【オートウェイ社長逮捕】粗悪ホイールのメーカーはどれ?返金方法は?

2019年11月13日にタイヤ販売のオートウェイ(AUTOWAY)の社長が逮捕され、安全基準を満たさない粗悪なホイールを販売していたことが明らかになりました。オートウェイでホイールを買った人の中には、『私のタイヤホイールは大丈夫かな?』と心配になった方も多いはず。

今回は粗悪ホイールのメーカーと、返金・問い合わせ方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【オートウェイ社長逮捕】粗悪ホイールのメーカーはどれ?

2019年11月13日にタイヤ販売のオートウェイ(AUTOWAY)の社長が逮捕され、安全基準を満たさない粗悪なホイールを販売していたことが明らかになりました。

筆者もオートウェイでつい先日に、タイヤを購入したばかりだったので、非常に驚きました。

中には、私のホイールは大丈夫?と心配になった方も多いのではないでしょうか?

今回の安全基準を満たさない粗悪ホイールのメーカーは高級ホイールメーカー『BBSの偽物品』ではないか?と言われています。

しかし、AUTOWAYからは正式にどの製品なのか公表されていません。

事件が発覚したのは、2019年2月に「BBS」の偽造品をインターネットで販売したことで会社員の男が逮捕された際に、もともとオートウェイで購入したホイールを転売していたことで明らかになったためです。

オートウェイは、国土交通省が定める安全基準『JWLマーク』を偽造表示されたホイールを中国から輸入し、日本国内で販売していたようです。

実際に粗悪ホイールがいつの時期に販売されたものなのかや、どの製品なのか?についてはオートウェイは公表していません。

運転の安全に関わることなので、速やかに公表し、交換するか返金してほしいものです。

ちなみに、現在AUTOWAYの公式ホームページにアクセスし確認したところ、『BBS』のホイールは販売ブランドから削除された後のようです。

捜査に協力するだけでなく、全ての販売中のホイールの安全確認の再テストとそのデータを公表しない限り、消費者は不安で購入することもできません。

AUTOWAYとしても、これからウィンターシーズンに向かう特需時期に、このような事件が発覚したことで大きなダメージを受けました。

スポンサーリンク

【オートウェイ】粗悪ホイールBBSの偽物品の返金方法は?

AUTOWAYの公式ホームページで返品について確認したところ、通常は以下のような条件で受け付けていることがわかりました。

・お客さまご都合による商品の返品の場合

→返品の受付可能期間:商品到着日より14日以内の未使用品

・初期不良について

→返品の受付可能期間:商品到着日より14日以内の未使用品

商品到着後14日間が過ぎた後に、商品に傷などがあるということでの返品・交換は初期不良として対応できません。また一度ご使用になられた商品及びお客さまの元で、キズ、破損等が生じた場合の返品・交換はお受けできませんので、必ずご使用開始前にご確認ください。

引用:AUTOWAY公式HP

ただ、今回の不良品については、『全品回収』かつ『全額返金』になるとは思われます。

タイヤの脱着にかかる費用なども本来であれば、負担してほしいところです。

ご心配な方は、下記にお問い合わせ頂くことをオススメします。

メール問い合わせページ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください