【出水中央高校サッカー部】体罰の動画が見たい!監督はクビにすべき

2019年10月9日に、鹿児島県の出水中央高校のサッカー部の部員が監督で42歳の体育教師から体罰(暴力)を受けた動画が公開され、話題となっています。

今回は、出水中央高校サッカー部の体罰動画と、世間や著名人の反応をまとめてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

【出水中央高校サッカー部】体罰の動画が見たい!

鹿児島県の出水中央高校のサッカー部の部員が監督から暴力を受けている動画はこちらです。

この監督は、2019年9月にも「体育祭の片づけをさぼっていた」として、別のサッカー部の3年生部員の首を殴り、校長から指導を受けていたばかりでした。

実際、他の部員たちも生徒が殴られていることをスルーしてプレーを続けていることから、日常的に暴力があった可能性は非常に高いですよね。

今回の暴力について加害者である監督は、『素直に話を聞かないのでいけないのはわかっていたが手を出してしまった』と言いながらも、暴行後も生徒への謝罪はなく「厳しい練習も今後に生きる」と発言したようです。

暴力も指導の一部で必要なことと考えており、全く反省の色が見られません。

副校長の発表によると、「絶対あってはならない暴力を伴った指導で、絶対やめるようにという指導を行っていたにもかかわらずこういうことになってしまった。本当に申し訳ございませんでした」と話し、暴行を働いた監督の処分を検討しているそうです。

【出水中央高校サッカー部】監督はクビにすべき!

今回の鹿児島県の出水中央高校サッカー部の体罰が明らかになったことで、多くのサッカー関係者やサッカーファンが心を痛め、非難の声を上げています。

日本トップリーグ連携機構会長の川淵三郎氏は、「鹿児島県の高校サッカー部の指導者が選手に足蹴り平手打ちをしている映像を見た。ショックを通り越して強い怒りを覚えた」とTwitterでコメントしていました。

自身も中学時代にサッカーの群馬選抜に選ばれる実力で、モデルのJOYさんは、『こんな指導じゃサッカー嫌いになるし、うまくなるものもならないって。』と非難しています。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください