【城島茂】結婚相手の菊池梨沙はハーフ美女だった!官能小説が趣味の変わり者?

2019年9月28日にTOKIOの城島茂さんが、24歳年下のグラビアアイドルと結婚したことが発表され、話題になっています。今回はTOKIO城島茂さんの結婚相手となった菊池梨沙さんについて、ご紹介していきます。菊池梨沙さんは、ハーフでなんと趣味が官能小説を書くという変わり者だと判明しましたので、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

【城島茂】結婚相手の菊池梨沙はハーフ美女だった!官能小説が趣味の変わり者?

菊池梨沙のプロフィール

生年月日: 1995年6月3日
年齢:24歳
出身: 埼玉県 さいたま市
身長: 158 cm
モデル内容: 一般、水着
カップサイズ: E
 
TOKIO城島茂さんの24歳年下となる結婚相手の菊池梨沙さんですが、父親はバングラデシュ人、母親は日本人のハーフです。
 
弟と二人兄弟のようですね!
 
弟とのツーショット
 
父親と弟とスリーショット
 
 
菊池梨沙さんは、中学2年生のときにスカウトされて芸能界入りしました。
 
その後、演技のレッスンを受けるなど女優デビューを目指していましたが、はじめはグラビアとしてデビューすることになります。
 
もともと、写真を撮られるのが好きじゃなかったと話す菊池梨沙さんですが、編集部に『官能小説』が好きと話したところ、『グラビア✕官能小説』でデビューすることになったそうです。
 
官能小説は中学生のときに知って、そこからハマって気づいたら自分でも書き始めるようになったそうですが、当時の官能小説との出会いについて菊池さん本人は次にように語っています。
 
菊池 中学の時、本屋さんで立ち読みしてたら団鬼六さんの本を間違えて手に取っちゃって。読んでみたら感銘を受けたんです。それまで性的なことってグロテスクなイメージしかなかったんだけど、美しさを感じちゃって。
 
中学時代に官能小説にハマったあとは、通学の電車の中でも官能小説をブックカバーもつけずに読んでいたとか。
 
衝撃のデビューを飾ったグラビアの官能小説の内容は、『主人公の女性が男性と契約して、ペットみたいに扱われる』ストーリーのようです。
 
大学は日本大学芸術学部に進学し、現役大学生グラビアアイドルとして活動していました。
 
なんと大学時代には官能小説をオリジナルで80本以上のストックを持っているほど作ったそうです。
 
暇な時は、喫茶店に行って官能小説を書くことが趣味だという菊池さんはかなり変わり者ですね(笑)
 
城島茂さんと菊池梨沙さんの出会いのキッカケは報じられていませんが、『城島茂さんの一目惚れ』だったと言われています。
 
城島さんから猛烈アタックを受けて交際に発展したわけですが、もともと菊池梨沙さんも『年上の男性がタイプ』とインタビューでは語っており、24歳上ではありますが、その包容力や頼りになる人柄に惹かれていったようですね。
 
菊池梨沙さんは妊娠しているそうですが、TOKIOの城島さんは良い父親になりそうなイメージがあります。
 
年の差婚だと、城島さんが高齢になったときのことが心配ではありますが、これからは家族3人で末永くお幸せに過ごしてほしいですね!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください