杉本倫孝 は在日朝鮮人?それとも日本のスパイ?解放された真相は?

2018年8月11日に北朝鮮当局に39歳の日本人男性が拘束されましたが、拘束されたのは、スギモト・トモユキの名前で映像クリエイターのをしていた杉本倫孝(すぎもとともゆき)さんだと判明しました。杉本さんは在日朝鮮人ではないか?あるいは、日本が北朝鮮に送り込んだスパイなのではないか?との声があがっています。それぞれの意見の根拠を説明し、あっさりと解放された真相を探っていきます。

スポンサーリンク

【北朝鮮で拘束】杉本倫孝とは?

杉本倫孝のプロフィール

名前:杉本倫孝(すぎもと ともゆき)

生年月日:1979年2月14日

年齢:39歳

職業:音楽・映像クリエイター

居住:東京

出身地:滋賀県

杉本倫孝さんは音楽映像クリエイターであり、ミュージックビデオやライブ映像などの映像制作のプロです。

2012年から作曲家・浜渦正志とボーカリスト・Minaによる音楽ユニット「IMERUAT(イメルア)」の映像制作の仕事もしています。

 

【北朝鮮で拘束】杉本倫孝は在日朝鮮人なのか?

杉本さんは在日なのではないか!?とSNSで騒がれています。

まずはTwitterの声をご確認ください。

Twitterでは、在日ではないかとする根拠として、2つあがっています!

1, 拘束中に、日本政府が「在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)」を通じて情報収集していたことが報じられた

わざわざ朝鮮総連に問い合わせているということは、在日だからではないか?と推測されているようです。

単純に各方面に情報収集したうちの1つの機関であった可能性もあります。

例えば、わざわざ日本政府が禁止している中、海外のツアー会社を利用して朝鮮に渡航したということは、在日朝鮮人の知人と同行したのでは?との予測もたちます。

そもそも1人で参加していたのでしょうか・・・?

 

2,「杉本」という名前

外国人が日本国内で生活するうえで広く通用している名称を「通名」または「通称」と呼ぶそうで、在日朝鮮人で「杉本」と名乗る人も結構いるようです。

これは、「朴(パク)」を分解して、「杉」・「本」の漢字を使う人が多いみたいですね!

もちろん、在日ではない杉本さんもたくさんいますので、どうなんでしょうか?

 

【北朝鮮で拘束】杉本倫孝はスパイなのか?

杉本さんはスパイなのでしょうか?

実は、「日本に雇われたスパイ」という説と、「北朝鮮からのスパイ」という2つのスパイ説があがっています。

スポンサーリンク

 

「日本に雇われたスパイ」説の根拠

1,そもそも北朝鮮に拘束される理由は「スパイ容疑」

2,解放されるまでが早い

1については、そもそも北朝鮮政府が軍事施設を撮影しようとしたので、「スパイ容疑」で拘束しましたよ、と言っているのですから日本のスパイであることを北朝鮮側は見抜いたともいえます。

また、過去に日経新聞記者の「杉嶋岑(すぎしま たかし)」さんは2年2ヶ月にも及ぶ監禁をうけたことに比べると今回解放までわずか2週間程度でしたので、かなり早いといえます。

解放が早かったのは、日本政府がスパイを救出するために、身代金を払ったからではないか?との噂もあります。

 

「北朝鮮からのスパイ」説の根拠

逆に、北朝鮮から今回日本に送り込んだスパイ何じゃない!?かという説ですね(笑)

すこし考えすぎな気もしますが、ないとも言えませんね(笑)

これは、北朝鮮に2年以上の間、拘束されていた杉嶋岑(すぎしま たかし)さんが国会で公表したことですが、日本政府と公安(警察)との会話の記録が北朝鮮に筒抜けであったという事実があります。

つまり、どちらかに朝鮮のスパイ?あるいは協力者がいた可能性が高いという事実です。

真相は闇の中ですが、このような事例からも日本にスパイを送り込んでいる可能性はゼロではないとも考えられますよね。

今回のケースだと、北朝鮮からのスパイであった杉本さんがわざと北朝鮮に捕まって、わざと釈放されたという自作自演になります。

さすがにここまで手を込んでやるよりも、見つからないようにスパイを送るほうが簡単ですから、私はちょっと違うんじゃないかと思いました。

 

https://twitter.com/hihome07/status/1034601753952444417

 

まとめ:結局、解放された真相は?

これまで杉本さんが在日朝鮮人である可能性があり、また日本もしくは北朝鮮のスパイではないか?との説を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

そもそもなぜ何回も朝鮮に渡航していたのか?という理由が明らかにならないことを考えると、何か後ろめたい真実が隠れている気がしてきますよね(笑)

ただ、日本政府の対応をみていると今回は北朝鮮の早期追放に振り回されている印象も受けました。

今回、日本政府も北朝鮮の狙いを見極められていない?可能性もあるような気がします。

今回のニュースも真相が明らかになることがないままに、「お騒がせ騒動」として、くだらないゴシップニュースに流されていくかもしれません。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください