が何しても千鶴の気持ちは動かないでしょう。

一方、千鶴と優が会っている現場を見ていた藤原さん。

まさか変な風に噂を荻野課長含め流さなければよいのですが…

次のお話では、何も気づいていない荻野課長がどのように関わってくるのか気になるところです。

「11年後、私たちは」36話ネタバレ|優に気持ちを各々に伝えた千鶴と荻野課長

まず、「11年後、私たちは」の36話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は優に好きな人がいることを告げる
  • 荻野課長は優に千鶴が好きと伝える
  • 藤原さんは荻野課長をご飯に誘う

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

36話ネタバレ① 千鶴は優に好きな人がいることを告げる

千鶴に別れた原因を伝えられたのにも関わらず、優は怯みません。

優は今も昔と変わらず千鶴は自分を見ていると思うと千鶴に話します。

それに対して、呆れる千鶴は好きな人がいることを優に伝えますが、付き合っているフリをしていたことを知っている優は余裕の笑みを浮かべました。

千鶴に優は付き合っているフリをしていても付き合っていたとしても自分には関係ないと言いますが、千鶴は本気で荻野課長が好きだと優に話します。

それを聞いて、優は固まりますが、一度付き合ってみて、自分と同じように気持ちが変わるかもしれない、待っていると千鶴に優は伝えます。

36話ネタバレ② 荻野課長は優に千鶴が好きと伝える

千鶴と別れてから、優は千鶴が荻野課長を本気で好きだと言った言葉を思い出し、腹立たせます。

その時、外を荻野課長が歩いていることに優は気づき、荻野課長に話しかけます。

それには荻野課長も驚きますが、荻野課長は冷静に優の問いかけに応えます。

優は荻野課長に、千鶴がいる町にいるのはなんでかと問いかけ、付き合っているフリをしていたことは知っていると話しました。

優を見る荻野課長。

続けて、自分は千鶴のことが好きであることを優に荻野課長は伝えます。

冷静な態度の荻野課長に優は驚き、11年間付き合っていたからこそ千鶴のことは全て知っていると荻野課長に強い口調で優は話し続けます。

荻野課長もイラつきますが、これから知っていけばいいと優に返します。

優はさらに腹を立たせ、千鶴とよりを戻す予定だと嘘を言いました。

それに対して、荻野課長は千鶴の気持ちなら仕方ないが、千鶴から直接聞くまで諦めないと伝え、その場から立ち去ります。

そんな荻野課長に優はこんな夜遅くに家に行くなんて失礼だと言い放ちますが、荻野課長はここは自分の家付近だと返しました。

優と離れてから、荻野課長は優に千鶴は譲れないと決心するのでした。

36話ネタバレ③ 藤原さんは荻野課長をご飯に誘う

職場にて、千鶴の後ろを荻野課長が通り、千鶴は意識をします。

荻野課長は藤原さんに一緒にやっている仕事について話していて、残業になってしまうことを藤原さんに伝えます。

それに対して、千鶴は仕事なのにも関わらず、やきもちを焼いてしまいますが、気にしないようにしました。

そのあと、千鶴の後ろを通る荻野課長は、千鶴の手の傷が治ったことを安心します。

定時を過ぎても帰ろうとしない千鶴に藤原さんは早く帰ってほしいと伝えます。

無意識に残っていた自分を不思議がりますが、帰ることにする千鶴。

その様子を藤原さんは送りながら、心では千鶴を邪魔者だと思うのでした。

藤原さんは作業後、荻野課長に帰る報告をしに行き、ちょうど帰る荻野課長にご飯を誘います。

内心戸惑う荻野課長ですが、残業したからお腹が空いているという藤原さんの誘いを断れず、ご飯に行くことにします。

藤原さんはご飯に行くことが決まり、喜びます。

「11年後、私たちは」36話の感想

「11年後、私たちは」の36話では、千鶴の荻野課長への気持ちも、荻野課長の千鶴への気持ちも本気だと千鶴と荻野課長が、各々優に言いました。

二人から続けて言われた優ですが、まだ怯まないのでしょうか。

優のポジティブ思考はすごいですよね。

また藤原さんは千鶴がいない隙に荻野課長にご飯を誘い、行くことになりました。

次回のお話では、荻野課長と藤原さんはご飯に行って何を話すのか気になるところです。

「11年後、私たちは」37話ネタバレ|藤原さんの策略にはまらない荻野課長

まず、「11年後、私たちは」の37話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 藤原さんと荻野課長はご飯に行く
  • 藤原さんは荻野課長に千鶴との噂を話す
  • 荻野課長は藤原さんの策略にはまらない

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

37話ネタバレ① 藤原さんと荻野課長はご飯に行く

仕事帰りにご飯に行くことになった藤原さんと荻野課長。

荻野課長が藤原さんに食べたいものを聞きますが、藤原さんは行きたいお店に連れて行きます。

藤原さんは千鶴と荻野課長がうまくいくのは避けたいがため、さらにこの機会を逃したくなく、荻野課長と仲良くなりたいと思うのでした。

着いた先はご飯屋というより居酒屋で、荻野課長は驚きました。

長い間一緒に働いていたのにも関わらず、二人で飲んだことがない藤原さんと荻野課長。

藤原さんは積極的に荻野課長に自分の気持ちを伝えます。

今までも仲良くなりたかったこと、今日の機会から是非仲良くしたいと藤原さんは荻野課長に話します。

それに対して、困る荻野課長はもう今でも仲良いのではないかと、藤原さんに壁を作る言葉で返します。

藤原さんは自分が入っていけないことを知り、千鶴ならいいのに自分がダメな事を不快に思うのでした。

37話ネタバレ② 藤原さんは荻野課長に千鶴との噂を話す

自分が荻野課長とうまくいかないことを知った藤原さんは、千鶴と荻野課長が結ばれないように考えます。

藤原さんは最近荻野課長と千鶴が噂になっていることを荻野課長に伝えます。

付き合っていた彼氏がいたのに千鶴は荻野課長とうまくいったから降ったのではないかという噂が流れていると続けて荻野課長に藤原さんは話します。

それに対して、反論する荻野課長。

藤原さんは妙な噂が流れてしまっていることに、千鶴が可愛そうだし、荻野課長の昇進にも影響がでてきてしまうと話します。

37話ネタバレ③ 荻野課長は藤原さんの策略にはまらない

荻野課長は自分の昇進に関しては気にしないと藤原さんに答えました。

その答えに関して藤原さんは邪魔するために別の言い方でまた話し続けます。

荻野課長一人の問題ではないこと、さらに千鶴は元彼氏と会っていたことも話し、噂が流れることは千鶴にもよくないのではないかと藤原さんは荻野課長に問いかけます。

しかし、荻野課長は噂は噂であり、広めた人間がいることは確かであり、これから藤原さんに噂の話を他の人にしないでほしいと頼みます。

心配になったと話す藤原さんに、荻野課長は自分のことだから心配はいらないと告げました。

居酒屋を出て、藤原さんは今日のお礼をしますが、気にしないでと言う荻野課長に対して腹を立たせます。

自分が考えた通りにならず、うまくいかなく屈辱感が出た藤原さんは、噂の怖さを荻野課長に突きつけたいと考えるのでした。

一人になった荻野課長は帰り道、何も気づいていなかった自分に呆れます。

千鶴を自分が傷つけていたことを知った荻野課長は悩みます。

「11年後、私たちは」37話の感想

「11年後、私たちは」の37話では、藤原さんが千鶴と荻野課長の仲を邪魔しようとしたのにも関わらず、荻野課長は自分の問題だと動じない姿を見せました。

しかし、一人になると千鶴を苦しめていたのかと考えてしまう荻野課長。

一方、藤原さんは自分と荻野課長もうまくいかず、さらに邪魔することもできなかったと腹を立たせ、今後何か行動を取ろうとしていますね。

次回のお話では、藤原さんが広める噂に対して、荻野課長と千鶴はどう対応していくのか気になるところです。

「11年後、私たちは」38話ネタバレ|千鶴にストレートに好きと伝える荻野課長

まず、「11年後、私たちは」の38話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は一人で昼食に出かける
  • 荻野課長は千鶴を昼食に誘う
  • 荻野課長は千鶴に直接気持ちを伝える

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

38話ネタバレ① 千鶴は一人で昼食に出かける

職場で昼食の時間になり、藤原さんは他の部署の人とご飯に行くと一人で出かけて行きます。

千鶴は二人の部署であるからこそ、どちらかが一人になってしまうから他の部署の人と食べないでいたし、もしも食べるなら事前に伝えてほしいなと寂しく感じます。

一人で昼食に出かけることは、楽は楽であるが、誰も自分に興味ないのはわかるけれど、周りの人に一人だと思われたくない千鶴。

千鶴は外を歩く中、そんな考えもまた寂しいと自分で思ってしまうのでした。

38話ネタバレ② 荻野課長は千鶴を昼食に誘う

荻野課長も昼食を取ろうと同じ部署の人たちと外にいました。そんな中、荻野課長は一人でいる千鶴を見つけ、同じ部署の人たちに断り、千鶴の元に向かいます。

千鶴に話しかける前に配られたチラシをもらう荻野課長。

千鶴は昼食をするお店を探していますが、気まずいため、会社の人がいなそうで静かなところを探します。

そんなことなんて誰も気にしていないのにと思い、考えることをやめる千鶴。

その瞬間、荻野課長が先ほどもらったチラシを千鶴に渡します。

荻野課長はこのお店に行きたいから一緒にご飯に行ってほしいと千鶴を誘います。

千鶴は荻野課長がなぜ一人なのかと問いかけると、荻野課長は食欲がなかったと答えます。

しかし、外に出たら美味しそうなお店のチラシをもらって、食べに行きたくなり、一緒に行ってもらうことに千鶴に荻野課長はお礼を言います。

それに対して、千鶴はツンデレな言葉で返しますが、一人で寂しかった気持ちが荻野課長のおかげで安心感を抱くのでした。

38話ネタバレ③ 荻野課長は千鶴に直接気持ちを伝える

お店に入るととても美味しそうなパスタを食べる千鶴と荻野課長。

ご飯を食べ終わった後、千鶴は噂について思い出します。

一緒に昼食しているところを誰かに見られたらまた勘違いされて噂が広がると思った千鶴は、荻野課長に素直に話そうと思います。

千鶴と荻野課長はお互いに話があると話します。

先に話そうとする千鶴を遮り、荻野課長は話し始めました。

荻野課長は今ままで遠まわしに自分の気持ちを伝えていたことを千鶴に謝ります。

恥ずかしくて今まで言えなかった荻野課長は、千鶴に好きという気持ちをストレートに伝えました。

一方、他の部署の人と昼食をしている藤原さんは、千鶴と荻野課長の噂について話し始めます。

藤原さんは他の部署の人に千鶴と荻野課長の噂は、真実だと話します。

「11年後、私たちは」38話の感想

「11年後、私たちは」の38話では、荻野課長が一人で昼食をしようとする千鶴をご飯に誘い、自分の気持ちを千鶴へストレートに伝えました。

ストレートに好きと言われた千鶴は頬を赤く染めて、嬉しそうですよね。

そして、藤原さんは他の部署の人に噂を広め始めました。

とても悪い顔をしている藤原さんは今後どのように噂を広めていくのでしょうか。

「11年後、私たちは」39話ネタバレ|噂を気にしないとお互いに伝えた荻野課長と千鶴

まず、「11年後、私たちは」の39話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 藤原さんは嘘の噂を広める
  • 千鶴と荻野課長は噂について話す
  • 荻野課長は千鶴を心配する

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

39話ネタバレ① 藤原さんは嘘の噂を広める

外でランチ中、他の部署の人に千鶴と荻野課長ができていると話す藤原さん。

他の部署の人はお堅い荻野課長が千鶴と付き合うなんてと驚きます。

仕事もできて厳しいけれど優しい荻野課長は女性社員に実は人気があるのに、別れたばかりの千鶴が付き合えたことに感心します。

いつから仲が良くなったのかと気になる他の部署の人に、藤原さんはさらに千鶴が元彼氏と終わっていないという嘘を話します。

以前に千鶴と元彼氏が会っているところに遭遇したと話す藤原さん。

藤原さんは千鶴のことを、元彼氏と復縁していたのにも関わらず、荻野課長とも付き合っていて二股をしている最低な女性だと続けて話します。

そして、11年間付き合っている中で浮気をすることもあるだろうと追加して、他の部署の人に伝えました。

39話ネタバレ② 千鶴と荻野課長は噂について話す

荻野課長に好きと言われた千鶴は、素直にうれしいと荻野課長に伝えます。

でも荻野課長に迷惑をかけたくないことを話し、荻野課長は会社で流れている噂の話かと千鶴に問いかけます。

気になってしまうのかという荻野課長の問いに、千鶴は気になると答え、千鶴は暗い気持ちになってしまいました。

しかし、噂に対して千鶴は気にしていなく、荻野課長に迷惑がかかることを恐れていると荻野課長に伝えます。

それを聞いた荻野課長は、千鶴が平気な事に安堵を覚え、噂によって知名度があがりラッキーと思うと話す千鶴の頭を撫でました。

荻野課長もまた千鶴に噂を自分も気にしていないと話します。

39話ネタバレ③ 荻野課長は千鶴を心配する

千鶴の頭を撫でてしまった自分を追い詰める荻野課長。

続けて、荻野課長は千鶴に自分のことが嫌なわけではないことを確認します。

それに対して、嫌ではないと答える千鶴は、本当は好きだと荻野課長に伝えたかったのです。

しかし、またダメになってしまうのではないかという恐怖で千鶴は言えませんでした。

荻野課長は千鶴との噂を前向きにとらえていくと話し、自分のことを心配しなくても大丈夫と千鶴に伝えます。

そして、千鶴も噂を気にしないでほしい、千鶴が傷つくのだけは避けたいと荻野課長は千鶴に話しました。

一方、藤原さんは他の部署の人と昼食を食べた帰り道、ちょうど千鶴と荻野課長が一緒に歩いているところを見つけます。

周りの目を気にせず、ご飯ができる神経がわからないと話す二人。

藤原さんの口車にまんまと乗せられた他の部署の人は、千鶴を男好きだと勘違いしています。

藤原さんはその様子を見ながら、社内で一番口が軽い人に話せてよかったと思いました。

さらに千鶴と荻野課長の姿を見て、何も考えず笑っているのも時間の問題だと藤原さんは思うのでした。

「11年後、私たちは」39話の感想

「11年後、私たちは」の39話では、千鶴と荻野課長が社内の噂のことに対して話し、お互いに気にしないことを決意しました。

千鶴の頭を撫でる荻野課長は本当に優しいですよね。

千鶴はまたうまくいかなくなることが怖くて荻野課長に気持ちを伝えられないですが、いつか気持ちを伝えられるのでしょうか。

また藤原さんは千鶴の嫌な噂を社内で一番口が軽い人に話しました。

今後、一気に嫌な噂が社内に広まるのでしょうか。

次回のお話では、千鶴の嫌な噂が広がる中、千鶴と荻野課長はどのように対応していくのか気になるところです。

「11年後、私たちは」40話ネタバレ|気持ちが通じ合った千鶴と荻野課長

まず、「11年後、私たちは」の40話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 千鶴は真奈と荻野課長のことを話す
  • 千鶴は荻野課長に気持ちを言うことを決意する
  • 千鶴は荻野課長に気持ちを告げる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

40話ネタバレ① 千鶴は真奈と荻野課長のことを話す

お店で飲んでいる千鶴と友達の真奈。

荻野課長のことを話した千鶴に真奈は両想いなのに付き合わないのはなぜなのかと問いかけます。

千鶴は色々あって…と話しますが、真奈は千鶴自身が考えすぎなだけではないかと言います。

社内で噂になっていることが気になる千鶴に対して、真奈は社内で恋愛することは悪くないし噂を気にする必要はないと断言します。

さらに11年間一人の人としか付き合っていないのならばなおさら早く次に行った方がいいと言う真奈に、千鶴は自分の思いを伝えました。

積極的に恋愛をするタイプでもなく、そもそも11年恋愛をしていたのかも怪しく、ただ11年間付き合えた奇跡を感謝しなきゃなと思っていると千鶴は真奈に話します。

それを聞いて、真奈はなおさら今を逃してはいけないと千鶴に伝えます。

好きな人と両想いになれることは必然ではないし、早く荻野課長に自分の気持ちを伝えないときっと悔いると思うと千鶴に真奈は話しました。

40話ネタバレ② 千鶴は荻野課長に気持ちを言うことを決意する

千鶴は真奈と別れてからの帰り道、荻野課長のように自分のことをたくさん想ってくれる人はいないのではないかと考えます。

さらに自分の好きな人と両想いでいれることは運命なのにも関わらず、何をためらっているのかと自分に問いかける千鶴。

他人の目であったり、他人の意見が気になっているだけなのではないかと思う自分を千鶴は呆れ、荻野課長に気持ちを伝えようと決心するのでした。

決心したからには今荻野課長に気持ちを伝えたい千鶴は、荻野課長に連絡をしようとしますがためらってやめます。

もしも荻野課長とばったり会うことができたら、絶対気持ちを告げようと思う千鶴。

そんな運命的な偶然にかける千鶴。その瞬間、千鶴に話しかける声が…残業をしてから帰っている荻野課長でした。

そんな荻野課長を見て、千鶴はこれは奇跡だと思います。

40話ネタバレ③ 千鶴は荻野課長に気持ちを告げる

話しかけてから何も反応しない千鶴を見て、荻野課長は心配します。

荻野課長は熱があるのではないかと千鶴のおでこに触れようとしますが、ためらい、とどまります。

それに対して、千鶴は頭を撫でるのも手を繋ぐのも、今後は触れてくれていいと伝えます。

そして、千鶴は荻野課長に自分の気持ちをはっきりと告げました。

思ってもみない言葉に荻野課長は驚きます。

いつものように返事がない荻野課長に対して、千鶴は思わず言ってしまったことを焦ります。

荻野課長も千鶴と同様に焦っていて、何かスマートに返事をしなくてはと思うのですが、でません。

荻野課長はかっこいい言葉は浮かばないけど、千鶴に思ったまま返事をします。

これからはためらわず千鶴に触れるし、今日からよろしくと荻野課長は、千鶴の手を握り、目を見て言いました。

「11年後、私たちは」40話の感想

「11年後、私たちは」の40話では、千鶴がついに荻野課長へ自分の気持ちを告げました。

背中を押してくれた真奈に感謝ですよね。

またもしもにかけた千鶴に対して、本当に現れた荻野課長に拍手を送りたいです。

なによりも気持ちが通じ合って千鶴呼びになった荻野課長ににやにやが止まらないですね。

これから藤原さんが手仕掛けている噂を気にせず、二人は乗り越えられるのでしょうか。

次回のお話では、両想いになった二人の会話や藤原さんの流した噂も気になるところです。

こちらの記事も人気です