【山口真帆】嘘つき扱いする運営の隠ぺい対応がひどい!NGTは解散すべき

2018年12月にNGT48の山口真帆(まほほん)さんの自宅に男2人が押しかけ暴行未遂をした事件について、運営会社であるAKSが記者会見をしました。「メンバーの中に違法行為したものはいない」と断定し、山口真帆さんがメンバー内に帰宅時間を教えた者がいることを否定し、『山口さんを嘘つき扱い』したことが話題になっています。

運営会社は山口さんの告発がなければ、本事件を隠ぺいしようとしていたとも取れる対処の遅さがあることから、NGT48はすぐに解散すべきとの意見も出ていますが、その根拠や理由をご紹介していきます。

スポンサーリンク

【山口真帆】嘘つき扱いする運営の隠ぺい対応がひどい!

山口真帆さんが2018年12月に男二人から暴行未遂をうけた事件について、事件発生から1か月以上も経過した2019年1月14日に、はじめて運営会社のAKSが記者会見をしました。

記者会見では、次のことが発表されました!

  • NGT48劇場の今村悦朗支配人の異動による退任
  • 早川麻依子氏が支配人に、岡田剛氏が副支配人にそれぞれ就任
  • 第三者委員会の設置
  • 「メンバーの中に違法な行為をした者はいない」との見解

発表内容の中でも、赤字の「今村支配人の退任」と、「違法行為メンバーはいないという見解」について意見を述べていきたいと思います。

今村悦朗支配人の異動による退任

今村支配人の退任については、5万4000人以上の辞職署名が集まったこともあり、対応が遅くはありますが妥当な処分だと考えられます。ただ、クビではなく「異動」という点は気になりました。

もちろん支配人一人の責任とまでは言いませんが、十分な対応が出来ていなかったのに、企業に残るのは、ファンや世間が納得しないのではないかと感じました。

また、今回の騒動に関して1度も公の場で説明や謝罪もない今村支配人には、残念でした。

企業の管理職として、今こそ毅然として責任を果たすべきときだったのに。

逆に事態を悪化しかねないと、周囲の反対が合ったとしたら、それはそれで社内で信頼ないのかと疑わざるを得ません。

1か月以上も前に、山口真帆さんから「メンバー内にファンと恋愛関係にある人がいるので対処してほしい」との告発を受けていたにもかかわらず、まったく対応をしてくれなかったというのが山口さんの主張です。

その告発の仕返しとして起こったともいわれる、今回の暴行未遂事件。

事件の対応の遅さから、山口さんの動画配信サービスにおける涙の告発がなければ、事件を隠ぺいしようとしていたのではないかと疑わざるを得ません。

今回の騒動によって支配人から「異動」というカタチで退任したわけですが、事件の概要がハッキリしない現在でも「その説明責任」は世間から要求されています。

違法行為メンバーはいないという見解

2019年1月14日の記者会見では、メンバー内に事件を誘発させた黒幕がいるのではないか?との疑惑を改めて否定しました。

AKSの見解

「NGT48メンバーの中で違法な行為をした者がいたのであれば、加害者たちと同じように送致されるはずですが、今回、メンバーは誰も送致されておりません。したがいまして、当社としては、メンバーの中に違法な行為をした者はいない、と考えています」

ところが、2019年の1月10日に発表された公式サイトでの運営コメントでは、「わざとではないけど、メンバーが帰宅時間を推測できる情報を教えた」ことは認めています。

NGT48 オフィシャルサイト

メンバーの1名が、男から道で声をかけられて山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しています。

つまり、運営会社としては「わざとじゃないけど、帰宅時間を推測できる情報を教えてしまったメンバーはいるけど、それが違法行為には当たらないので処罰はしない。」と考えているようです。

ここで疑問ですが、あなただったら、友達でもない男性に女性の帰宅時間を聞かれて教えますか?

例えばですが、お互いに友人レベルであればあるかもしれませんが、アイドルという自分の職業を考えると普通は答えませんよ。

逆に教えたメンバーに言いたいですが、あなたの帰宅時間を教えてもいいんですか?という話です。

以上のことから、その「帰宅時間を教えたメンバー」と暴行未遂事件の犯人との間に、アイドルとファン以上の関係があったことは間違いないと考えますし、山口真帆さんの「メンバー内にファンと恋愛関係の者がいる」という告発は信憑性が高いと考えます。

今回の記者会見で運営側は、「メンバーの保護を第一優先に」と強調して、帰宅時間を教えたメンバーをあたかも守っているかのように発表しましたが、「ウソをついて誰かを傷つけることをしても、痛い目にあわない」と20歳そこらのメンバーに間違った人生の教訓を教えることになっていると思います。

さらに、黒幕メンバーや運営側がこぞって、山口真帆さんの告発は間違っていると「嘘つき扱い」した結末になりました。

非常に残念です。

【NGT48】グループ解散すべき理由とは?

山口真帆さんの暴行未遂事件の一連の騒動で、NGTを解散すべきとの声が多く集まっています。

その理由は、大きく分けて2つあるようです。

  • 運営側の体制の問題
  • NGT48グループとして問題

運営側の体制の問題

運営側の「対応遅れ」や対応能力の低さはいうまでもないと思います。

再発防止策が、「防犯ベルをもたせる」って・・・、都会の小学生でも持ってるし(笑)

支配人の今村氏を解雇(クビ)できない企業体質も論外です。取締役会で解雇と決められない企業体質であり、今村氏自身も大きな権力を握っていることは間違いないでしょう。

それに加えて、10代20代の多感な時期のアイドルを十分に管理しきれていないのも事実ではないでしょうか?

もちろん、所属事務所が異なるという難しい面もあるのは分かりますが、だったらこのような体制から変えるべきです。

そして、こんな問題ばかりの企業で働きたいと思う人(アイドルは企業人ではなく、個人契約ですが)はいるんでしょうか?

自分の保身だけが大切なひとが多すぎて、見ていられません・・・。

NGT48グループとして問題

2つ目の解散すべき理由は、グループとして一体感の問題です。

実は、NGT48グループは以前から「不仲説」が浮上しているグループでした。

今後、テレビやライブで山口真帆さんと黒幕と言われたメンバーが共演している光景をファンはどんな気持ちで見たらいんでしょうか?

会話が交わされていてもすべて「ウソの関係」に見えてしまいますし、ファンに気を遣わせるアイドルグループってなんやねん!って話です(笑)

個人的には、NGTを解散しないなら「山口真帆さん」については別グループへ移動させて守ってあげるべきだと思います。かわいそうでなりません。

スポンサーリンク

まとめ

山口真帆さんの暴行未遂事件をめぐる運営側の隠ぺい体質やNGT48グループが解散すべき理由についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

もちろんファンとしてはNGT48の解散は非常に悲しいことですし、新潟の人たちにとってもマイナスになるのは間違いありません。

企業にとっては「利益が最優先」なのも理解できますが、アイドルという仕事を忘れて自己保身に走り、メンバー同士が傷つけあうグループならいっそ解散して立て直した方がいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください