【順天堂大医学部】男性医師はコミュ障?女性はコミュ力高いから差別って意味不明!

順天堂大学の医学部入試において、二次試験の面接で女子をコミュニケーション能力(コミュ力)高いから減点していたことが判明し、「意味不明」と話題になっています。このような採点基準では、順大医学部出身の男性医師が逆に「コミュ障」なのでは?との声もあがっており、大学のブランドに大きな傷を負いました。

今回は、世間の声をまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【順天堂大医学部】女性はコミュ力高いから差別って意味不明!の声

全国の医学部の入試において、女子受験者や浪人回数の多い生徒に差別的に減点していたことが判明し、社会的問題になっていますね。

2018年12月10日にも順天堂大学医学部で、第三者委員会のしらべにより、不公平な合格基準であったことが判明しました。

2次試験では「女子はコミュニケーション能力が高いため、補正する必要がある」として点数を一律に下げていた。

ところが、順天堂大学医学部の入学者に求める理想像には、コミュ力の高い人としっかり明記してあります。

矛盾していて、意味がわかりませんね。もう少しまともな言い訳が聞きたかったです。

 

このようなニュースを受けて、世間では意味不明で理解できないと騒がれています。

至極まっとうな意見だと共感した声の一部をご紹介いたします。

【順天堂大医学部】むしろ男性医師はコミュ障しかいないのか?

今回の女子受験者に対するの点数補正を受けて、逆に女子のコミュ力が高いっていうなら、男子のコミュ力低いっていってるじゃん。

との声があがっており、極論ですが「コミュ障」ばっかりなんじゃないかとの意見を言う方もいます。

そして入学後に、男子生徒のコミュ力が女子生徒に追いつくってそんなことあるのでしょうか(笑)

スポンサーリンク

まとめ

順大医学部の点数補正のニュースに対して、「意味不明」や「コミュ障大学」と厳しい意見をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

今回のニュースで順大の名前に傷がついてしまったことが非常に残念です。

もちろん、大学付属病院は関係ありませんし、在学中の生徒さんたちも皆さん優秀でしょう。

優秀な生徒だけの僅差の戦いが受験であり、僅差だからこそもちろん運の要素もあるかもしれません。

恣意的に点数を減点されて合格しなかった生徒は可愛そうですが、それ以上に逆に落ちるはずだった生徒の将来が心配です。

もちろん優秀でしょうが、子供は実力以上に評価されてしまうのは不幸なことが待っている気がしてなりません。

みなさんはどう思われましたか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください