【森裕子】演説が下品!時間ルール無視は自由党のバカ?かっこいいとの声も!

自由党所属の参議院議員である森裕子(もりゆうこ)さんが水道法・入管法改正案の議決で演説時間のルールや議長の注意を無視して、演説しつづけたことが話題になっています。「自由党のバカを議員」や「下品!」などバッシングの声や、「よくやった!」「かっこいい」など様々な見方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【森裕子】断行演説をするまで話題の「水道民営化」と「入館法改正」って?

そもそもなぜこうも【水道法と入管法】の審議が話題になっているのでしょうか?

入管法の問題点とは

1,改正案では、「一定の専門性、技能を有する外国人」の定義が不明確であり、これまで原則禁止とされている「単純労働」とされる分野での外国人就労に繋がりかねない点

2,業種どころか受け入れの規模・人数についても何も決まっておらず、「法案が通過してから省令で決める」という事実上白紙委任な点

3,「入管法改正」で拡大される外国人労働者の「先駆け」とも言える、単純労働を奴隷的に強いられている技能実習生を巡る現状が何ら改善されないままの、「改正」されようとしている点

 

水道法(民営化)の問題点

1,外国での水道の民営化では、失敗が多い

2,事業者が水道事業の許可をとる必要がなく、水道法上の責任の所在が不明確になること

3,水道技術の技術継承を難しくしてしまい、地方公営企業の技術力や人的基盤を失うこと

色々と問題が想定される2つの法律ですが、十分な議論がされないまま与党の強行採決に至ったことで、野党議員の「抵抗」が必要となったんですよね。

山本太郎さんは、「なかなか投票をしようとしないで時間を引き伸ばす【牛歩】作戦」を実行していました。

正直、覆す力にはならないのですが、「できうる抵抗」ってやつです。

そして、話題の森裕子議員の「断行演説」ですね。

【森裕子】演説が下品!時間ルール無視は自由党のバカ?との声

議長の「発言禁止」を無視して、演説を続ける森裕子議員に、あきれた国民も多かったようです。

こんなことをさせるためにあなたに税金を払って議員をやらせているわけではないと思う気持ちもわかります。

https://twitter.com/sakuratiru1/status/1070966402473897984

【森裕子】演説にかっこいいとの声も!

一方で、森裕子さんの断固とした態度に、「かっこいい」「見ていて清々しい」と感じた国民も多かったようです。

実際、国民の声を代弁している部分に共感します。

https://twitter.com/rmx7e/status/1070881392622354432

スポンサーリンク

まとめ

森裕子議員の「時間無視の演説」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ただの野党のパフォーマンスで実際には数の力で負けていて何もできていないじゃないかと、言いたくなりますが、その国会議員を選んでいるのは他でもない私たちなんですね。

結果的にブーメランのように私たちの生活に跳ね返ってくるんです。とりあえず選挙に行きましょう!笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください