青木源太アナのジャニオタ具合がすごい!嵐の記者会見の質問に愛を感じる

2019年1月27日にジャニーズの嵐が活動休止することを発表し衝撃が走りましたが、同日に行った記者会見でジャニオタで知られる青木源太アナウンサーの質問に愛を感じると話題になりました。

今回は青木アナのジャニオタ具合と、嵐の活動休止・記者会見での愛を感じる質問についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

青木源太アナのジャニオタ具合がすごい?

青木アナがジャニーズを好きになったのは中学2年の14歳のころだそうで、雑誌『Myojo』をいつも購読していたようです。

雑誌の購読だけでなく、ありとあらゆるジャニーズグループのDVDを揃えているようで、同僚を自宅に招き鑑賞会を開くくらい大好きだとか。

そして、青木アナのすごいところは特定のグループに詳しいというわけでなく、どのグループのメンバーについてもリサートしてその長所を語れるところにあります。いくつか動画を紹介しておきますね!

中居正広さんについて語る

 

錦戸亮さんについて語る

ちなみに、以前にV6の三宅健さんが「青木アナの一番好きなジャニーズグループは?」と質問したところ、答えに困った青木アナは「ジャニー喜多川さんです!」と回答したようです(笑)

どのグループにも詳しく、ジュニアのコンサートにも行っていたという青木アナは、「ジャニオタ」を通り越して、ジャニーズ専門家と呼んでもいいかもしれませんね!(笑)

青木アナの嵐の記者会見での愛ある質問

ジャニオタで知られている青木アナの質問は、ほかの記者とは違ってかなり「ファン目線」の質問だったと言われています。

質問1:ファンにわがままを言うなら?

質問2:ファンはツアーで泣いたらいいのか?笑ったらいいのか?

嵐との交流もあった青木アナの質問に、緊張感のある記者会見の雰囲気がガラッと変わり、嵐の5人もリラックスして答えているようでした。

そのいつもの嵐の姿を見て、安心したファンの方も多かったようです。

まとめ

青木源太アナウンサーのジャニオタ具合と、嵐の記者会見における質問内容についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

「無責任ではないか?」といった質問がありえない!と話題になった一方で、青木アナの質問がよかったといった声が非常に多くありました。

青木アナはファンの目線にたって、ファンだからこそできる質問をするところに共感が持てますね。

今後もジャニーズファンを代表して、メンバーから普段は語らないことなどを引き出すインタビューをしてくれることを期待しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください